ヘッダーCTA

冷蔵庫の処分はヤマダ電機に依頼できる?無料の引き取りサービスはある?

冷蔵庫の処分はヤマダ電機に依頼できる?無料の引き取りサービスはある?
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
使っている冷蔵庫もかなり古いから、省エネのためにも新しく買い替えたい!
お客様
引越しが決まったから冷蔵庫も大きなサイズにしたいな。でも古い冷蔵庫ってどうしよう・・・。

冷蔵庫は一度購入すると数年間は使い続けるものでしょう。

しかし新生活に合わせて新しく買い替えたり、機能の低下などにより使用している冷蔵庫を処分したりするということもあるかもしれません。

冷蔵庫はサイズも大きく運び出すのも大変なため、どうやって処分すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は冷蔵庫の適切な処分方法について詳しく解説していきます。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。


【地域別】不用品回収の詳細はこちら

目次

冷蔵庫の耐用年数はどれくらい?

冷蔵庫の耐用年数はどれくらい?

耐用年数とは経費を数年に分けて計上する減価償却という方法を用いて会計の計算を行うために、各品目ごとに定められている年数です。

その品が価値を失うまでの年数ともとらえることができ、冷蔵庫の耐用年数は6年とされています

しかし実際には耐用年数を超えて使用を続けている方も多く、冷蔵庫の実際の寿命は8~10年程度と言われています。

これらは一つの目安ととらえるべきですが、長期間にわたって使用を続けると劣化や機能の低下がみられる場合もありますから、定期的に点検やメンテナンスを行うことをおすすめします。

こんな場合は冷蔵庫が劣化しているかも

こんな場合は冷蔵庫が劣化しているかも

冷蔵庫の買い替え時期、劣化のサインをご存知ですか?ここで紹介する劣化のサインがある場合は、買い替えをおすすめします。

最新の冷蔵庫は電気代も安くなる可能性が高く、結果的にコスパが良くなるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

冷蔵庫の劣化のサイン
  • 水漏れしている
  • 冷蔵庫の冷えにムラがある
  • モーター音がうるさくなる

上記がある場合、保証期間内の場合は修理を保証期間が切れている場合は買い替えを強くおすすめします。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機、これらの4品目は家電リサイクル法の対象となる家電4品目に指定されています。

リサイクルを推進するための規定であり、これら4品目はルールに従って適切に処分を行う必要があるのです。

注意点を詳しく見ていきましょう。

冷蔵庫は自治体の粗大ゴミとして処分することができない

先述の通り冷蔵庫は家電リサイクルで指定された家電4品目の対象であり、処分の方法が定められています

そのため自治体の粗大ゴミとして出すことができません。

買い替え時に店舗で引き取ってもらったり、指定の収集場所に持ち込んだりする必要があります。

面倒だからと言って不法投棄をするなど不適切な方法での処分を行ってはなりません。

家電リサイクル法の対象品目は適正に処分しないといけない理由

家電リサイクル法は、不要になった家電から再利用できる材料などをリサイクルすることで廃棄物の減量や資源の有効活用を推進するために定められたものです。

冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機の4品目はこの法で処分方法などが規定されています。

不用品回収スタッフ
法の対象は事業者や小売り店舗で個人が罰せられることは基本的にはないものの、適切に処分を行う必要があります。

冷蔵庫の正しく処分する7つの方法

冷蔵庫の正しく処分する7つの方法

それでは冷蔵庫の正しい処分方法について、主な6つの方法について見ていきましょう。

冷蔵庫をどう処分すれば良いか分からない方や困っている方はぜひ参考にしてください。

冷蔵庫の処分方法
  • 方法①冷蔵庫を購入した店舗に引き取ってもらう
  • 方法②自治体指定の回収業者を利用する
  • 方法③家電製品協会の指定引取所に持ち込む
  • 方法④家電量販店にリサイクル処分を依頼する
  • 方法⑤リサイクルショップに売却する
  • 方法⑥不用品回収業者に依頼する
  • 方法⑦友人や知人・掲示板サイトで譲る

