ヘッダーCTA

神戸市でベッドを処分しよう!無料処分する方法や相場も解説

神戸市でベッドを処分しよう!無料処分する方法や相場も解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
神戸市で一番安くベッドを処分する方法はある?持ち込み処分もできるの?

買い替えることも少ない大型家具であるベッドの処分を検討する場合、どのような方法があるのかと迷う方も多いはずです。運ぶことも困難で手間と時間もかかるベッド処分を、なるべく費用を抑えて処分できたらと考えるのも無理はありません。

本記事では、ベッドの処分のタイミングや寿命・ベッドの処分方法など知りたい情報を丁寧に解説します。

神戸市でベッドを捨てる方法
  • ベッドは神戸市の粗大ゴミとして処分する
  • 中古品は売るのが難しい
  • 持ち運びが困難な方は不用品回収がおすすめ

ベッドの寿命と処分のタイミング

ベッドの寿命と処分のタイミング

一言でベッドの寿命と言っても、ベッドのフレームやマットレス、またベッドの種類によって寿命は異なります。ベッドといえばフレームとマットレスが主流ですが、フレームとマットレスが一体型のものもあります。

現在は介護を意識した電動式のベッドも増加傾向にあり、種類によってベッドの寿命に違いが生じるものです。本章では、ベッドの寿命やタイミングをご紹介します。

ベッドの寿命はどれくらい?

ベッドのフレームの寿命は10年~15年と言われ、フレームの素材や使い方などで異なります。木製のフレームは長持ちするケースが多いです。折りたたみ式のベッドに多いのがスチール製のフレームです。

折りたたみの可動式ベッドや電動式ベッドの寿命は5年~10年が目安となります。床板の形状もさまざまで、すのこ状は通気性が高いので長持ちです。マットレスの寿命は5年~10年となっていますが、中身の素材や環境でも違いが出ます。

ベッドを処分するタイミングはある?

ベッドを処分するタイミングは、マットレスの交換時期が目安となります。フレームが折れたり、可動式のベッドが動かなくなったりした時も処分するタイミングといえます。

マットレスは、きしむ音がする、クッション性が落ちる、カビのような臭いがするといった違和感を感じたときに処分しましょう。

人気の高い低反発マットレスは、もともと沈みこむような作りです。へこみが戻らなくなってきた場合、使い続けるとかえって健康を害することも考えられます。

神戸市でベッドを処分する方法8選

神戸市でベッドを処分する方法8選

日常生活における大事な存在であるベッドですが、買い替えや引越しとなった時には大きさと重さから処分方法に悩む方も多いはずです。本章では、ベッドの処分方法を厳選して8つ紹介します。

ベッドの処分方法8選
  • 神戸市の自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 神戸市の自治体の家庭ゴミとして処分する
  • 買い替える際に販売店の引き取りサービスを利用する
  • 引越し業者に引き取ってもらう
  • 「おいくら」を利用してリサイクルショップで売却する
  • 「ジモティー」で必要な人を探す
  • 知人や親戚などほしい人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

神戸市の自治体の粗大ゴミとして処分する

ベッドは、神戸市の自治体の粗大ごみとして処分することができます。自治体での処分方法は、戸別収集と持ち込み処分の2通りです。

戸別収集と持ち込み処分の流れを簡単にご紹介し、自治体の粗大ごみ回収を利用する場合のメリット・デメリットも合わせてお届けします。

神戸市の粗大ゴミの戸別収集を利用する

大型ごみの戸別収集を利用する際の流れは、神戸市大型ごみ受付センターに電話(078-392-7953)かFAX(078-392-5500)、またはインターネットで申し込みをします。

氏名や住所・電話番号・回収品目・個数を伝えると、受付番号(4桁)や手数料・収集日・排出場所を確認できます。次に大型ごみシール券(300円券と600円券の2種)を購入し、シール券に受付番号を記入してください。

