ヘッダーCTA

パーテーションの処分方法8選!費用や種類別の捨て方、注意点について徹底解説

パーテーションの処分方法8選!費用や種類別の捨て方、注意点について徹底解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、すっかり身近な存在になったのがパーテーションです。飲食店では、アクリル製の透明なパーテーションがテーブルの上に設置しており、すっかり定着した光景になりました。

1口にパーテーションと言っても、様々な種類があります。飲食店で見かける簡易的なものから、オフィスや施設でしっかり部屋を仕切るものまで、サイズや材質によって外観や役割が大きく異なります。

人が行き交う場所で多く使用されるパーテーションは、視界に入ることが多いため綺麗な状態を保ちたいところです。しかし長年使用続けると、劣化や汚れ等で外観に影響を及ぼし、処分が必要です。

そこで今回はパーテーションの処分方法について紹介します。自分に合った正しい処分方法を知っておくと効率的な処分が可能です。

目次

パーテーションの処分方法8選

パーテーションの処分方法8選

サイズや種類が多いパーテーションは、いざ処分が必要になった場合、処分方法に困ります。まずは処分したいパーテーションのサイズや材質をしっかり確認しておきましょう。

状態がよく再利用が可能なパーテーションは、売却や譲ることも可能です。本編ではパーテーションの処分方法について8選紹介します。

【パーテーションの処分方法①】自治体で粗大ゴミとして処分する

自治体の粗大ゴミとして処分するメリット
  • 割安な費用できる
  • 自治体によっては解体なくそのまま処分できる
  • 不法投棄の心配がない
自治体の粗大ゴミとして処分するデメリット
  • 事前準備が必要
  • パーテーション自体の処分ができない自治体あり
  • 自分で運搬作業をする必要あり

自治体の粗大ゴミとして処分する場合、自治体によって条件が異なるので、まずはホームページ等で確認しましょう。自治体を利用して処分する場合は、サイズにもよりますが無料~数百円程度と割安な費用での処分が可能です。

またパーテーションのサイズによって、自治体で決められた粗大ごみサイズの小さなものであれば、解体やカット等の作業が必要がありません。自治体での粗大ゴミの処分は、条例に従って適正な処分を行うので、不法投棄の心配なく安心に処分ができます。

しかしパーテーション自体の処分を実施していない自治体が多くあります。また自治体では電話やインターネット等を使用して、予約や処理券を購入するなど事前の準備が必要になります。

さらにご自分で運搬作業を行う必要もあるので大きな労力がかかります。費用が安い反面、手間や労力がかかることを考慮しておきましょう。

【パーテーションの処分方法②】不燃ごみとして捨てる

自治体の不燃ごみとして捨てるメリット
  • 費用がかからず処分できる
  • 気軽に収集日に合わせて処分ができる
自治体の不燃ごみとして捨てるデメリット
  • 規定サイズに合わせて解体等の作業が必要

自治体によって条件が異なりますが、卓上型の小さいサイズ(約30~50㎝未満)のパーテーションであれば、収集日が決まっている不燃ごみとして捨てることが可能です。不燃ごみは無料で捨てることができる自治体が多いため、経済的です。

しかし大きなサイズのパーテーションを処分する場合は、規定のサイズにカットや解体をする等加工が必要な場合があり大きな労力がかかります。サイズによっては粗大ごみ扱いになるため、事前に排出できる不燃ごみの条件を確認して、正しく処分しましょう。

【パーテーションの処分方法③】リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込むメリット
  • 状態が良ければ売却できる
  • 梱包の手間がない
  • 予約の必要がない
リサイクルショップに持ち込むデメリット
  • 査定がつかないと持ち帰ることになる
  • 綺麗な状態するため掃除等の手間がかかる
  • 運搬作業が必要になる

リサイクルショップにパーテーションを持込む場合、自分の都合で予約をせずに、そのままの状態で持込むことができるので気軽に利用できます。状態がよく需要が高いものであれば買取査定しやすくなり、成功すれば報酬を得ながら手放せるので便利ですね。

