ヘッダーCTA

神戸市で正しく冷蔵庫を処分する方法!注意点についても解説

神戸市で正しく冷蔵庫を処分する方法!注意点についても解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

 

お客様
引越しで要らなくなってしまった冷蔵庫をお得に処分する方法はないの?
お客様
ワインセラーが壊れたから処分したいけど、どこで処分できるのかしら?

古くなってしまった冷蔵庫や小型の冷蔵庫(ワインセラーなど)を処分した場合、神戸市の自治体で処分を行うことはできません冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目に分類されるため、粗大ゴミや不用品として処分できず、リサイクルを行う必要があります。

冷蔵庫を処分する方法について、下記に詳しくまとめました。

この記事を読んでわかること
  • 冷蔵庫は何ごみ?
  • 冷蔵庫の正しい処分方法
  • 冷蔵庫の処分費用

神戸市では冷蔵庫を大型ごみとして申し込みや収集はできない

神戸市では冷蔵庫を大型ごみとして申し込みや収集はできない

神戸市ではリサイクル法により、冷蔵庫を大型ごみとして処分できません。ワインセラーなど小型冷蔵庫も同じです。

買い替えのタイミングであれば、下取りとして古い冷蔵庫を購入店で収集してもらえるため、処分できます。買い替えの予定がない場合は、処分方法に十分に注意しましょう。

なぜ神戸市では冷蔵庫を大型ごみとして収集・処分してもらえないの?

まず、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目に分類されます。そのため、正しい方法で処分しなければ、不法投棄と同等に法律違反となり厳しい罰を科されます。

そのため、神戸市のクリーンセンターでは、冷蔵庫を大型ごみとして処分できません。対象品目には、ワインセラーや小型冷蔵庫も含まれます。

さらに、冷凍庫も家電リサイクル法品目のため大型ごみとして収集してもらえません。

注意点

もし違反をしてしまった場合、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金もしくは両方が科されます。

冷蔵庫の家電リサイクル料金

冷蔵庫のリサイクル料金は、大きさによって変わります。一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページよりメーカー別のリサイクル料金をまとめました。

一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページでは、冷蔵庫の型番検索を行えるため簡単にリサイクル料金を確認できます。リサイクル料とともに引き取り運搬料金が必要になる場合もあります。

参照:一般財団法人家電製品協会

冷蔵庫・冷凍庫(小) 冷蔵庫・冷凍庫(大)
シャープ 3,740円 4,730円
パナソニック 3,740円  4,730円
三洋電機 3,740円  4,730円
日立 3,740円  4,730円
三菱電機 3,740円  4,730円
富士通ゼネラル 3,740円  4,730円

神戸市で冷蔵庫を処分する8つの方法

神戸市で冷蔵庫を処分する8つの方法

上記では、冷蔵庫を処分するためにかかるリサイクル料について説明しました。では、冷蔵庫の処分方法を8つご紹介します。

冷蔵庫の買い替えや故障などのタイミングによって、適切な方法で処分してください。場合によっては処分ではなく買取などお得な処分方法もあります。

神戸市で冷蔵庫を処分する8つの方法
  • 家電量販店で回収してもらう
  • 家具店で回収してもらう
  • 指定引取場所へ持ち込み処分する
  • 神戸市の家電引取協力店を利用する
  • ホームセンターで回収してもらう
  • リサイクルショップで売却する
  • ジモティーで神戸市近郊で欲しい人に譲る
  • 不用品回収業者を利用する

家電量販店で回収してもらう

冷蔵庫を買い替える場合、家電量販店で古い冷蔵庫を回収や下取りしてもらえます。回収を行なってもらう場合は、リサイクル料金や引き取り運搬料金を支払うと回収してもらえます。

下取りは、差し引いた金額が下取り価格となり、新しい冷蔵庫の購入金額を安くすることが可能です。冷蔵庫の処分だけ行う場合は、購入した家電量販店に連絡の上、回収してもらいましょう。

もし購入した家電量販店がわからない場合は、大型家電量販店に問い合わましょう。

家電量販店で冷蔵庫を回収してもらう費用相場

家電量販店によって冷蔵庫の回収にかかる費用が異なります。一般的に、どの家電量販店でも回収費用は5,000円前後です。下記では、比較的全国で見かける大型家電量販店4社の料金をご紹介します。

