電子レンジを処分する方法6選!小型家電リサイクル法や下取りサービスについても解説

電子レンジを処分する方法6選!小型家電リサイクル法や下取りサービスについても解説
お客様
電子レンジを処分したいけど、どうしたらいいんだろう?
お客様
壊れた電子レンジを安く処分できる方法はあるの?

壊れた電子レンジは、サイズが大きいため処分に困る人は多いと思います。家具家電は処分に困るため、壊れたら放置しがちです。

一般的には、粗大ごみや業者に回収して処分しますが、他の方法もあるのでしょうか?また、処分にかかる費用の相場も気になりますね。

今回は、壊れた電子レンジの処分方法や、処分する際の費用相場を解説します。処分の際には、不用品回収業者がおすすめな理由もご紹介するため、参考にしてみてください。

本記事を読んでわかること
  • 電子レンジを処分する6つの方法
  • 電子レンジの処分にかかる費用の相場
  • 電子レンジの処分に不用品回収業者がおすすめな理由

電子レンジは「小型家電リサイクル法」の対象

電子レンジは「小型家電リサイクル法」の対象

電子レンジは、2013年から始まった「小型家電リサイクル法」の対象になります。小型家電リサイクル法は、家電に含まれる金属類を再利用するために作られた法律です。

小型家電リサイクル法が対象になる家電は、無料で処分することができます。法律に沿って捨てる場合は、住んでいる地域によって捨て方が変わります。

捨て方は、粗大ごみの回収時に行ったり、回収ボックスに入れるなど、さまざまです。詳細は、住んでいる自治体へ問い合わせましょう。

オーブンレンジの処分も電子レンジと同じ?

オーブンレンジは、電子レンジ同様に小型家電リサイクル法の対象品です。そのため、無料で回収することができます。

小型家電リサイクル法のため、捨て方は住んでいる地域ごとに方法が変わります。電子レンジと同じで、捨て方が気になる人は自治体へ確認をしましょう。

地域によっては、燃えないゴミや粗大ゴミとして回収が可能です。他には、家電量販店やリサイクルショップで回収を依頼して処分します。

自分に合った方法で処分しましょう。

電子レンジを処分する方法は6つ

電子レンジを処分する方法は6つ

電子レンジの捨て方は、大きく分けて6つあります。さきほどご紹介した、小型家電リサイクル法による回収以外の方法でも回収が可能です。

フリマによる処分や、不用品回収業者を利用して回収など、さまざまな方法があります。自分が処分しやすい方法を選択して、電子レンジの処分を行いましょう。

1つずつ解説していきます。

電子レンジを処分する6つの方法
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • リサイクルショップで売却して処分する
  • 買い替え店や家電量販店に処分を依頼する
  • フリマアプリや地域掲示板を利用して処分する
  • ECサイトなどの買取・下取りサービスを利用して処分する
  • 不用品回収業者を利用して処分する

自治体の粗大ゴミとして処分する

1つ目は、自治体を通じて回収する方法です。電子レンジは、燃えないゴミか粗大ゴミとして処分します。

サイズによっては燃えないゴミですが、サイズが大きい場合は粗大ゴミになります。回収方法は自治体によって決まっており、持ち込みや自治体が回収するなど、さまざまです。

回収は、持ち込みのみや回収も一緒に行っている地域もあります。申し込む際は、自治体へ捨て方や金額などの確認を忘れずに聞いて依頼しましょう。

リサイクルショップで売却して処分する

2つ目は、リサイクルショップに売却して処分する方法です。まだ使用できる電子レンジであれば、買取することができます。

お店に直接持っていく必要があるため、運搬の手間がかかります。出張サービスを行っているお店もあるため、近所にお店がない場合は利用しましょう。

高価買取のためには、電子レンジをよく掃除することが大事です。また、付属品が揃っていることと、新製品や大手メーカーのレンジの場合は高額になりやすいです。

高値で買い取ってもらえる可能性が高い電子レンジ
  • 年式が新しい製品や大手メーカーの製品
  • 清掃が行き届き、状態がきれいな製品
  • 付属品や箱が揃っている製品

