ヘッダーCTA

神戸市でのマットレスの処分方法8選!粗大ゴミ収集や解体する方法も解説

神戸市でのマットレスの処分方法8選!粗大ゴミ収集や解体する方法も解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

 

お客様
神戸市でマットレスの処分はどうするの?
お客様
神戸市ではマットレスを粗大ゴミとして処分できる?

神戸市は、大阪湾に面した人口153万人以上の大都市です。海に面していることもあり、海洋汚染の原因になるプラスチックごみの削減に力を入れるなど、環境意識も高い都市です。

神戸市でマットレスを処分する場合、どのような方法があるのでしょうか?本記事ではさまざまな処分方法と、それぞれのメリットデメリット、かかる費用などをご紹介します。

本記事を読んでわかること
  • 神戸市の自治体でマットレスを処分する方法
  • その他のマットレス処分方法8選
  • マットレスの処分にかかる費用相場
  • おすすめの不用品回収業者

神戸市の自治体でマットレスを処分する方法

神戸市の自治体でマットレスを処分する方法

神戸市の自治体でマットレスを処分する場合は、基本的に「大型ごみ」として処分することができます。ただし、マットレスの状態によっては、一般ごみとして処分することも可能です。

「大型ごみ」として処分する場合、いくつかの方法があげられます。選べる処分方法と、具体的な手順についてご紹介します。

神戸市でマットレスを大型ごみとして戸別収集を利用し処分する

神戸市で戸別収集を利用してマットレスを処分する流れ
  • ①インターネット・電話・FAXのいずれかで事前申し込みをする
  • ②収集日を決める
  • ③収集費用の支払いをし、券を貼り付ける
  • ④指定の場所にごみを出す

神戸市で大型ごみの戸別収集を利用する際は、必ず事前の申し込みが必要になります。インターネット・電話・FAXのいずれかで、申し込みをしましょう。

申し込み時に、収集費用・受付番号・収集日・ごみを出す場所が通知されます。コンビニやスーパーなどでシール券を購入し、収集費用を支払いましょう。インターネット受付を利用された方は、キャッシュレス決済も可能です。

キャッシュレス決済を選択した際は、A4サイズの紙に指定の内容を記載しテープで貼り付けましょう。収集当日に指定の場所にごみを出して完了となります。

注意点
  • 戸別収集は屋内からの運び出しは行っていません。指定の収集場所によく見えるように出しましょう。
  • 集合住宅の場合は、収集車がごみ置き場まで入れるよう鍵のかかったゲートなどは開けておくようにしましょう。
  • 指定の日時よりも早くごみを出すのはやめましょう。
  • コードレス掃除機や電動自転車はバッテリーをあらかじめ外しておきましょう。
  • ガラスがついている家具などは、ガラスが割れてしまうと危険なためあらかじめテープで養生をしておきましょう。

マットレスを大型ごみとして戸別収集で処分する場合の手数料

マットレスの戸別収集を利用する際は、手数料がかかります。マットレスの大きさや個数に応じて、決められた手数料分の大型ごみ処理手数料納付券(シール券)を、コンビニやスーパーなどで購入して貼り付けましょう。

大型ごみ処理手数料納付券を取り扱っている商業施設の一部をご紹介します。

MEMO

アグロガーデン、イズミヤ、イオン、カインズホーム、コープ、セブン-イレブン、ダイエー、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ミニストップ、ライフ、ローソンなど

マットレスを布施畑環境センターへ自分で持ち込む

マットレスを布施畑環境センターへ自分で持ち込む手順
  • ①e-KOBEにアカウント登録をする
  • ②e-KOBEにて持ち込み予定のごみを登録する
  • ③神戸市による審査
  • ④審査通過後、持ち込み日の予約をする
  • ⑤布施畑環境センターにごみを持ち込む
  • ⑥処分手数料を支払う

布施畑環境センターにごみを持ち込む際は、事前にe-KOBEという申請システムから予約をする必要があります。まず、e-KOBEに本人確認書類等を登録しアカウントを作りましょう。