ただし、パーテーションの買取に成功するには厳しい条件があり、査定がつかないとそのまま持ち帰ることになり処分ができなくなります。さらに手入れや掃除に手間がかかることや、大きなサイズのパーテーションを持込む場合は、運搬作業や車が必要となるため、買取に成功するコツや段取りをしっかり確認しておきましょう。

【パーテーションの処分方法④】知人に譲る

知人に譲るメリット
  • 費用を掛けずに処分できる
  • 必要なタイミングが合えば喜ばれる
  • 梱包せずそのまま渡せる
知人に譲るデメリット
  • 譲り手がいないと処分ができない
  • 強引な方法はその後の関係性が悪化する
  • 良好な状態で譲渡するため手入れや掃除が必要

知人にパーテーションを譲る場合、費用がかからず処分できる他、相手に直接渡すことになるので梱包する手間がありません。必要なタイミングでパーテーションの便利な使い方等をアドバイスすると喜んでもらえるでしょう。

ただし譲る相手に断れる可能性があったり、強引に譲ったりするとその後の関係性が悪化するので気を付けましょう。また知人であれば気遣いが必要となり、しっかりと掃除や手入れ作業して、相手に気持ちよく譲ることになるので手間がかかります。

【パーテーションの処分方法⑤】ジモティやメルカリで貰い手・買い手を探す

ジモティーやメルカリを使用するメリット
  • 費用がかからず処分ができる
  • 必要な相手に渡るので大切に扱ってもらえる
  • スマホ等で簡単に出品等の手続ができる
ジモティーやメルカリを使用するデメリット
  • 貰い手・買い手がすぐに決まらない可能性がある
  • 手放すまでに時間がかかることがある
  • メルカリは販売や梱包、送付手配をすべて行う手間がある

ジモティーやメルカリは、費用がかからずパーテーションの処分ができる他、本当に必要な相手が貰い手や買い手になるので、大切に扱ってもらえる可能性が高くなります。手続きについては、家にいながらスマホやタブレット等で気軽に登録や出品ができ大変便利です。

しかし出品登録後に必ず貰い手・買い手が現れるという保障はありません。貰い手や買い手がつくまでに時間がかかれば保管する期間も長くなるため、早く処分したい方は注意が必要です。

メルカリを利用する場合は、販売作業(値段設定や写真撮影等)や買い手が現れれば梱包作業や配送手配等1人で行うことになります。利益の出る価格設定や段取等をすべて考慮しながら作業を進めるため、メルカリ初心者の方がパーテーションを出品するには、ハードルが高い作業が必要になります。

【パーテーションの処分方法⑥】施設に寄付する

施設に寄付するメリット
  • 施設先によっては費用がかからない
  • 集団生活が円滑にできる
  • 梱包する必要がない
施設に寄付するデメリット
  • 輸送費等がかかる場合がある
  • 条件が合わないと寄付出来ない場合がある
  • 運搬手段を考える必要がある

施設にパーテーションを寄付する場合は、直接持込むことができれば費用がかからず、処分が可能です。利用者が多くいる施設では、集団で行動することが多いため、パーテーションで仕切ることでプライベートの空間や目的に合ったスペースの確保ができ、必要としている施設ではパーテーションの役割が大きくなります。

しかし施設によっては寄付をする際に、直接持ち込めない場合は輸送費がかかる場合があります。条件の厳しい施設では受入れ自体が難しい場合もあり、処分ができない可能性もあるため、事前に寄付をする条件を確認しておきましょう。

直接施設に持ち込む場合は、運搬手段としてトラック等が必要になります。車からの荷下ろし等、並行して作業することになれば労力が必要になるので、しっかり段取りを考える必要があります。