買い替え店や家電量販店に処分を依頼する

3つ目は、買い替え店や家電量販店に処分を依頼することです。大手の家電量販店では、家電の買い替えをすることができます。

各お店ごとに、下取りの金額は決まっています。また、お店によって特徴が違うため、自分が利用しやすいお店を選びましょう。

今回は、大手の家電量販店から6つのお店を解説するため、参考にしてみてください。

家電量販店 下取り・回収費用
ヤマダ電機 回収:1,100円
買取:最大2,000円
ケーズデンキ 2,200円
エディオン 550円
ヨドバシカメラ 2,200円
ビックカメラ 1,958円
(5,500円以上購入すると無料下取り)
ノジマ 2,000円
(通販での買い替え時に有料で下取り)

ヤマダ電機|最大2,000円の買取サービス

ヤマダ電機で電子レンジを買取に出す場合は、最大2000円で買取が可能です。電子レンジの回収は、1100円で行っています。

少し古い電子レンジでも、動作に問題がなければ買取ができます。回収できるか不安な人は、店舗に問い合わせてみましょう。

ケーズデンキ|訪問回収可能(出張料金要)

ケーズデンキは、2200円で自宅へ訪問回収が可能です。店舗への運搬の手間がないため、運搬ができない人でも安心して利用することができます。

ケーズデンキでは、買い替えのキャンペーンを行っていることがあります。キャンペーン中は、壊れた家電でも下取りが可能です。

他のお店で購入した家電も買い替え可能なため、キャンペーン中に利用するといいでしょう。

エディオン|リサイクル料金が550円

エディオンは、家電の引き取りを行っています。家電の3辺の長さが120㎝以下で重さが10㎏以下の場合は、リサイクル料金で550円がかかります。

電子部品が多く使われた家電は、無料で引き取ってもらうことが可能です。

ヨドバシカメラ|配送時に同時回収で出張料無料

ヨドバシカメラで電子レンジを回収する場合は、2200円かかります。サイズは、240㎝以下で30㎏以下が条件です。

また、家まで回収に来てもらうことができます。配送と同時であれば、出張料が無料です。

配送があるときは、ヨドバシカメラを利用するといいでしょう。回収のみの場合は、出張費がかかります。

ビックカメラ|5,500円以上購入で無料下取り

ビックカメラは、5500円以上の購入で下取りが無料になります。ただし、購入品と回収品が同一であることが、引き取りの条件です。

回収品は、正常に動作しなくても回収することができます。購入は、ネットではなく、お店で直接購入した場合に引き取りが認められます。

ノジマ|通販での買い替え時に有料で下取り

ノジマは、通販で買い替える際に有料で下取りになります。下取りチェッカーというシステムを導入しており、24時間で依頼が可能です。

下取りを依頼するには、モバイル会員になっている人が対象になります。ノジマを利用する場合は、モバイル会員になることを忘れないようにしましょう。

フリマアプリや地域掲示板を利用して処分する

4つ目は、フリマや地域掲示板を利用して処分する方法です。フリマは、売れることができれば処分しつつお金も得ることができます。

売り物のため、正常に作動するか確認することと、綺麗に掃除しておくことが必要です。また、梱包費や送料、手数料がかかるため、状況によってはマイナスになる可能性があります。

売れ残った場合は、地域掲示板を利用するのもいいでしょう。無料の場合は、引き取ってもらえる可能性があります。

ECサイトなどの買取・下取りサービスを利用して処分する

5つ目は、ECサイトを通して買取、下取りを行う方法です。手数料は、お店によって変わります。

Amazonは、小型家電、大型家電どちらも買取を行っています。ジャパネットは、下取りが可能です。

新たな商品を購入することで、古い商品との下取りができます。電子レンジだけでなく、オーブンレンジも対象です。

ジョーシンは、お店によって小型家電を対象外にしています。お店ごとに変わるため、利用する前に確認しましょう。

買取・下取りサービスを行っている大手ECサイト
  • Amazon
  • ジャパネット
  • ジョーシン

不用品回収業者を利用して処分する

6つ目は、不用品回収業者を利用することです。不用品回収業者は、電子レンジだけでなく、さまざまな不用品を回収することができます。

引っ越しや家の整理整頓など、大量に処分品が出る場合は、特におすすめです。単品回収もできますが、割高になる可能性があります。

他の方法と比べて、自分の都合に合わせて予定を組める点もうれしいですね。業者選びを間違えると、悪徳業者にあたることもあり得ます。

口コミをしっかり確認しましょう。

電子レンジは無料で処分できる?