ぜひ表を参考に冷蔵庫を処分しましょう。

ヤマダ電機 4,950円(税込)~
エディオン 4,840円(税込)~
ケーズデンキ 4,840円(税込)~
Joshin 4,730円(税込)~

家具店で回収してもらう

冷蔵庫を家具店で回収してもらう場合、家電を扱っている家具店を選びましょう。最近では、無印良品やニトリでも冷蔵庫やテレビなどの家電を扱っています。

家電を扱っていない家具店では、冷蔵庫などリサイクル法家電を回収してもらえないので、ホームページを確認しましょう。無印良品では、ネットストアから引き取りを注文できます。

費用は、引き取り料金4,000円(税込)+リサイクル料金を郵便局で支払い、リサイクル券を冷蔵庫と一緒に配達員に渡すだけで処分できます。

指定引取場所へ持ち込み処分する

郵便局でリサイクル券を購入すると、神戸市の指定引取場所で冷蔵庫を処分できます。もし、引越しやネットショッピングで購入先が不明な場合は、利用してみましょう。

神戸市の指定引取場所で冷蔵庫を処分する場合、回収は行っていないため必ず自分で持ち込むようにしてください。指定引取場所に冷蔵庫を持ち込む際は、事前に郵便局でリサイクル料金を支払いリサイクル券を受け取りましょう。

不用品回収スタッフ
冷蔵庫とリサイクル券は必ず一緒にしておくようにしてください。

神戸市の指定引取場所

神戸市の指定引取場所について詳細をご紹介します。家電製品協会家電リサイクル券センターでも詳細を確認できます。

必ずリサイクル券を発行してから持ち込みましょう。

指定引取場所 西濃運輸 株式会社神戸支店
所在地 神戸市東灘区向洋町東3-11
電話番号 078-857-6963
営業曜日・時間 月~土曜日(祝日・年末年始・盆は除く)
午前9時~12時まで
午後1時~5時まで
備考 営業日について、不定休があるため事前に指定取引場所に確認しましょう。

神戸市の家電引取協力店を利用する

神戸市のホームページや問い合わせを行うことで、家電引取協力店を紹介してくれます。お住まいの区にある家電引取協力店を利用しましょう。

もし、お住まいの区に家電引き取り協力店がない場合は、自治体で代わりに引き取ってもらえます。もしくは、家電リサイクル法品目を引き取ることが可能な小売店や許可業者を紹介してくれるケースもあります。

自分で冷蔵庫を指定引取場所まで持ち込めない場合も、家電引取協力店に回収してもらうことが可能です。

神戸市の家電引取協力店(一部抜粋)

お住まいの区によって家電引取協力店が異なりますので、注意しましょう。神戸市の各区の家電引取協力店の店舗数は複数ありますので、下表に一部抜粋しました。

店名 所在地 電話番号
東灘区 でんきのコタニ 魚崎北町1-11-15 078-451-5782
灘区 有限会社レヤア電気 岩屋北町2-3-15 078-882-5960
北区 有限会社マキデンキ 青葉台3-8 078-581-8036
中央区 有限会社原田電工社 熊内橋通1-9-15 078-221-2134
兵庫区 山下電化サービス社 塚本通4-3-13 078-575-7010
長田区 タルノ電業社 梅ヶ香町1-13-11 078-651-3030
須磨区 株式会社吉川電機 磯馴町4-1-24 078-731-1688
西区 有限会社マスオ 王塚台5-124-3 078-924-1890
垂水区 カトームセン電機株式会社 青山台1-13-15 078-753-1603

ホームセンターで回収してもらう

冷蔵庫は一部のホームセンターで回収してもらえますが、条件があります。たとえば、カインズでは、店舗で冷蔵庫を新しく購入するか、カインズで購入した冷蔵庫のみ対象とされています。

ホームセンターに冷蔵庫を持ち込んで、リサイクル料金と回収運搬料を支払うことで回収してもらえます。回収運搬料は、自分で直接店舗に持ち込むことで料金が変わります。

詳しい詳細は、各店舗のホームページまたは電話で確認が必要です。

リサイクルショップで売却する

リサイクルショップでは、服や靴だけでなく、冷蔵庫まで売却できます。ただし、まだ使うことができる状態の良い冷蔵庫でなければ買取不可となります。

また、リサイクルショップでは出張買取を行っていない店舗が多いため、自分で店舗に持ち込める人のみ利用可能です。もちろん故障している冷蔵庫は売れません。

リサイクルショップで冷蔵庫を売却するためには、必ず汚れや傷などをキレイにしてから持ち込むようにしましょう。

ジモティーで神戸市近郊で欲しい人に譲る

ジモティーという誰でも無料で利用できる電子掲示板を使って、神戸市近郊で冷蔵庫を欲しい人に譲ることもできます。ジモティーは、利用料や手数料も一切かからないことから利用者が多いです