次に、持ち込む予定のごみの写真を登録します。登録後、約2営業日程度で神戸市から審査結果が通知されます。

審査に通過したら、センターに持ち込む日時を予約しましょう。予約可能日は、最短で翌3営業日後からとなります。

予約日時になったら、ご自身の車でセンターにごみを持ち込みます。持ち込みの際にも、本人確認書類が必要になりますので、持参しましょう。

処分手数料は、当日現地で支払います。

注意点
  • 1台の車につき、1世帯分のごみしか搬入することはできません。
  • 家庭ごみと事業ごみを1台の車で同じ日に持ち込むことはできません。
  • 現地は危険なため小さなお子様のご同伴は控えてください。
  • ごみの荷降ろしはご自身で行っていただく必要があります。

布施畑環境センターへマットレスを持ち込みできる条件

布施畑環境センターへ持ち込みが可能なごみは、家庭系の大型ごみのみです。家庭系の大型ごみとは、45リットルの袋に入らないもの、もしくは単品で重量が5kgを超えるものとなります。

マットレスの場合は、5kg以上の重量のものが対象です。また、1日の持ち込み可能数は5点までとなります。

6点以上の場合は手順が異なりますので、注意しましょう。

布施畑環境センターへマットレスを直接持ち込んだ場合の処分手数料

布施畑環境センターにマットレスを持ち込む場合、処分手数料は10kgにつき140円となります。1の位は切り上げとなり、〜10kgの場合140円、11〜20kgの場合280円と加算されていきます。

持ち込みの場合はシール券を購入するのではなく、当日現金での支払いとなりますので、小銭を用意しておきましょう。

布施畑環境センターの基本情報

布施畑環境センターは、神戸市にあるごみの持ち込み施設です。受付可能日は平日のみとなっていますので、注意しましょう。

施設名称 布施畑環境センター
所在地 〒651-2101 兵庫県神戸市西区伊川谷町布施畑1181−1
受付可能曜日・時間 月曜~金曜
8:30~12:00
13:00~16:00
※祝日は15:00まで

解体して各自治体の一般ごみとして処分する

マットレスが著しく破損している場合やご自身で解体することができる場合は、一般ごみとして処分する方法もあります。45リットルの袋に入り、口を結ぶことができれば一般ごみとして処分ができます。

工具などを使って小さいサイズになるまで解体することで、処分費用をかけずに捨てることも可能です。ただし、解体作業は危険が伴いますので、慣れていない方は十分に注意して行いましょう。

神戸市でマットレスを処分する8つの方法

神戸市でマットレスを処分する8つの方法

上記では大型ごみとして処分する方法、一般ごみとして処分する方法をご紹介してきましたが、ごみとして捨てる以外にもさまざまな手段が考えられます。特に、今後も長く使える状態の良いマットレスであれば環境のためにも、できるだけリサイクル・リユースできる方法を選びましょう。

神戸市でマットレスを処分する8つの方法
  • マットレスを購入した店舗に処分を依頼する
  • 新しいマットレスを購入する店舗で引取を依頼する
  • ジモティーを利用して神戸市近郊で欲しい人に譲る
  • 友人や知人に譲る
  • リサイクルショップで売却する
  • フリマアプリに出品する
  • 引っ越し業者に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する
不用品回収スタッフ
あなた自身に1番最適な処分方法を見つけましょう。

マットレスを購入した店舗に処分を依頼する

はじめに考えられるのは、マットレスを購入した店舗の処分を依頼するという方法です。たとえばニトリなどは、使わなくなった家具を引き取るサービスを提供しています。

また、環境配慮のために積極的に不用品を引き取ってリサイクルを行っている家電量販店なども増加中です。ただし、新しい家具を購入していることが条件となる場合も多いので、あらかじめ購入した店舗に条件を問い合わせてみることをおすすめします。

購入した店舗に処分を依頼するメリット
  • 処分手数料がかからない、もしくは安くなる
  • 引き取ってもらいたいタイミングですぐに処分できる
購入した店舗に処分を依頼するデメリット
  • 自分で店舗まで持ち込まなければならない
  • 店舗やメーカーによっては新しい家具を購入しなければならないなどの条件がある

新しいマットレスを購入する店舗で引取を依頼する

マットレスを買い替える場合は、新しいマットレスを購入する店舗で、古いマットレスを引き取ってくれるサービスがある場合があります。新しいマットレスの配送時に、古いマットレスを引き取ってくれるので、保管に困ることもなく大変便利なサービスです。