電子レンジは無料で処分できる?

電子レンジは、下取りや買取業者に売却することで、無料で処分ができます。買い替えであれば、新品の購入とともに古いレンジを無料で回収が可能です。

小さい電子レンジであれば、燃えないゴミとして無料で出すことができます。他には、フリマやオークションで売れれば、実質無料で処分することが可能です。

ただし、梱包費や送料などがかかり、安く売るとお金がかかります。どの方法も条件を満たせば無料になるため、処分しやすい方法を選びましょう。

電子レンジを処分するための費用相場

電子レンジを処分するための費用相場

電子レンジは、さまざまな方法で処分することができます。自治体での処分や買取、下取りサービス、不用品回収業者などがあげられます。

処分するうえで、どれくらい費用がかかるのか気になる人は多いのではないでしょうか?処分は、できるだけ費用をおさえて行いたいものですよね。

今回は、自治体での処分、買取、下取りサービス、不用品回収業者の料金の相場をお伝えします。相場は目安のため、利用する際の参考にしてみてください。

自治体の粗大ゴミで処分した場合 500円~1,000円
買取・下取りサービスを利用した場合 無料~3,000円
ほかに処分するものがあると便利
不用品回収業者を利用した場合 1,000円~2,000円

電子レンジの処分を不用品回収業者に依頼した方が良い人

電子レンジの処分を不用品回収業者に依頼した方が良い人

不用品回収業者は、利用するうえでメリットが多くあります。例えば、他の処分方法と比べて、自分の都合に合わせやすいことがあげられます。

業者によっては、お得なプランを実施しています。電子レンジ以外に処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者がおすすめな人は、以下の通りです。

不用品回収業者を利用するのがおすすな人
  • 自分のスケジュールに合わせて処分したい人
  • 高価買取可能な電子レンジを処分したい人
  • ほかにも処分したい不用品がある人

自分のスケジュールに合わせて処分したい人

不用品回収業者は、他の処分方法と比べて、自分のスケジュールに合わせやすいです。自治体は、日中の回収が多いため、日中で時間が取れない人は利用が難しいでしょう。

不用品回収業者であれば、早朝や夜中でも利用することができます。仕事や用事が多くてスケジュールが合わせづらい人は、不用品回収業者がおすすめです。

さらに、日にちだけでなく、時間まで決めることができます。スケジュール調整が難しい人は、利用してみてください。

高価買取可能な電子レンジを処分したい人

不用品回収業者は、高価買取を積極的に行っている業者が多いです。高価買取が成立すれば、処分費用を安くおさえることができます。

料金が気になる人は、依頼時に確認してみるといいでしょう。見積りや出張費が無料な業者もあるため、数社で金額を比べて選ぶのもいいです。

高価買取を期待する場合は、年代が新しいレンジや有名なメーカーのレンジがおすすめになります。壊れたレンジや、古いレンジは高価買取は期待できないでしょう。

ほかにも処分したい不用品がある人

電子レンジはもちろん、不用品回収業者では他の不用品も回収可能です。不用品回収業者は、お得なプランを実施している会社もあるため、単品よりお得になります。

引っ越しや家の整理、遺品整理などで大量に処分品がある場合におすすめです。買取制度も実施しているため、一緒に利用するといいでしょう。

不用品回収業者であれば、室内から搬出をしてもらうことが可能です。荷物が多い依頼でも、安心して利用することができます。

電子レンジの処分を依頼できる不用品回収業者の選び方

電子レンジの処分を依頼できる不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は、大量の不用品を処分できる便利な業者です。しかし、すべてが優良な業者とはいえません。
中には、多額のお金を請求する悪徳業者も存在しています。悪徳業者にあたると、トラブルに発展しやすいです。

優良な業者と悪徳業者は、どのように見分けるのでしょうか?優良な業者と悪徳業者を見分けるポイントは、4つあります。

優良な不用品回収業者の選び方
  • 「一般廃棄物収集運搬業許可」の許可情報を確認する
  • 複数社に見積り書の作成を依頼する
  • 回収できる品目を確認する
  • 口コミや評判を確認する