【パーテーションの処分方法⑦】出張買取業者に依頼する

出張買取業者に依頼するメリット
  • 運搬する作業の必要がない
  • 自分の都合で業者に依頼できる
  • スマホやPC等でその場で依頼ができる
出張買取業者に依頼するデメリット
  • 査定がつかない可能性がある
  • 手入れや掃除が必要
  • 出張費等諸費用がかかる場合がある

出張買取業者へ依頼する場合は、その場で自分の都合に合わせて買取依頼ができるので気軽に手間なく利用できます。大きなパーテーションでも自宅に来てもらえれば運搬する労力もなく楽に買取査定ができますね。

しかしパーテーションは使用感が低く、状態のよいものに査定が付きやすいため、お手入れや掃除をしっかりしておく必要があります。買取業者の中には諸費用が別途かかる場合もあり、見積や査定内容等をしっかり確認しておく必要があります。

【パーテーションの処分方法⑧】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 自分の都合で処分をしてもらえる
  • パーテーション以外の不用品も処分してもらえる
  • 買取と処分が合わせてできる
不用品回収業者に依頼するデメリット
  • 信頼性が高い業者選定に手間がかかる

不用品回収業者でパーテーションの処分を依頼する場合、自分の都合に合わせて回収作業を行うため、スケジュール調整がしやすく便利に利用できます。さらに処分が可能な品目が種類が多いため、パーテーション以外の不用品もすぐに処分できることや、処分と同時に買取サービスも行っており、ショップの持込や出品の手続き等の手間なく効率的に処分と買取が合わせてできます。

ただし不用品回収業者は、信頼性の高い業者を選ぶ必要があり、選定作業が必要です。身近に存在する悪徳な業者に注意して、安心して処分のお任せができる業者の見極めができるよう、入念なリサーチが大切になります。

パーテーションの種類別の処分方法

パーテーションの種類別の処分方法

パーテーションはオフィスや飲食店、宴会場等多くの場所で使用されており、種類も様々です。サイズや材質によって役割や設置場所が変わり、処分の際には大規模な解体作業が発生する場合があります。

そこでパーテーションの種類別による処分方法を紹介します。簡易的なものから建築物となる大きなパーテーションの処分の違いを解説します。

ハイパーテーション(天井まで届く)

処分方法
  • 産業廃棄物処理業者へ依頼する
  • 不用品回収業者へ依頼する
  • パーテーション専門買取業者へ依頼する

天井から床面までしっかり区切ることができるハイパーテーションは、オフィスとして使用している場合、産業廃棄物となり、一般ごみとして扱うことができません。従って、廃棄するために必要な許可を得ている専門の業者の依頼が必要です。

ハイパーテンションは、アルミやスチール・ガラス等様々な原料を使用し、支柱とパネルからなる複雑な構造で施工されています。処分に必要な工程は、解体・排出・運搬・廃棄か再利用と手順が多く、高い専門技術が要求されるため、処分に関することは業者にお任せするのがベストです。

処分を依頼する際には、買取しやすいパーテーション(アルミ製やスチール製)や再利用が可能なハイパーテーションであれば、処分作業と買取が合わせてできる業者にお任せすると大変便利です。一貫した処分作業と高価買取が同時にできれば、処分にかかるコストの削減に繋がりますね。

ローパーテーション(天井まで届かない)

処分方法
  • 産業廃棄物処理業者へ依頼する
  • 不用品回収業者へ依頼する
  • オフィス用品買取業者依頼する

天井まで届かないサイズのローパーテーションは、支柱を床や天井に固定することなく設置ができるため、比較的解体作業が楽にできます。ミーティングや集中スペース等簡易的な場所を確保する場合に多く使用され、レイアウトの自由度も高く、好みに応じてスペースが作りやすいことが特徴です。

ローパーテーションは、簡易的な構造なためご自分での解体・処分が可能です。しかし解体作業の工程や手順が多く、材料も金属やガラス等分別や運搬・廃棄等の必要もあり大変手間がかかるため、作業的にはハードルが高くなります。