回収品目それぞれにシール券を貼り付け、決められた収集日の朝5時から8時までの間に排出場所へ出します。ネット申し込みの場合はキャッシュレス決済を利用し、受付番号・収集日・各金額の順に任意用紙へ書き込み貼り付けてください。

布施畑環境センターにベッドを直接持ち込む

神戸市でベッドを直接持ち込む先は布施畑環境センターです。事前の予約が必要で、予約から審査、日時の予約、持ち込みまでの全ての流れには、おおよそ1週間かかります。

予約手順は事前にe-KOBEへのアカウントを登録し、予約ページ(5点以下)から申し込みをしてください。

予約品目の写真を登録します。次に本人確認書類を登録し、神戸市による確認を経て持ち込み日を予約します。予約日に予約の通知メールを持って、布施畑環境センターへベッドを持ち込みましょう。

受付時間は平日の8:30~12:00・13:00~16:00(平日の祝日(振替休日含)8:30~15:00)となっています。処分手数料は10kgにつき140円で、当日現金で支払ってください。

神戸市の自治体の粗大ゴミとして処分する場合のメリット・デメリット

神戸市の自治体を利用して大型ごみを処分する場合の大きなメリットは、安心して処分できることと処分費用の安さです。不用品回収業者では悪質な業者も存在するので業者を選ぶことも時間と手間がかかり、確かな不用品回収業者を見極めなければなりません。

自治体ならば、何も気にすることなく安心して任せられます。また前述にもある通り10kgで140円と格安で処分できることはお財布に優しい処分方法です。

デメリットは急いで処分をしたい場合でも、予約から収集日までに1週間以上かかることです。忙しく時間が中々取れない方にとっては、不向きな方法といえます。

神戸市の自治体の家庭ゴミとして処分する

神戸市の自治体の家庭ごみとして、ベッドを処分することも可能です。神戸市では45Lの指定袋に入り口をしっかりと結べる大きさ、単品で5kg以下の重さのものは可燃ごみ・不燃ごみとして出すことができます。

ベッドのフレームを解体すれば、家庭ごみとして処分できます。安く処分できることは大きなメリットではありますが、時間と労力のいる大変な作業です。

マットレスも同様で、布製部分とスプリングを分別し工具を使って切断することで家庭ごみに出せます。

神戸市の自治体の家庭ゴミとして処分する場合のメリット・デメリット

神戸市の自治体の家庭ごみとして処分する場合のメリットは、費用が安く抑えられることです。神戸市の自治体では、ベッド1台につき900円〜3,000円で処分できます。

最大のデメリットは、ベッドをそのままの状態で処分できないことです。自分で工具を使用し、指定袋の口が閉まる状態まで解体作業を行わなければいけません。

DIYなどで慣れている方にとっては簡単かもしれませんが、工具を使い慣れていないと怪我のリスクも含めて困難な作業となります。

買い替える際に販売店の引き取りサービスを利用する

古いベッドを新しく買い替えるタイミングは、大型で重いベッドを処分する絶好の機会です。新しく購入する販売店の引き取りサービスを利用することで、簡単に処分することができます。

新しいベッドが届けられると同時に古いベッドを引き取ってもらえます。ただし店舗によっては引取サービスを行っていないこともあるので、新しくベッドを購入する店舗にあらかじめ相談してみてください。

販売店別ベッドの引き取りサービスの費用

主な販売店別のベッド引き取りサービス費用をご紹介します。ご参考にしてください。

ニトリ 4,400円
イケア 無料
無印良品 無料(商品と「同種」「同数」に限る)
大型商品で吊り下げ作業有り;別途税込10,000円が必要
東京インテリア 幅+丈+奥行 3m以上=4,000円
ベッド一式かマットのみ、スプリング、布など分別廃棄必要=5,000円
ベルメゾン 期間限定無料(引取条件:税込41,800円以上かつ特大送料税込7,150円、商品と同種同量に限る)