「一般廃棄物収集運搬業許可」の許可情報を確認する

優良な不用品回収業者は、一般廃棄物収集運搬業許可を獲得しています。一般廃棄物収集運搬業許可は、不用品回収を行う際に必要です。

悪徳業者は、一般廃棄物収集運搬業許可を獲得していないケースが多いです。HPやチラシに記載がない場合は、悪徳業者と疑ったほうがいいでしょう。

ここ数年では、悪徳業者によるトラブルが多発しています。一般廃棄物収集運搬業許可の確認は必ず行って、トラブルに発展しないように注意しましょう。

複数社に見積り書の作成を依頼する

優良の不用品回収業者か判断する方法として、数社から見積りを依頼しましょう。悪徳業者の見積もりは、高額なだけでなく、作業の詳細が不明なことが多いです。

ただでさえ高い料金に加え、気付いたら追加の請求が発生することもあります。積載量が不明だったり、オプションが勝手に加えられることもあり危険です。

数社で見積りをもらって、比較をしてみましょう。実際に被害にあっている人も多いため、1社にこだわらず数社から決めるといいです。

回収できる品目を確認する

回収できる品目を確認することで、悪徳業者かどうか判断することができます。優良な不用品回収業者は、回収できない品目が定められています。

ですが、悪徳業者は何でも回収すると謳っていることが多いです。加えて、無料で回収と謳っているため、魅力的に感じます。

利用する前に考えるべきことは、無料で何でも回収していては商売にならないということです。不用品を積み終わったあとに、適当に理由をつけて多額のお金を要求してきます。

口コミや評判を確認する

口コミや評判を確認することは、業者を選ぶ上で非常に大切です。優良な不用品回収業者には、口コミが多く寄せられています。

悪徳業者の場合は、不自然に褒めちぎった口コミしかなかったり、口コミが0の場合があります。もしくは、業者のHPが確認できず、口コミ自体も確認できないことも多いです。

見積りと同様に、数社を検索してみて比較するといいでしょう。一見、条件がよくても、まずは業者の情報を探すようにしましょう。

電子レンジを処分するなら不用品回収センターがおすすめ

電子レンジを処分するなら不用品回収センターがおすすめ

不用品回収業者は多数存在していますが、中でも不用品回収センターがおすすめです。電子レンジだけでなく、他の家具家電も一緒に処分できます。

年間で50000件以上の回収を行っており、実績も確かです。不用品回収の口コミサイトでは、最高評価を獲得しています。

次は、不用品回収センターのおすすめポイントをお伝えします。

不用品回収センターの基本情報

不用品回収センター

不用品回収センターのおすすめポイント
  • 口コミサイトで最高評価を獲得
  • WEB割がお得
  • 積み放題の定額パックプラン
特徴 WEB割と定額パックプランでお得
料金 4800円~
回収可能な不用品 家具家電、書籍、自転車など
買取制度 あり
電話番号 0120‐949‐966
公式HP https://suisan-portal.jp/

不用品回収センターは、WEB割と定額パックプランでお得に利用できます。定額パックプランは、トラック積み放題に加えて、車両費やスタッフ追加費が込みになっています。

年間で50000件以上の回収を行っており、女性スタッフも在籍しているため、女性でも安心して利用できます。受付は、24時間365日対応しており、依頼しやすいと好評をいただいています。

買取制度を利用すれば、さらにお得になります。ぜひ、電子レンジの処分でお困りの際はお問合せください。

電子レンジの処分方法まとめ

電子レンジの処分方法まとめ

電子レンジの処分方法は、自治体や買い替え、不用品回収業者などを利用して処分します。電子レンジは、小型家電リサイクル法の対象になります。

買い替えや下取り、フリマを利用すること無料で処分することも可能です。方法によっては、自分の都合に合わせづらく、なかなか利用できないこともあります。

都合が合わせづらい場合は、不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者は、早朝や夜中でも対応できるため、利用してみてください。

不用品回収業者の中でもおすすめの業者は、不用品回収センターです。不用品回収センターは、実績と価格ともにおすすめの業者になります。

業者選びで困っている人は、不用品回収センターを候補に入れてみてください。

TOPへ戻る TOPへ戻る