会員サイトに登録をし、冷蔵庫の写真と取引条件を記載するだけで欲しい人から連絡がきます。取引が始まったら、速やかに譲渡を行いましょう。

電子掲示板なので、初対面の人とやり取りすることが苦手な人は不向きな方法です。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用することで冷蔵庫を手間なく簡単に処分できます。不用品回収業者は冷蔵庫だけでなく、不用品をまとめて回収してくれるサービス会社です。

さらに、買取サービスを行なっている不用品回収業者を利用することで、処分費用がお得になります。近年、不用品回収業者を利用する人が増えたことにより注目を浴びていますが、悪徳業者も多いので業者の選定は慎重に行いましょう。

処分費用は3,000円程度ですが、大きさやメーカーによって異なります。

不用品回収スタッフ
神戸市で冷蔵庫の処分でお困りの方は、ぜひ「不用品回収センター」へ!冷蔵庫の高価買取も実施中です。

神戸市で冷蔵庫を処分する際にかかる費用相場

神戸市で冷蔵庫を処分する際にかかる費用相場

冷蔵庫を処分するために8つの方法を紹介しました。処分方法によっては無料で処分できたり、売却でお得に処分できたりします。

上記でご紹介した処分方法の料金をご紹介します。費用の相場と冷蔵庫の状態を確認の上、自分に合った処分方法を選びましょう。

冷蔵庫は、大きさやメーカーによってリサイクル料金が変わります。下記では、一人暮らしの2ドアタイプ(170L以下)の冷蔵庫を例に算出しています。

家電量販店で回収してもらう 3,740円(リサイクル料金)+収集運搬料
合計:約5,000~7,000円
家具店で回収してもらう 3,740円(リサイクル料金)+収集運搬料
合計:約5,000~7,000円
指定引取場所へ持ち込み処分する 3,740円(リサイクル料金)
神戸市の家電引取協力店を利用する 3,740円(リサイクル料金)+収集運搬料
合計:約5,000~7,000円
ホームセンターで回収してもらう 3,740円(リサイクル料金)+収集運搬料
合計:約5,000~7,000円
リサイクルショップで売却する 無料、売却金額がもらえる
ジモティーで神戸市近郊で欲しい人に譲る 無料
不用品回収業者を利用する 3,000円~

神戸市で冷蔵庫を無料で処分することは可能?

神戸市で冷蔵庫を無料で処分することは可能?

神戸市で冷蔵庫を無料で処分することは原則不可能です。冷蔵庫はリサイクル料金を支払い、正しい処分方法で処分しなければいけません。

処分方法によっては、リサイクル料金だけでなく収集運搬費もかかります。ただし、リサイクルショップや不用品回収業者の買取サービスを利用したり、知り合いに譲渡したりする場合は無料で処分できます。

冷蔵庫を処分する前に準備しておくこと

冷蔵庫を処分する前に準備しておくこと

冷蔵庫を処分する前に準備しておくこと
  • 冷蔵庫の中身を全て出す
  • 運搬の約10時間前に電源を切る
  • 霜取りと水抜きを行う

冷蔵庫を処分する前には、必ず中身を全て出し、必ず運搬の10時間以上前に電源を切り準備をしておきましょう。そして、忘れがちな準備作業は「霜取り」と「水抜き」です。

まだ使える冷蔵庫は、霜取りと水抜き作業を行わないと運搬中に水がこぼれて故障の原因になってしまいます。さらに、冷蔵庫の内側と外側をキレイに掃除しておくようにしてください。

神戸市で冷蔵庫を処分するなら「不用品回収センター」にお任せください

神戸市で冷蔵庫を処分するなら「不用品回収センター」にお任せください

神戸市で冷蔵庫を手間をかけず簡単に処分するなら不用品回収センターがおすすめです。冷蔵庫などの家電リサイクル法対象品目だけでなく、他の不用品も一気に処分できます。

さらに買取サービスを利用でき、高価買取に期待できるので、詳しくご紹介します。

「不用品回収センター」の魅力を紹介!