方法①冷蔵庫を購入した店舗に引き取ってもらう

冷蔵庫を処分する方法の一つ目は、購入した店舗に引き取ってもらうことです。

現在お持ちの冷蔵庫をどの店舗で購入したか覚えていれば、その店舗に引き取りをお願いできないか問い合わせてみましょう。

また、もし新しく買い替えを検討している場合は買い替え時にそのショップに引き取りを依頼するのも一つの方法です。

処理手数料や運搬費は冷蔵庫の型や大きさ、メーカーなどにより差がある場合もありますのでチェックしておきましょう。

方法②自治体指定の回収業者を利用する

冷蔵庫を処分する方法の二つ目は、自治体指定の回収業者を利用することです。

自治体ごとに家電のリサイクルを管轄するセンターを設置しているケースがあります。

ここに相談すれば指定の回収業者に依頼し冷蔵庫の処分をおまかせできます

事前に郵便局で家電リサイクル券の購入や必要事項の記入など、手続きを済ませなければなりません。

手数料としては処理費用と運搬費用がかかります。

方法③家電製品協会の指定引取所に持ち込む

冷蔵庫を処分する方法の三つ目は、家電製品協会の指定引取所に持ち込むことです。

家電製品協会は家電リサイクル法の推進や不法投棄の防止を目的とした団体です。

家電の処分を行いやすくするために全国に引取所を設置しており、ご自身で持ち込む場合には事前に郵便局券での手続きを済ませる必要があります。

方法④家電量販店にリサイクル処分を依頼する

家電量販店であれば、家電リサイクル法対象製品の処分を依頼できます。

リサイクル料がかかる上、収集運搬料もかかりますが、近隣にあれば面倒な手続きも必要なく受け付けてもらえるので利用しない手はありません。

ヤマダ電機に依頼する

ヤマダ電機に依頼する
ヤマダ電機では、冷蔵庫のリサイクル処分を受け付けています。

持ち込みでも受付可能な上、訪問回収も依頼できます。運搬が困難な方は検討してみましょう。

リサイクル料金 3,740円~(税込)
収集運搬料 2,200円~(税込)

エディオンに依頼する

エディオンに依頼する
エディオンでも、家電リサイクル処分を受け付けています。
事前に処分を依頼したい店舗に問い合わせなければなりません。あらかじめリサイクルしたい旨を伝えましょう。

また、容量やメーカーによって費用が変動します。確認しておいてください。

リサイクル料金 3,740円~(税込)
収集運搬料 1,100円~(税込)

ケーズデンキに依頼する

ケーズデンキに依頼する
ケーズデンキでも家電リサイクル法対象製品のリサイクル処分を受け付けています。

訪問でリサイクル回収のみを依頼することも可能ですが、別途出張費3,300円~(税込)がかかります。とはいえ、運搬できない方や運搬する車がない方は、自宅まで来てもらえるので便利です。

リサイクル料金 3,740円~(税込)
収集運搬料 2,200円~(税込)

方法⑤リサイクルショップに売却する

冷蔵庫を処分する方法の四つ目は、リサイクルショップに売却することです。

回収を依頼する場合には処理手数料がかかってしまいますが、リサイクルショップでは売値が付けばお得に処分できるのが嬉しいポイントです。

ただし製造から年数が経っている場合や状態が良くない製品などは買取してもらえなかったり、逆に回収に費用がかかってしまったりすることもあります。

近くのリサイクルショップでまずは相談してみても良いかもしれません。

方法⑥不用品回収業者に依頼する

冷蔵庫を処分する方法の五つ目は、不用品回収業者に依頼することです。

不用品回収業者は電話一本で依頼できて家まで回収に来てくれます。

分別や搬出、運搬などの作業を丸ごとお任せできるので手軽に処分を済ませたい人にぴったりのサービスです。

不用品回収スタッフ
多くの業者がいるのでぜひ比較して合うところを選びましょう。
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