解体作業には危険性が伴うことや再利用できるものを粗末に扱うと傷や破損等の恐れがあり、資源としての価値が低くなります。従って処分作業がお任せできる専門業者へ依頼した方が、安全面や利用価値が維持することができるためおススメです。

卓上型パーテーション

処分方法
  • 自治体の不燃ごみや粗大ごみへ出す
  • メルカリやジモティー、出張買取業者へ依頼する
  • 不用品回収業者へ依頼する

卓上型パーテーションは、簡易的な作りであればご自分で解体や分別、運搬等が可能です。従って自治体の条件によって、不燃ごみや粗大ごみへの排出が可能となります。

状態が良いものや梱包しやすいサイズであれば、売却や譲渡等できる可能性があります。出品や登録が気軽にできるフリマアプリの検討してみてはいかかでしょうか。

不用品回収業者は、サイズの大きさや材質に関係なく回収処分が可能です。さらに解体や分別等の作業の手間なく、そのままの状態で処分が可能であり、最小限の労力で処分をしたい方はおススメです。

パーテーションの処分費用の平均

パーテーションの処分費用の平均

パーテーションはサイズや用途が多彩で、処分が必要なった場合、種類や設置場所によって処分方法が大きく異なります。そこで一番気になるのがパーテーションの処分にかかる費用ではないでしょうか。

ご自分が処分したいパーテーションの費用の相場を知っておくと、処分時のコスト削減に繋がります。本編では処分方法の違いによる費用の相場を解説します。

処分方法別費用の相場
  • 自治体の不燃ごみ:0円〜(指定ゴミ袋代がかかる場合があり)
  • 粗大ゴミ:200円~
  • 産業廃棄物:解体作業費1㎡¥1,500~+諸費用(搬出費・養生費・運搬費・廃棄処分費等)
  • 不用品回収業者:1枚当たり2,000-円~(材料やサイズにより違いあり)

簡易的な卓上型のパーテーションであれば、ご自分で解体や分別作業の手間はありますが、自治体の不燃ごみや粗大ごみへ排出すれば割安な費用で処分ができます。お住まいの自治体の条件を確認しておきましょう。

オフィスや施設等で使用されているハイパーテーションやローパーテーションは、サイズや使用している材料により費用が異なります。特に処分するために工程が多い施工型ハイパーテーションは、高い技術力が必要なため費用が高くなる傾向です。

不用品回収業者や産業廃棄物処理業者に依頼する際には、必ず見積の内訳をしっかり確認する必要があります。項目(解体~廃棄処分費・人件費等)は業者により差があるため、相見積を取る等費用の比較を行い、ご自分が納得された業者を慎重に選びましょう。

パーテーションを処分する際の注意点

パーテーションを処分する際の注意点

パーテーションを処分する際には、予め注意点を知っておくとスムーズに処分が可能です。本編ではご自分で処分する場合や専門業者に依頼する場合の処分時の注意点について解説します。

粗大ゴミとして出す場合は近隣の迷惑にならない場所に置く

自治体の戸別収集を利用してパーテーションを処分する場合、排出する置き場所に注意する必要があります。自治体のルールにもよりますが粗大ごみは、清掃員が分かる場所や指定収集場所に置いておくことが多く、サイズが大きいものは、交通の妨げになる可能性があります。

従って、パーテーションを戸別取集で処分する場合は、事前に置き場所を確認しておきましょう。また置き時間が長い場合、気象変化やいたずら等の可能性もあるので、置き方にも工夫をしましょう。

工具なしで無理やり解体しようとしない

再利用可能な材料からなるパーテーションは、ご自分で解体処分を行う場合は、利用価値を維持できるよう、工具等をしっかり使用して丁寧に解体しましょう。工具なしで力任せに解体を行うと、破損や損傷等の原因になり買取や売却する際に査定に大きく影響します。

