ヘッダーCTA

レンガの適切な処分方法6選|処分にかかる費用や業者をおすすめする理由についても解説します

レンガの適切な処分方法6選|処分にかかる費用や業者をおすすめする理由についても解説します
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
花壇を作るためにレンガを使ったけど、引越しするし処分しないと・・・どうやって処分しよう。
お客様
レンガって住んでいる自治体で処分できるのかな?一番簡単な処分方法はなんだろう。

家での生活を充実させるため、レンガやブロックを使用してガーデニングやDIYを行うと、おしゃれな庭や装飾ができ、とても素敵ですよね。しかし、レンガやブロックは屋外で使用することが多く、経年劣化がしやすいため、いざ処分が必要なときに、処分方法に戸惑います。

レンガは個々の重量があり重い他、処分したいレンガが大量にある場合は占有する面積も広くなり、外観に影響を及ぼします。また、耐火性のある素材で燃えにくく、再利用も難しい厄介な資材です。

そこで今回は、レンガやブロックの正しい処分方法について解説します。処分する方法には、メリット・デメリットがあるため、自分に合った方法で正しく処分を行いましょう。

レンガやブロックの処分方法6選

レンガやブロックの処分方法6選

レンガやブロックは耐火性や断熱性、耐久性等の資材として優れた性能があり、最近では一般家庭にガーデニングやDIY等に使われることが多く需要も高くなっています。しかし劣化や割れ等処分が必要になったレンガは「建築資材」として、建築廃棄物の扱いとなり、決められた方法にて処分を行う必要があります。

では、廃棄物扱いとなるレンガやブロックの処分は、簡単に処分ができるのでしょうか?そこで本編では、廃棄物となるレンガの正しい処分方法について6選紹介します。

レンガやブロックの処分方法6選
  • 自治体にて不燃ごみや粗大ゴミとして捨てる
  • ジモティなどで引き取り手を探す
  • 自治体指定の産業廃棄物運搬業者に処分してもらう
  • 不用品回収業者に処分を依頼する
  • 自治体のごみ処理施設に直接持ち込む
  • 購入したお店・ホームセンターに引き取ってもらう

自治体にて不燃ごみや粗大ゴミとして捨てる

自治体を利用してレンガやブロックを処分する場合は、まずお住まいの地域の公式ホームページ等でレンガ処分自体が可能なのかを確認する必要があります。建築廃棄物となるレンガは、自治体によっては指定処理施設での処分が難しいため処理困難物となることが多く、どうしても自治体で処分できない場合は、別の方法を考えなくてはなりません。

ただし粗大ごみや不燃物として処分することができる自治体もあり「横浜市」では、週2回の不燃ごみとして処分が可能です。横浜市でレンガを処分する場合の費用はかかりませんが、粗大ごみ扱いや処分ができない地域の方は、費用がかかるので確認しておきましょう。

MEMO

レンガの処分が可能な横浜市では、不燃ごみには必ず廃棄物やごみ等をわかりやすく明記する必要があるので、レンガの処分が可能な自治体の方は、ルールに従って正しく排出しましょう。

ジモティなどで引き取り手を探す

ジモティーはスマホ等で登録・出品を行うと、お住まいの地域の方に出品したものを、必要性の高い方に無料で譲ることができる便利な制度です。レンガはガーデニングやDIY、ハンドメイドの材料として需要が高く人気があり、少量から気軽に出品が可能で、譲りやすい資材でもあります。

しかしまとまった量になると重量が重く、持ち運びが困難になるので車等を使用するなどの運搬手段を考える必要があります。また出品登録後、引取り手が現れない場合は、処分が難しいことがあることも考慮しておきましょう。

MEMO

レンガが必要な方と直接やりとりするので、トラブルなく気持ちの良い取引ができるよう心掛けましょう。

自治体指定の産業廃棄物運搬業者に処分してもらう

自治体でレンガを処分できない地域にお住まいの方は、自治体で許可を得ている「産業廃棄物運搬業者」に処分してもらえる方法があります。まずは自治体ホームページや自治体に問い合わせを行い、お住まいの許可業者を紹介してもらいましょう。

費用については、1㎡当たり(約50個分)9,000円~20,000円となり別途出張費や輸送費が必要な場合があります。処分するための費用は必ずかかりますが、確実で安全性の高い方法で処分をしたい方にはおすすめです。