方法⑦友人や知人・掲示板サイトで譲る

冷蔵庫を処分する方法の六つ目は、友人や知人・掲示板サイトで譲ることです。

周りに新生活を始める人や引っ越す人がいないか聞いてみましょう。

また最近ではネット掲示板での譲渡もさかんで、調べてみると近所で冷蔵庫を欲しいと言っている方や引き取りたいと考えている方が見つかるかもしれません。

処分に費用がかからずまた物を無駄にせず済む方法と言えます。

譲ることになった際はどうやって運搬するか、それに伴う運送費はどちらが負担するかなどを事前に決めておくとスムーズです。

冷蔵庫を処分する際の準備と注意点

冷蔵庫を処分する際の準備と注意点

冷蔵庫を処分する際にはいくつか準備すべきポイントと注意点があります。

不適切に扱うと故障したり状態が悪くなったりするリスクもあるのでよく確認しておいてください。

冷蔵庫を処分する際の準備

処分する前に冷蔵庫の中を整理して準備しておく必要があります。

水抜きと霜取りの方法も含め、準備の流れを解説します。

STEP.1
中身を空にする
冷蔵庫の中身を取り出して空にしておきましょう。
STEP.2
電源を抜く
作業のために前日までに冷蔵庫の電源を抜いておきましょう。
STEP.3
中の掃除
水気をふき取り、中を綺麗に掃除しておきましょう。
STEP.4
霜取り
薄くついた霜ならば温めたタオルを当てて取ると良いでしょう。分厚い霜はへらなどを当てて取るのも有効です

冷蔵庫を処分する際の注意点

冷蔵庫を処分する際は事前準備も含め適切に扱わないと、故障などの恐れがあります。

特に運搬時は注意が必要で、運び出す際に角を部屋にぶつけないよう複数人で慎重に運ぶことが大切です。

また車などで持ち込む場合は、冷蔵庫を横向きにせず縦にして運ぶのがポイントです。

横向きのまま運ぶと故障の原因になりかねません。

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するメリット

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するメリット

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に頼むメリットをご存知ですか?あまりまだわからないという方のために、ここでは不用品回収業者に冷蔵庫の処分を依頼するメリットと他の方法との比較をご紹介します。

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するメリット
  • メリット①運搬や搬出を任せられる
  • メリット②査定・買取も可能
  • メリット③自分の都合に合わせて処分日を決められる

メリット①運搬や搬出を任せられる

不用品回収業者に依頼すれば、依頼者は全く手伝う必要がありません!運搬搬出や積み込みまで全て対応するので、お任せください。

冷蔵庫の場合であれば、配線をまとめる細かい作業もスタッフが対応するので、中身を空にした状態にするだけでOKです。

一人暮らしの女性や高齢の方、障害がある方など特におすすめです。

不用品回収スタッフ
不用品回収センターでは、エアコンの取り外しも無料で行います!冷蔵庫だけでなく他の家具家電もお任せください。

メリット②査定・買取も可能

業者の中には買取に力を入れているところもあります。まだ使える冷蔵庫、年式が浅い冷蔵庫などであれば買い取りできる場合があるのでぜひご利用ください。

冷蔵庫の買取をお願いしたい場合は、業者に事前に買取希望であることを伝えましょう。現地でいきなり冷蔵庫の買取を依頼すると断られる可能性もあります。

不用品回収スタッフ
不用品回収センターでは買取に力を入れています!買取のみの対応はできませんのでご注意下さい。

メリット③自分の都合に合わせて処分日を決められる

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、自分で処分のタイミングを決められることです。最短1時間から1ヶ月先などかなり自由度高く決めることが可能です。

引っ越し日が迫っている方などとてもありがたいですよね。しかし、年末年始や引っ越しの繁忙期、2月3月あたりはどこの業者も依頼が多くなっているので、繁忙期に関してはなるべく事前に依頼をお願いすることをおすすめします。

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するデメリット

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するデメリット

ここまでは業者に依頼するメリットを複数ご紹介しました。さて、不用品回収業者に依頼するデメリットはあるのでしょうか。ここでは、不用品回収業者に依頼するデメリットを詳しくご紹介します。

デメリットを理解した上で依頼を行いましょう。

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するデメリット
  • デメリット①単品回収の場合費用が割高になる傾向がある
  • デメリット②業者選びに時間と手間がかかる
  • デメリット③中には無許可で営業している業者もある

デメリット①単品回収の場合費用が割高になる傾向がある

単品回収の場合は、パック料金よりも割高になる可能性があります。冷蔵庫の場合、単品回収は3,000円〜1万円前後が相場です。

しかしパック料金の場合は、軽トラックサイズで1万5千円程度で対応してくれる業者もあるため、他に不用品がある場合はまとめて処分した方がお得なる可能性があります。

デメリット②業者選びに時間と手間がかかる

冷蔵庫を処分できればどの業者でもOKというわけではありません。業者ごとに、訪問までのスピード、対応時間、費用、オプションの有無、買取の有無など様々な違いがあります。