複数の不用品回収業者の中で、なぜ不用品回収センターがおすすめなのでしょうか。不用品回収センターは、業界最安値でお客様満足度98.3%達成中の作業実績だけでなく、多くの魅力があります。

特徴 WEB限定割引で最大14,200円お得
料金 SSパック4,800円(税込)~
回収可能な不用品 家電リサイクル法品目、家具家電、日用品、生活雑貨、オフィス用品など
買取制度 有り
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

冷蔵庫がまだ使用できる場合は高価買取を行い、処分費用をお得にすることが可能です。他にも処分したい不用品がある場合は、お得なトラック詰め放題プランをご用意しております。

トラック詰め放題プランをWEBからお申し込みいただくと、WEB限定割引が適応となります。最大14,200円もお得に処分できるため、好評いただいております。見積もり・相談は無料ですのでどのようなことでもお気軽にご相談ください。

不用品回収センターを利用して冷蔵庫を処分する流れ

まずは、電話・メール・公式LINEから24時間365日受付対応の無料相談を行なってください。相談から最短30分で出張無料見積もりに自宅まで訪問し、見積もりを作成いたします。

見積もり作成時に、買取サービスの利用をお伝えください。見積もりの金額と詳細内容を確認し、納得の上で依頼してください。

依頼後は、作業員が運び出しや運搬、分別、処分まで全てを行いますので、立ち会いのみでお客様にお手間をおかけすることはありません

神戸市でも注意喚起中!気を付けるべき不用品回収業者の特徴

神戸市でも注意喚起中!気を付けるべき不用品回収業者の特徴

不用品回収業者は、悪徳業者も存在します。そのため業者の選定はしっかりと行わなければいけません。

神戸市でも、悪徳不用品回収業者について注意喚起を行っています。そこで気をつけるべき不用品回収業者の特徴をご紹介します。

もし当てはまる業者がいた場合は、決して依頼しないようにしましょう。

気を付けるべき不用品回収業者の特徴
  • ①「無許可」営業の不用品回収業者
  • ②利用料金が不明瞭の業者
  • ③冷蔵庫の無料処分を謳っている業者

①「無許可」営業の不用品回収業者

無許可営業の不用品回収業者とは、「一般廃棄物処理業許可」や委託が無くては営業できません。「一般廃棄物処理業許可」は市区町村の厳しい審査を合格しなければ取得できないため、無許可で営業している業者がいます。

無許可の不用品回収業者に依頼した場合、その処分方法が適切かどうかの確認が難しく、不法投棄や不適切な処理、さらには法律違反のリスクが伴う可能性があります。さらに、高額な料金を請求されるなどの金銭トラブルに遭ってしまった事例が多発していることから、注意が必要です。

②利用料金が不明瞭の業者

不用品回収業者を利用する前には、必ず見積書を作成してもらう必要があります。もし見積書がない場合や、見積書の金額が不明瞭な場合は、悪徳業者である可能性が高いので気をつけましょう。

見積もりだけでなく、ホームページやチラシなどで利用料金や処分品目が不明瞭な場合も危険です。利用料金が不明瞭な不用品回収業者に依頼すると、金銭トラブルに巻き込まれてしまいます。

不用品回収スタッフ
利用料金について内訳や説明が記載されている不用品回収業者を選ぶようにしてください。

③冷蔵庫の無料処分を謳っている業者

よくトラックで「無料処分」と謳っていたり、チラシで「無料回収」などと宣伝したりしている不用品回収業者がいます。そもそも冷蔵庫は単なる不用品や大型ごみではなく、家電リサイクル法の対象となるため、無料で処分することはできません。

冷蔵庫を処分するためには、正しい処分方法を覚えておくことで危険を回避できます。無料サービスの魅力に引かれて依頼した後で、金銭トラブルが発生した事例が多く報告されており、注意喚起がなされています。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

神戸市で冷蔵庫を処分するときは正しく処分しよう

神戸市で冷蔵庫を処分するときは正しく処分しよう

家電リサイクル法品目である冷蔵庫を処分する方法や注意点についてまとめました。不法投棄や不正な処分方法を選ぶと、家電リサイクル法に違反し、罰則の対象になり得ます。

冷蔵庫は、法律によって簡単に処分できないため、手間なく簡単に処分したい場合は、正しい処分を行ってくれる業者に頼みましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る