買い替える際に販売店の引き取りサービスを利用する場合のメリット・デメリット

ベッドを購入する店舗と引き取ってもらう店舗が同じであることは、大きなメリットです。面倒な運び出しもなく新しいベッドを購入するだけで、あとは販売店に任せられます。

ただし、新しく購入する家具が古い家具と同じ種類・同じ数であることを条件とする販売店が多いので注意してください。また、引き取りサービスのみを利用することはできません。

引越し業者に引き取ってもらう

引越しをすることが決まった場合、引越し業者に引き取ってもらうことも1つの方法です。無料で引き取ってもらえるケースもありますが、ベッドの状態により追加料金が発生することもあります。

大手の引越し業者ならば、有料ですが引き取りサービスを行っているところも多いので利用してみてください。ただし、引越し業者によって引き取りを行っていない場合もあるので、事前に引越し業者に問い合わせておくことをおすすめします。

引越し業者に引き取ってもらう場合のメリット・デメリット

引越し業者にベッドを引き取ってもらうことで、面倒な手続きをしなくても済むことは大きなメリットと言えます。また引越し当日までベッドを使用することができることは嬉しいポイントです。

前述の通り、全ての引越し業者がベッドの引き取りに対応しているわけではありません。また引越し業者によりサービスの内容や費用にも差が生じるので、1社ではなく複数社から見積りを依頼し比較検討してください

「おいくら」を利用してリサイクルショップで売却する

「おいくら」を利用して、リサイクルショップに売却する方法があります。「おいくら」は、さまざまな買取店へ一括査定が出せる買取の比較サイト です。

利用方法も簡単で、査定した商品をカテゴリから選び商品・個人情報を入力し査定を依頼します。各買取店から査定価格が届くので、比較して条件に合う買取店が見つかればそのまま商品を売れます。

「おいくら」では自治体でも利用されるほどなので、厳選された複数の買取店から最適な買取店を選ぶことができます

「おいくら」を利用してリサイクルショップで売却する場合のメリット・デメリット

「おいくら」のメリットは、居住地域近郊のリサイクルショップや出張買取など対応可能な店舗を一度にまとめて査定依頼ができることです。駅名や郵便番号を入力し、近くのリサイクルショップを見つけることができます。

またサービスの特徴などの条件でも検索が可能なので、自分の希望条件に合うリサイクルショップを簡単に探せます。ただし、商品によっては買い取ってもらえないケースもあります買取までに時間がかかる場合もあり、早めに売却したいと思う人には不向きです。

「ジモティー」で必要な人を探す

ベッドの売却処分には、地元の掲示板サイト「ジモティー」もおすすめです。利用者が多いので、ベッドを必要とする人が見つかる可能性も高くなります

また、「ジモティー」ならば無料で取引が可能で、近郊から探すため直接会うことで取引が成立します。登録料も手数料も処分費用も無料で済むのです。

「ジモティー」で必要な人を探す場合のメリット・デメリット

他の方法でのリサイクル料金や収集運搬費用を考えると、無料で譲れたとしてもコストが0円なのでおトクな処分方法です。ジモティーのサイト内で売却できれば全て利益になる可能性は高くなります。

「ジモティー」でのデメリットは相場より安い価格でないと相手先が見つからないこともあることです。少しでも高く売却したいと考えている人には不向きです。

知人や親戚などほしい人に譲る

神戸市で知人や親せきなどの欲しい人に譲る方法もあります。気心の知れた知人や親せきならば、話しやすくトラブルとなることもないでしょう。

自分にとって不要となったベッドを、必要とする人に使ってもらえるので双方にメリットがあります。ただし、傷や汚れがひどい状態のベッドやスプリングに支障があるようなベッドは譲ることは出来ません。