またケガをする危険性にも注意が必要です。パーテーションによっては、ガラス製や鋭利な金属を使用している場合があるため、解体の際には扱いに充分注意してケガがないよう慎重に作業を行いましょう。

オフィスのパーテーションは産業廃棄物となるので注意

オフィスや法人等企業で使用しているパーテーションの処分は、産業廃棄物となります。従って一般ごみとして排出できないので注意しましょう。

産業廃棄物を処理する場合は、「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得した許可済業者に依頼する必要があります。依頼する場合は、業者のホームページや会社情報で必要な許可を取っているか事前に確認しておきましょう。

パーテーションを自分で解体・切断する方法(金属製のものを除く)

パーテーションを自分で解体・切断する方法(金属製のものを除く)

必要なもの
  • ドライバーまたは電動ドライバー
  • のこぎりや電動チェーンソー
  • 脚立

パーテーションを自分で解体・切断する場合は、手順の流れを把握や必要な道具を準備することが大切です。今回は、比較的簡単にできるプラスチック製のパーテーションの解体手順を解説します。

STEP.1
確認・準備
パーテーションの構造を確認し、必要な工具を準備します。
STEP.2
分解・解体
サイズによっては脚立を使用してパネルと脚を固定しているビスやネジを外し解体します。ビスやネジは無くさないよう保管しておきましょう。
STEP.3
分別・運搬
複数の材料からなるものは、分別しておきましょう。解体したパネルや脚となる部分を運搬し部屋から排出します。
STEP.4
切断、廃棄・または売却
再利用できないものは廃棄するため業者や自治体を利用して廃棄します。必要であれば工具を使って切断して廃棄しましょう。再利用できるものは買取業者へ依頼して査定をしてもらいます。

パーテーションの中には、解体や切断に大きな労力を伴い、ご自分で解体することが難しい場合があります。解体に高い技術を必要とする場合は無理をせず、専門の業者に依頼することをおすすめします。

注意点

工具や鋭利なパーツの取扱い等危険性が高い作業をする場合は、ケガがないよう安全面に気を付けましょう。また近隣への騒音にも配慮して解体作業を行いましょう。

パーテーションを手軽に処分するなら不用品回収業者へ

パーテーションを手軽に処分するなら不用品回収業者へ

古くなったパーテーション等処分が必要なった場合、処分する方法で迷っていませんか?必要な資格や許可を得た不用品回収業者であれば、パーテーションの処分を手軽に安心してお任せができます。

不用品回収業者は小さな単品回収や、事業や施設でのまとまった不用品の回収のプロであり、幅広い利用が可能です。そこで本編では、パーテーションをはじめ幅広い用途に対応した不用品回収業者をおススメする理由について解説します。

パーテーションの処分に不用品回収業者がおすすめの理由

不用品回収業者がパーテーション処分におすすめする理由
  • 即日対応が可能
  • 大量のパーテーションが一度に処分できる
  • 処分と同時に買取ができる

不用品回収業者は、見積~作業を開始まで即日対応が可能であり、最短30分で現地に伺える業者が多くあります。忙しい方や早く処分をしてもらい方、退去日時が迫った方等メールやLINEを使用すれば混み合うことなく、その場で予約や問合せ、簡単見積ができるため、大変便利です。

処分を依頼したいパーテーションが大量にある場合は、量に関係なく一気に処分をすることが可能です。片付けや処分回収のプロである不用品回収業者であれば、経験豊かで手際のよいスタッフが効率よく作業を行い、短時間で大量にあるパーテーションの処分をお任せすることができます。

処分したいパーテーションが再利用が可能であれば、処分と同時に買取ができる不用品回収業者がおすすめです。作業費用から買い取った価格を相殺できれば、お得な費用で処分が可能になりますね。

パーテーションの処分は「不用品回収センター」へ

不用品回収センター

不用品回収センターでは、パーテーションの解体~廃棄処分まで一貫した作業での処分が可能です。経験豊富な自社スタッフが、手際よく丁寧な作業を行うため安心してお任せができ、年間50,000件以上もの実績を達成しています。