ただし、古いマットレスの状態によっては引き取りを拒否される場合もありますので、気になる点があればあらかじめ担当者に伝えておきましょう。

新たに購入する店舗で引取を依頼するメリット
  • 古いマットレスを保管する必要がない
  • 処分手数料がかからない
新たに購入する店舗で引取を依頼するデメリット
  • 新しいマットレスの購入時に申し込みが必要
  • 状態によって拒否される場合もある

ジモティーを利用して神戸市近郊で欲しい人に譲る

マットレスがきれいな状態であれば、ジモティーというサービスを使って近くにお住まいの方に譲るのも良いでしょう。ジモティーは地域密着型のフリマサービスで、マットレスの写真や説明文を投稿すると、神戸市近郊でマットレスを探している人とマッチングすることができます。

値段がつく場合もあればつかない場合もありますが、自宅まで取りに来てもらうことができるので手間と費用が省けます。

ジモティーで譲るメリット
  • 持ち運びの手間がかからない
  • 売上が立つ場合もある
ジモティーで譲るデメリット
  • 写真撮影や説明文の入力をする必要がある
  • 引き取り手とのコミュニケーションを丁寧に行わなければならない

友人や知人に譲る

友人や知人でマットレスを必要としている方がいれば、譲るのもひとつ選択肢でしょう。信頼できる相手であれば受け渡しの際のやり取りも比較的スムーズに進めることができます。

新生活が始まる時期は、引っ越しに伴って新たな家具を探している人も多いので、引き取り手を募集するチャンスです。マットレスの他にも処分したい家具があれば、まとめて写真を撮ってSNSなどで呼びかけることで引き取り手が簡単に見つかるでしょう。

友人や知人に譲るメリット
  • やり取りがスムーズに行える
  • 信頼できる相手に使ってもらえるので安心できる
友人や知人に譲るデメリット
  • 運搬を自分たちで行う必要がある
  • 売上が立つ可能性が低い

リサイクルショップで売却する

状態の良いマットレスであれば、リサイクルショップで売却する方法もあります。まず近くのリサイクルショップを探して、マットレスの買取可能か事前に電話またはウェブサイトで確認してみましょう。

買取可能な場合は査定をしてもらい、価格に納得ができれば売却完了となります。特にブランドもののマットレスなどは高値で買取してもらえることもあるので、捨てる前に査定だけでも依頼することをおすすめします。

リサイクルショップで売却するメリット
  • 状態によっては高値で買い取ってもらえる
  • 出張査定をしてもらえる
リサイクルショップで売却するデメリット
  • 査定価格をあげるために掃除をする必要がある
  • 自分で運搬して持ち込まなければならない

フリマアプリに出品する

最近では、マットレスのような大型家具もフリマアプリを使って売却することができます。メルカリやラクマなどのサービスは多くの利用者がいるので、写真や説明文をしっかり登録することですぐに買い手が見つかります。

しみや汚れなどがある場合は、わかりやすく写真を撮ってアップロードするなど、後からトラブルにならない対策も必要です。直接引き取りか、配送かなど受け渡し手段も書いておくとやりとりがスムーズに進むでしょう。

フリマアプリに出品するメリット
  • 比較的すぐに買い手が見つかる
  • 売上につながる
フリマアプリに出品するデメリット
  • 写真や説明文などを投稿する手間がかかる
  • 買い手とトラブルにならないよう丁寧なコミュニケーションが必要

引っ越し業者に依頼する

引っ越しに伴ってマットレスを処分する場合は、引っ越し業者に引き取りを依頼することも可能です。引っ越し業者に依頼する最大のメリットは、自分で運搬する必要がないことです。

マットレスのような大きな家具は、新しい家に持っていくとそれだけでも引っ越し費用があがってしまう可能性があります。必要ない場合は引っ越しの前に処分依頼をすることをおすすめします。

引っ越し業者に依頼するメリット
  • 自分で運搬する必要がない
  • 不用になったマットレスを保管しておく必要がない
引っ越し業者に依頼するデメリット
  • 引き取り費用が発生する場合がある
  • タイミング次第ではマットレスがない期間が発生する