MEMO

処理日は直接運搬業者との相談で決まるので、ご自分の都合でスケジュールは決められないので注意しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者でレンガを処分する場合は、大量で重いレンガでも運搬をする必要はなく、その場で回収することができます。また即日回収が可能な業者であれば、自分のスケジュールに合わせて効率的に素早く処分ができるので忙しい方には大変おすすめです。

しかし不用品回収業者は、レンガの処分を安心してお任せができる業者を選ぶ必要があります。業者の処分費用については、レンガ単品での回収になると、1個200円~とやや割高傾向です。

また不用品回収業者はサービスの内容や特徴に大きな違いがあります。従って事前のリサーチを慎重に行い、ご自分が納得できる業者の目星をしっかり立てることがポイントとなります。

MEMO

不用品回収業者を検討する場合は悪徳な業者の依頼を避けるため、必ず書面にて見積提出を依頼し、内容をしっかり確認してから利用するようにしましょう。

自治体のごみ処理施設に直接持ち込む

自治体のごみ処理施設へ、処分したいレンガを持込むことができる地域の方は、ご自分で荷下ろしをする必要がありますが処分ができます。自治体によって条件があり、公式ホームページを確認しておくと安心です。

「さいたま市」においては、レンガは粗大ごみ扱いとなり、戸別収集と処理施設への持込が可能です。ただし処分する際には、1回に排出する量が決められており、戸別収集が4個、直接持込む場合はつ10個と制限があるため、ルールに従って処分をしましょう。

またさいたま市での処分費用については、戸別収集が1個につき550円、直接持込む場合は100㎏まで無料となります。

不用品回収スタッフ
大量に処分したいレンガがある場合は、数回に分ける等指示に従って正しい処分を行いましょう。

購入したお店・ホームセンターに引き取ってもらう

園芸店やホームセンター等では、素敵なガーデニンググッズ等が販売されており、レンガも気軽に購入することができ便利です。一部のお店では不用品の引取りサービスを実施している店舗もあるため、処分したいレンガがあれば問い合わせをしてみましょう。

しかしレンガを取り扱うホームセンターでは基本、販売を目的にしている店舗が多く、引取りを実施していないショップがほとんどです。また、購入したことを証明するレシートや領収書等が必要なショップがあり、事前に必ず条件や費用等の確認を行ってから引取りを行うとスムーズに手放すことができます。

注意点

多品目を扱うニトリでは、直接店舗への持込による引取りは実施しておらず、購入した配送商品の同容量もしくは同数量であれば4,400円で引取りが出来る等限定条件を設けています。購入したショップに引き取りを依頼する場合は、事前に引き取りの有無や費用等の確認してから行いましょう。

レンガの処分費用

レンガの処分費用

産業廃棄物として扱われるレンガは、処分する方法によって費用が大きく異なります。まずはご自分で処分したいレンガの量を把握しておきましょう。

捨て方 状態の良いレンガ 状態が悪いレンガ
産業廃棄物処理業者 1㎡当り¥9,000~(別途輸送費・出張費かかる場合あり) 1㎡当り¥9,000~(別途輸送費・出張費かかる場合あり)
リサイクルショップ 店舗により異なるため要問合せ 処分不可
ジモティ・メルカリ 無料~数百円(送料・梱包量等) 引取りや買取手がつかない可能性がある
専門店・ホームセンター 店舗に要相談 店舗に要相談
不用品回収業者 1個あたり¥200~¥400 1個あたり¥200~¥400
自治体 無料~1個あたり数百円(数量等条件あり) 無料~1個あたり数百円(数量等条件あり)

自治体でレンガを処分できる地域の方は、割安な費用で処分が可能です。ただし数量等の排出制限や自分で運搬する、処理券を準備する等の手間がかかかることを考慮しておく必要があります。

少量で処分や売却をする場合は、リサイクルショップやフリマアプリがおススメです。しかし梱包や運搬作業の手間の他、状態が悪い等買い手や引取り手に不利な条件があると売却や引取りができない場合があるので注意しましょう。

大量にレンガを処分する場合は、産業廃棄物専門業者や不用品回収業者への依頼がおすすめです。産廃業者は1㎡当りでの料金表示が多く、1㎡あたり約50個とすると1個あたり¥180~となりますが、別途出張費や輸送費がかかる場合があるので、しっかり見積を提出してもらいましょう。