業者を見極めるには、複数見積もりを依頼したり業者に電話したりなど手間がかかることも。業者選びで疲れてしまう方もいます。

業者選びで失敗したくない方は、まずは年間実績豊富な不用品回収センターにご相談ください。ご不明点も徹底的に解消して真摯に対応いたします。

デメリット③中には無許可で営業している業者もある

業者選びに通じるところですが、業者の中には無許可で営業している業者も存在しています。無許可の場合、不法投棄をしたり法外な金額を請求してきたりなど様々なトラブルが起こるリスクがあります。

違法業者に依頼しないためにも、信頼のおける業者を探して見極めることが大切です。そんなことできないという方は、不用品回収センターにお任せください。

年間実績1万件以上で高い評価をいただいています。女性スタッフも在籍しているので、ぜひ一度ご相談ください。

冷蔵庫を処分する際の料金相場

冷蔵庫を処分する際の料金相場

冷蔵庫を処分する際はどの程度の手数料がかかるのでしょうか。

処分方法によって異なるのでそれぞれ相場をおさえておきましょう。

どれも回収の作業費や処分の手数料、運搬費用を含んだおおよその金額を示しています。

処分方法 金額
家電量販店で処分する 4,000円~※
家電製品協会の指定引取所に持ち込む 4,000円~※
不用品回収業者に依頼する 5,000円~

※運搬費用を含む

不用品回収スタッフ
業者を依頼する場合、単品回収はどうしてもコスパが悪くなります。冷蔵庫以外に捨てたいものがある場合はお得な定額パックなどを利用しましょう。

こんな場合は冷蔵庫処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

こんな場合は冷蔵庫処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

不用品回収業者は依頼すれば家で待っているだけで運搬などすべての作業を行ってくれます。

そのため手軽に利用できるのがメリットですが、回収にかかる費用は他の方法より高い傾向にあります。

とはいえ他にも不用品回収業者の特徴は様々にあるので、どのような場合に利用すべきなのか解説していきます。

冷蔵庫以外にも処分したい物がある

まず冷蔵庫以外にも処分したい物がある場合には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者はトラック積み放題などお得なプランを用意しているところも多く、ゴミが大量にある場合にもまとめて回収してくれます

いちいち個別で分別や分解を行わなくて済むのでとても便利です。

またゴミの量が多いほどコスパ良く処分できるので、冷蔵庫以外にも回収してほしい不用品がある方はぜひ依頼してみましょう。

不用品回収スタッフ
不用品回収業者にはお得なパック料金があります!まとめてのご依頼の方がお得になりますので、ご依頼される場合はぜひまとめて不用品を処分してくださいね!

冷蔵庫を搬出・運搬することが難しい

特に大型の冷蔵庫である場合、そもそも動かすことや家の前まで運ぶことさえ難しいかもしれません。

不用品回収業者に依頼すれば複数人で安全に冷蔵庫を運び出してくれます。

これまでいくつもご家庭のゴミを回収してきているプロなので安心して任せられます。

不用品回収スタッフ
冷蔵庫の搬出や運搬が難しい方はぜひ不用品回収業者を利用しましょう。

処分を急いでいる

自治体の指定する業者に依頼する場合や指定引取所に持ち込む場合は、まず処分の手続きを行う必要があります。

また営業時間に合わせて持ち込む必要があり、実際に処分できるまでは少し時間がかかってしまいます。

中には急な引っ越しなどで早めに処分したいという方もいるかもしれません。

不用品回収業者なら最短即日で回収に来てくれますし、日時指定もできるので都合に合わせやすいですよ。

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する際の流れ

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する際の流れ

冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼する場合の流れをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