不用品回収業者に依頼する

最後に、不用品回収業者に依頼する方法をご紹介します。処分方法に悩んでいる方や、忙しくて時間がない方には最もおすすめな方法です。

不用品回収業者はトラック1台分詰め放題プランなどのメニューを提供しているので、マットレス以外にも処分したい家具がある場合はまとめて依頼するのが良いでしょう。見積もりから引き取りまで最短即日で対応してくれる業者もあるので、まずは電話で無料見積もりを依頼してみましょう。

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 最短即日で引き取ってもらえる
  • 処分方法がわからなくてもプロが対応してくれる
不用品回収業者に依頼するデメリット
  • マットレス1点のみの引き取りだと割高になる
  • 業者を比較検討する手間がかかる

神戸市の自治体以外でマットレスを処分する際にかかる費用相場

神戸市の自治体以外でマットレスを処分する際にかかる費用相場

マットレスを処分する方法を8つご紹介しました。では、実際にそれぞれの方法でマットレスを処分した場合どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。

マットレスの大きさや状態によって費用は異なりますが、シングルサイズのマットレスを想定した場合の一般的な相場を以下の表にまとめてご紹介します。

マットレスを購入した店舗に処分を依頼する 4,000円前後
新しいマットレスを購入する店舗で引取を依頼する 0〜4,000円
ジモティーで神戸市近郊で欲しい人に譲る 0円
友人や知人に譲る 0円
リサイクルショップで売却する 0円
フリマアプリに出品する 0円
引っ越し業者に依頼する 5,000円〜
不用品回収業者に依頼する 9,800円〜

神戸市でマットレスを無料で処分することは可能?

神戸市でマットレスを無料で処分することは可能?

神戸市でマットレスを無料で処分することはできるのでしょうか?昨今では、無料回収を謳った不用品回収業者のチラシなどが配布されていることがありますが、基本的に無料で不用品を処分することはできません

無料回収を謳っている業者は、後日運搬費や積込費など別の項目で費用を請求するような悪徳業者である可能性が高いです。安いからといって安易に依頼するとかえって高くつくことがありますので、必ず事前に詳細な見積もりをとって全ての項目を確認するようにしましょう。

不用品回収スタッフ
悪質な業者に捕まらないように会社の概要を調べたり、見積もりを依頼したりしましょう。

マットレスを処分する前に準備しておくこと

マットレスを処分する前に準備しておくこと

マットレスを処分する前に準備しておくこと
  • シーツや敷きパッドを外す
  • ベッドフレームから外して卸しておく
  • 風通しの良い場所で壁にたてかけてにおいや湿気を逃す

マットレスを処分する際はまず、シーツや敷きパッドなどついている付属品を全て外しましょう。フリマアプリで出品する際や誰かに譲る際は、引き取り手が気持ちよく使えるように準備をしておくと良いでしょう。

毎日使っているマットレスは、においや汗の湿気が染み付いています。ベッドフレームから外し、風通しの良い場所でたてかけておくことで、水分が逃げてカビを防ぐことができます。

神戸市でマットレスを処分するなら「不用品回収センター」へ!

神戸市でマットレスを処分するなら「不用品回収センター」へ!

不用品回収業者を検索するとさまざまな業者が出てきて、どれを選んだら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。神戸市でマットレスの処分を不用品回収業者に依頼したいと思った方は、「不用品回収センター」がおすすめです。

「不用品回収センター」の魅力を解説

不用品回収センター

「不用品回収センター」はどのような特徴や魅力があるのでしょうか。基本情報を以下の表にまとめました。

特徴 年間50,000件以上の回収実績、お客様満足度98.3%
料金 4,800円〜
回収可能な不用品 大型家具、大型家電、リサイクル家電、オフィス機器など
買取制度 あり
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

不用品回収センターは、全国で不用品回収サービスを提供している業者です。年間の回収実績は50,000件以上で、利用されたお客様には高い満足度評価をいただいています。

定額パックプランもさまざまなメニューをご用意しているので、お客様のニーズに合わせて最適なプランをご提供可能です。24時間365日無料で電話見積もりを受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

自分に最適な方法でマットレスは処分しよう

自分に最適な方法でマットレスは処分しよう

いかがでしたか?マットレスの処分方法は、さまざまな選択肢があることがわかりましたね。

マットレスの状態やご自身のニーズに合わせて、最適な処分方法を選びましょう。どのような処分方法が良いのかわからないという方は、まずは不用品回収業者に問い合わせてみるのもおすすめです。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る