不用品回収業者は、運搬等の手間はかかりませんが、単品での回収費用は割高傾向にあります。ただし料金設定やサービスの内容は業者によって大きな違いがあるため、相見積を取る等事前に費用の比較をしっかり行えば、お得になるケースがあります。

レンガやブロックの処分に不用品回収業者がおすすめの理由

レンガやブロックの処分に不用品回収業者がおすすめの理由

レンガやブロックは、大変個々の重量が重いため、運搬をするためには大きな労力を必要とします。さらに自治体で処分ができない地域の方は処分に困りますよね。

そこでおすすめしたいのが不用品回収業者であり、業者のメリットやデメリットを知ることによって、便利に利用できます。本章では具体的なメリットについて紹介します。

不用品回収業者の利用がおすすめの理由
  • 古いレンガでも回収してもらえる
  • 1度で大量にレンガを処分できる
  • レンガ以外の不用品も一気に処分できる
  • 最短即日で回収してくれる業者も多数ある

【メリット1】古いレンガでも回収してもらえる

メリット1つ目は、古いレンガも回収してもらえることです。不用品回収業者は、状態の良し悪しに関わらず、お客様が処分してもらいたいレンガをはじめ不用品のほとんどが、処分が可能な品目になります。

特にレンガは屋外での使用が多く、経年劣化しやすいため割れや風化が進みやすい資材です。また積み上げている古いレンガの処分にはかなり手間と時間がかかり、自分で行うには大きな労力が必要になります。

不用品回収業者は古いレンガを砕いたり、サイズ等を変えることなくそのままの状態で処分できます。

不用品回収スタッフ
手間がかからず処分できるのは大きなメリットになるでしょう。

【メリット2】1度で大量にレンガを処分できる

メリット2つ目は、1度で大量にレンガを処分できることです。レンガの処分が可能な自治体では、1回で処分するレンガの個数に制限を設けており、大量に排出する場合は数量を分ける等時間をかけて処分を行う必要があります。

不用品回収業者であれば、レンガの量に関係なく1度で回収処分が可能です。また大量のレンガは重量があり運搬作業に大きな労力を必要としますが、経験豊富なスタッフが効率よく作業を行うので、素早く処分することができ大変助かります。

景観に影響を及ぼす不要なレンガが大量にあると、お庭も荒れてしまいますよね。不要なレンガが無くなればお庭の手入れも更に楽しくなるでしょう。

【メリット3】レンガ以外の不用品も一気に処分できる

メリット3つ目はレンガ以外の不用品も一気に処分できることです。レンガ以外で家で使わなっくなった不用品の処分の困っていませんか?

不用品回収業者は回収品目の種類が多く、自治体では処分できない家電リサイクル該当家電やパソコン、自転車等の処分が可能です。居住する空間に不用品が溢れていてはストレスが溜まりテンションが下がりますが、不用品が一気に片付けば、すっきりして気持ちも前向きになりますよね。

また費用面において、業者の料金設定はパック料金を採用している業者が多くあります。パック料金は、レンガのみの単品回収と比較すると、トラック積み放題等積み込む容積に対してのセット料金になるため、お得になるケースがあり、短時間の片付け作業とお得な費用がセットになると大きなメリットに繋がります。

【メリット4】最短即日で回収してくれる業者も多数ある

メリット4つ目は最短即日で回収する業者が多いことです。自治体でレンガや不用品を処分する場合は、収集する日程や、処理施設の受付時間内に持ち込むなど日時に制限があり、処分するまでの待機期間が長くなる場合があります。

不用品回収業者であれば、見積依頼から作業開始まで即日回収や最短30分にて現地にお伺いできる業者が多数あり便利です。また深夜や早朝の時間帯での作業も可能なため、日時に余裕がない方でも、お客様の都合に合わせて日程が決められので、焦ることなく安心して活用できます。

さらに不用品回収業者では、その場でLINEやメール等を使用して予約申込が可能であり、電話で混み合うことなくスムーズな対応が出来ます。処分する指定日時がある方や忙しい方には、大きな味方になる頼もしい存在となるでしょう。

レンガやブロックの処分に不用品回収業者を利用するデメリットはある?