また不用品回収センターでは、処分と並行して買取が可能です。再利用できるものであれば、独自の買取システムにより、お客様に最大限還元できるよう高価買取を実施しています。

買取ったものは、その場で作業費用からお値引きしますので、処分にかかるコストの削減が可能です。作業費用や買取額に疑問や気になる点があればお気軽にご相談ください。

さらに不用品回収センターは、パーテーション以外にも多品目の処分が可能です。家庭で使用する日用品や家電、オフィス用品、楽器類等ほとんどの品目に対応しているため、まとめて一気に処分したい方には大変便利にご利用いただけます。

パーテーションの処分に関する疑問に回答

パーテーションの処分に関する疑問に回答

パーテーションは種類や設置場所によって、処分する方法が大きく異なります。従って処分を検討しているご自分のパーテーションについてさらに知りたいことがある方も多いでしょう。

そこでパーテーションの処分に関してよくある質問・疑問について詳しく解説します。パーテーションの処分について必要な知識がつくと、お得に処分することが可能です。

パーテーションは売れないって本当?

パーテーションの役割は、間仕切りすることにより、プライベート空間を確保することや、視界を遮り集中力を高める等重要な存在であり、特にオフィスでは欠かせない用品です。最近では感染対策の一環として、さらに設置している場所が増えましたね。

従って、パーテーションの種類によっては、需要が見込める製品であり、材質、状態、再利用の有無等売れる条件が揃えば高価買取が期待できます。高く売れるパーテーションの一例として、耐火性など機能的なものやアルミ製、スチール製の耐久性が高く再利用しやすい製品は、需要が高いパーテーションです。

また、買取先をしっかり選ぶことが重要です。オフィス用品を専門に扱う買取業者であれば、これから事業を始める方でパーテーションや事務用品等の購入費用を安く抑えたい方の需要が見込めるため、高く買取できる可能性が高くなりますね。

パーテーションが高く売れる処分時期はある?

パーテーションは、季節を問わず使用できる製品のため、電化製品や衣類のような高く売れる時期は少なく、1年を通してコンスタントに買取を行っています。しかし新型コロナ感染対策等、パーテーションの役割が大きくなると需要が一気に高くなります。

従って世の中の動きに伴い、パーテーションの需要が高まる時期を予測できれば、高い買取価格で処分できる可能性があります。常に買取を行うタイミングについて意識をすると高価買取がしやすくなるでしょう。

パーテーションの寿命や処分時期は?

パーテーションの寿命や耐久年数は種類によって異なるため、ご自分が処分したいパーテーションの種類を確認しましょう。飲食店等で見かける簡易的なパーテーションは寿命は約3年となっています。

設置や移動が簡単にできる分、耐久年数は短めです。オフィス等で見かけるハイパーテーションやローパーテーションは安定感があり、耐久度を高めた金属等を使用しているため、耐用年数は約15年です。

但し材質や設置場所、使用条件等により寿命は大きく異なります。あくまでも1つの目安として考えておきましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】パーテーションの処分方法

【まとめ】パーテーションの処分方法

パーテーションは、一般家庭で使用しているものから、オフィスや施設で設置されているものまで、種類と役割が多い品目です。特に新型コロナウィルス感染対策の際には、飛沫防止効果の役割で需要が一気に高くなりました。

しかし経年劣化やオフィスの閉鎖等処分が必要なった場合は、正しい方法で行う必要があります。必要な認可をされている不用品回収業者であれば、産業廃棄物となるパーテーションから簡易的なパーテーションまで一貫した作業で処分が行えます。

また買取を同時に行っている不用品回収業者を選べば、再利用ができる物は即時に買取を行い、処分費用のコスト削減が可能です。効率的に素早く処分したい方やお得な費用で処分を考えている方は、ぜひ不用品回収業者を検討してみてはいかかでしょうか。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る