ベッドを譲る場合は状態の良いベッドに限り、譲る際にキレイに掃除をしておくことも必要です。

知人や親せきなどほしい人に譲る場合のメリット・デメリット

知人や親せきなどに譲る場合のメリットは、処分費用がかからないことです。ベッドを引き取りに来てくれるならば、運び出す必要もなく楽に処分することが出来ます。新生活が始まる時期は、知人や親せきの中で必要とする人を見つけやすいかもしれません。

ただしベッドのように大型で運び出しが難しい家具を譲る場合、運搬を手伝う必要があります。専門の業者に依頼するとなれば、費用について相談しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

ベッドの処分方法はたくさんありますが、神戸市内の不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。不用品回収業者ならば手間のかかる解体も分解も運び出しも一切必要なく、壊れていても汚れていてもどんな状態のベッドでも回収してくれます

不用品回収業者への申し込みも簡単です。電話やインターネットなどで見積りを依頼し、当日回収の処分費用を支払います。LINEでの簡単見積りを採用している業者も多いので、より気軽に不用品回収業者への見積りが出来るようになっています。

不用品回収業者に依頼する場合のメリット・デメリット

神戸市で不用品回収業者に依頼する場合のメリットは、自分の希望する日程が組めることです。仕事で忙しく時間が中々取れない場合でも、急遽空いた日にちで依頼をしても引き受けてくれます。

即日回収、早朝・深夜関係なく対応可能な不用品回収業者も多いので、忙しい人には強い味方となります。反対に、最大のデメリットは高い処分費用です。

また業者選びに時間と手間がかかることもデメリットで、悪質な業者にだまされると追加料金や高額請求をされる可能性も考えられます。トラブルに巻き込まれないためにも、業者に依頼する際は慎重に行ってください

神戸市でベッドを処分する場合の費用相場

神戸市でベッドを処分する場合の費用相場は、ベッドのサイズ・依頼先などさまざまな条件で変わるので下記表を参考にしてください。神戸市でのベッドの大型ごみ処理手数料の内訳は900円(Sベッド)・1,200円(Sベッド以外)・3,000円(電動式ベッド)となっています。(いずれもマットレスなし)

不用品回収業者ではベッドのみの場合、単品回収となるので割高となります。他にも不用品があるならば、まとめて処分する方がお得に利用できます。

自治体の粗大ゴミとして処分 900円~3,000円
買い替え時に販売店で引き取ってもらう 無料(条件付き)~
不用品回収業者に依頼する場合 4,000円~10,000円

神戸市でベッドの処分なら不用品回収センターにお任せ!

神戸市でベッドの処分なら不用品回収センターにお任せ!

神戸市で不用品回収センターのおすすめする理由
  • 安心の載せ放題定額パックプランあり
  • 業界最安値に挑戦中
  • 最短30分後作業開始

神戸市内に対応している不用品回収センターではごみの分別が不要ですので、不用品を簡単に処分できます。また分別作業から回収までをワンストップで対応しております。

10年以上のベテランスタッフとともに女性スタッフが在籍しているので、お一人暮らしの女性のお客さまも安心してご依頼していただくことが可能です。不用品回収センターでは、女性のお客さまが7割以上となっております。プライバシーに配慮した最大限のサービスを、ご提供させていただきます。

特徴 出張費・見積り・キャンセル料全て無料、追加料金なし
料金 4,800円~
営業時間 365日24時間即時対応
買取制度 有り
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】神戸市でのベッドの処分は適切な方法で行おう!

【まとめ】神戸市でのベッドの処分は適切な方法で行おう!

ベッドの処分は安く済ませたい、解体作業は気にならない人は、自治体で粗大ごみとして処分することをおすすめします。新しいベッドの購入を考えている場合は、古いベッドを販売店に引き取ってもらうことで簡単に処分ができます。

さまざまなベッドの処分方法があることが、お分かりいただけたことでしょう。本記事でのベッドの処分方法を参考にしていただき、ご自分に合う適切な方法で行うことが大切です。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る