不用品回収業者を利用するデメリットはある?

不用品回収業者でレンガやブロックを処分する場合は、メリットを生かして賢く利用したいところです。しかし知っておくべき注意点やデメリットがあることも事実です。

依頼する前に注意するデメリットを知っておけば、身近にあるトラブルも回避することができるでしょう。本章は注意すべき不用品回収業者のデメリットを紹介します。

不用品回収業者を利用するデメリット
  • レンガの処分には費用が発生する
  • 利用する業者の見極めが必要

【デメリット1】レンガの処分には費用が発生する

デメリット1つ目は、レンガを処分するには必ず費用が発生することです。自治体で不燃物としてレンガを処理できる地域の方は、費用がかからず処分することができます。

しかし自治体で不燃物として処分できる地域は、全国でごく一部と限られており、ほとんどん自治体は処分自体ができず、無料で処分することが難しい現状があります。従ってレンガを処分するには、ほとんどの方が費用を伴うということになります。

不用品回収業者の場合は、回収作業に伴う費用が必ず発生しますが、重いレンガの運搬作業や分別作業の手間がなく楽に処分が可能です。肉体的作業が小さな労力に変われば必要経費と捉えることができ、不用品回収業者は大変便利な存在となるでしょう。

【デメリット2】利用する業者の見極めが必要

デメリット2つ目は、利用する業者の見極めが必要なことです。不用品回収業者には、一部に悪徳な営業をしている業者があるので、信頼性の高い業者をしっかり選ぶことが大切です。

悪徳業者の特徴は、無料を謳って近隣をトラックにて徘徊することや、チラシをばら撒く等の特徴があります。さらには、無許可で営業している、所在がハッキリしていない、見積を書面にて提出せず作業後に高額な請求を行うなど金銭的なトラブルに発展するケースがあり注意が必要です。

不用品回収業者を検討する場合は、事前に業者のホームページ等で、口コミ内容や作業実績、料金体系、スタッフの対応等の確認を行いましょう。

不用品回収スタッフ
自分に合ったサービスが利用できる業者を見極めると、安心して処分回収のお任せができますね。

レンガを処分する際は「不用品回収センターへ」

レンガを処分する際は「不用品回収センターへ」

レンガを簡単に処分したい場合は、「不用品回収センター」の利用をおすすめします。利用するメリットや特徴を紹介していきます。

不用品回収センター

不用品回収センターを利用するメリット
  • わかりやすい料金設定
  • 24時間365日対応している
  • 買取も実施中

不用品回収センターでは、自治体では処分が難しい大量のレンガがある場合、量の制限なく一気に処分回収を行っています。個々の重量が重く扱いにくいレンガの処分は、ご自分で行うと大きな労力が必要ですが、不用品回収センターでは経験豊富なスタッフが効率よく作業が行うため、安心してご利用いただけます。

費用においては、お客様にわかりやすいパック料金を採用し、合わせて買取キャンペーンも実施中です。パック料金は、他社で追加費用となる出張費や取外し作業等すべて含まれた価格で、見積後の追加費用の発生がありません。

買取については、まだ使用できそうな製品や需要のある製品は、その場で買取査定を行い、作業料金からそのままお値引き致します。多品目の買取が可能ですので、お得な費用での処分が可能です。

不用品回収センターでは24時間365日いつでも受付対応を行なっています。お急ぎの方や処分日程が迫った方、深夜や早朝等の作業にも対応できますので、お気軽にご相談ください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】レンガの処分方法

レンガの処分方法

レンガやブロックはガーデニングやDIY、ハンドメイド等の需要が高く人気があり、ホームセンター等で安価で気軽に購入できる製品です。しかし処分が必要になった場合は、産業廃棄物扱いとなるため、正しい処分方法で行わなければなりません。

自治体を利用して不用品を処分している方が多いですが、廃棄物のレンガの処分を実施している自治体は、残念ながらごくわずかで、処分が難しいのが現状です。一方不用品回収業者では、古く状態が悪いレンガや大量で重たいレンガであっても運搬や分別作業の手間なく処分できます。

また目につきやすく、外観に影響を及ぼすレンガは、早く処分してスッキリしたいところです。不用品回収業者はお客様の都合に合わせてスピーディーな処分が可能ですので、便利に利用して景観のよい快適なお家を手に入れましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る