STEP.1
冷蔵庫の見積もり依頼を依頼する
冷蔵庫を処分したい場合、まずは処分か買取かを決めてから業者に依頼しましょう。依頼する方法は、電話やLINE、メールにてできます。処分をお急ぎの方は、電話での問い合わせをおすすめします。
STEP.2
見積もりが完了
現地での見積もりや買取査定が完了したら、依頼をお願いするかどうかを決めましょう。金額に納得いかない場合は、交渉してみましょう。
STEP.3
作業開始
冷蔵庫の処分の場合は、スタッフが搬出からトラック積み込みまで全て行うので、見守るだけでOKです。冷蔵庫1つであれば5分程度で完了しますので、とてもスピーディですよね。
STEP.4
作業完了とお支払い
作業が完了したらスタッフよりお支払いの案内があります。決済方法を選んでお支払いをお願いします。割引を利用する際は、このタイミングではなくできるだけ見積もりの際に確認しましょう。

冷蔵庫を処分する際に注意すべき不用品回収業者の特徴

冷蔵庫を処分する際に注意すべき不用品回収業者の特徴

不用品回収はとても便利なサービスですが、数多くの業者が存在する中でどこに依頼すべきか迷うという方も少なくないでしょう。

中には違法に営業している業者や怪しい業者もありますから、注意して選ぶ必要があります。

避けるべき業者の特徴を解説していきますので選ぶ際の参考にしてください。

注意すべき不用品回収業者の特徴
  • 無料回収を謳っている業者
  • 会社の所在地や自治体の許可の有無が分からない業者
  • 見積もり金額を書面で提示してくれない業者

無料回収を謳っている業者

まず無料回収を謳っている業者、中でもトラックで地域を徘徊したりチラシを配布したりして宣伝している業者には注意が必要です。

調べてみると不法投棄など不適切な処分を行っているといった悪徳業者である可能性が高いです。

無料回収を宣伝しているような業者を利用してしまうと後からトラブルに巻き込まれるリスクもあるので注意しましょう。

無料だからといって安易に飛びつかないようにしてください。

不用品回収スタッフ
無料業者に依頼する場合、本当に完全無料なのかきちんと確認し無料の理由に納得できてから依頼しましょう。

会社の所在地や自治体の許可の有無が分からない業者

続いて会社の所在地や自治体の許可の有無が分からない業者も利用すべきではありません。

依頼する前にしっかりホームページを確認し、必要な情報が明記されているか見ておきましょう。

一般家庭から出る廃棄物を回収するには自治体から「一般廃棄物収集運搬業許可」という許認可を得ている必要があります。

不用品回収スタッフ
違法業者は会社の所在地なども明確にしていない場合が多いですから、見極めるポイントの一つとしましょう。

見積もり金額を書面で提示してくれない業者

依頼前に見積もりを取ってもらうことが重要ですが、見積もり金額を書面で提示してくれるかどうかも見ておくべきポイントです。

口頭でのみの提示だと、後から異なる金額を要求されたり、ぼったくり金額を請求されたりする可能性があります。

証拠として残すためにも書面でもらうようにしてください。

冷蔵庫を処分するなら不用品回収センターがおすすめ

冷蔵庫を処分するなら不用品回収センターがおすすめ

ここでは、不用品回収センターが冷蔵庫の処分でおすすめな理由を詳しくご説明します。

冷蔵庫の処分で不用品回収センターがおすすめな理由

不用品回収センター

不用品回収センターのおすすめポイント
  • 最短30分でスピーディな回収
  • 業界最安値クラスの料金水準
  • 多数の回収実績があり満足度も高い
特徴 最短30分のスピード回収
料金 SSパック:4,800円~(WEB割引適用時)
回収可能な不用品 家具・家電・日用品・自転車など
買取制度
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

冷蔵庫の処分に困ったら、不用品回収センターにご依頼ください。

ご予約は電話やLINEから可能で、最短30分ですぐに回収に伺います

またWEB割引を利用でき、少量パック4,800円~と業界最安値水準の処分手数料で済むため、お得に処分ができます。

回収実績も多数ありお客様満足度も高いので、初めての方も安心してご利用いただけます。

\即日対応・格安回収!/無料見積もりはこちら

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】冷蔵庫は正しい方法で処分を

【まとめ】冷蔵庫は正しい方法で処分を

冷蔵庫は家電リサイクル法で指定されている品目のため、粗大ゴミとしてそのまま出すことができません。

規定に従って適切な方法で処分する必要があります。

今回ご紹介した処分方法を元に、ご自身に合う方法で冷蔵庫の処分を行ってくださいね。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る