ヘッダーCTA

ワインセラーは粗大ゴミとして捨てられない?正しい処分方法をご紹介

ワインセラーは粗大ゴミとして捨てられない?正しい処分方法をご紹介
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
ワインセラーの処分方法に悩んじゃう…
お客様
ワインセラーって自治体の粗大ゴミで引き取ってもらえるのかな?

ワインセラーはワインのために設計された貯蔵庫で、冷蔵庫と違って温度、湿度を一定に保ちワインを良い状態に保てるという特徴があります。形状もデイリーワインを貯蔵する小型タイプから12本以上のケースワインに対応したタイプまで幅広く販売されています。

ワインセラーは電化製品なので長く使っているうちに壊れるなど劣化したら、買い替えや処分が必要になります。今回は、家庭で不用になったワインセラーの処分方法を紹介します。

【結論】ワインセラーは戸別収集で処分できない

【結論】ワインセラーは戸別収集で処分できない

とても大切なことなのではじめにお伝えしますが、ワインセラーは家電リサイクル法対象品です。家電リサイクル法対象品はテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4品目で、生活環境保全のためリサイクルすることが決められています。

ワインセラーは冷蔵庫と同等の扱いとなり自分で粗大ごみとして捨てることはできません。自治体では粗大ごみの戸別収集を実施していますが、ワインセラーがいくら大きくても粗大ごみでだせませんのでご注意ください。

ワインセラーの処分方法6選

ワインセラーの処分方法6選

では、自治体では処分できないワインセラーをどのように処分すればよいでしょうか。家電リサイクル法対象品目は自治体が実施するリサイクルに出す買い替え時に購入店に回収してもらうなどの方法があります。まだ使える品であれば人に譲ったり、売却することも可能です。

ワインセラーの処分方法について具体的に紹介します。

ワインセラーの処分方法6選
  • 自治体指定のゴミ処理場に持ち込む
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • メルカリやジモティで買い手を探す
  • 知人や友人に譲る
  • 販売店に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に回収してもらう

自治体指定のゴミ処理場に持ち込む

ひとつめは自治体のゴミ処理場に持ち込むという方法です。ごみ処理場は家庭で出たごみの持ち込みを受け付けていますが、施設によっては家電リサイクル法対象品目の持ち込みを許可していないことがありますので事前に確認しておきましょう。

ごみ処理場以外には自治体で家電リサイクル受付センターなどを設置して引き取りをしている地域もあります。自治体でのワインセラーの引き取り費用は、リサイクル料含めて3,740〜4,730円程度です。

持ち込みの流れは、基本的に自分でゴミを持ち込んで処理手数料を支払えば完了です。ただし、ゴミの種類によって処理場が違うので他の粗大ゴミと併せて処分する場合は事前に分別が必要です。

リサイクルショップに買い取ってもらう

まだ使えるワインセラーであればリサイクルショップで買取りしてもらうことができます。リサイクルショップはジャンルを問わず何でも買取りしてくれるお店から、家電や服の専門店まで様々な店舗があります。

例えば、ワインセラー買取専門店をしているFirstHandsでは問合せ後に査定、集荷して買取り額の入金がされます。買取り額は数万〜数十万円と幅広く、製造年が新しかったり状態の良い人気メーカーなどは高く買取りしてもらえます。

査定額は店舗によって違いますので数社から査定してもらって決めてもよいでしょう。

メルカリやジモティで買い手を探す

売却方法としては、メルカリやジモティーなどのアプリ・サイトで買い手を探す方法もあります。写真を撮って投稿するだけなので出品は簡単です。

値段は自分で決められ高価売却も可能です。手数料・配送料がかかるのでマイナスにならないように値段を設定したいですね。

傷や状態の悪さが後でわかるとトラブルになりますので、年式や型番、傷や擦れの写真などは詳細に載せましょう。また、買取希望者とメッセージで送料の負担や発送方法、商品の状態をしっかり確認しトラブルにならないように注意しましょう。

知人や友人に譲る

捨てるのはもったい場合は、知人や友人に声をかけてみてはいかがでしょうか。実は一定の温度を保てるワインセラーはワイン貯蔵以外にも人気があります。

ワイン好きの人だけでなく、植物や昆虫の育成やカメラレンズの保管などにワインセラーを活用する方がいらっしゃいます。身近な人に話をしてみて欲しければ譲るだけなので、処分費用がかからず相手にも喜んでもらえる方法です。

車があれば運んでもよいですし、取りに来てもらってもさほど迷惑にはなりませんので配送料をかけずにすみますね。

販売店に引き取ってもらう

古いワインセラーは販売店に引き取ってもらうことができます。例えばヤマダ電機では家電リサイクルの回収をしています。

最寄りのヤマダ電機店舗に持ち込めばリサイクルしてくれます。買い替えの場合は商品配送・設置時に古いワインセラーを回収してくれるので購入時に引き取りも申込みましょう。

リサイクル料金と収集運搬料の支払いは現金になりますので、申込み時に品種・サイズを確認して現金を準備しておくと配送時に慌てないですみます。家電リサイクル法対象品は家電量販店以外の販売店でも回収してくれるのでお近くの販売店に相談してみましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

家から運び出せないワインセラーは不用品回収業者に依頼すると家まで回収にきてくれます。スタッフが設置場所から搬出してくれるので手間も省けます。

不用品回収業者を利用する際には費用がかかりますが、買取りサービスをしている業者であればまだ使える品の買取りをしてくれるので処分費用を抑えることができます。もし、査定がつかなかった場合でも必ず回収してくれるので、ワインセラーを処分する期日が決まっている人や忙しくてなかなか処分ができない人でも確実に処分できる方法です。

不用品回収スタッフ
重たいワインセラーから小さいものまで、不用品回収センターなら専門のスタッフが搬出から全て行います!即日でも対応しているので、まずはお問合せください。

ワインセラーを高く売却するポイント

ワインセラーを高く売却するポイント

ワインセラーを売却するのであればできるだけ高く売却したいですよね。少しでも査定額をあげるにはポイントがありますのでご紹介します。

高く売却するポイント
  • 付属品も揃えて売却する
  • 汚れがないように綺麗に拭きあげる
  • 高い金額での売却ば見込めるなら、修理してから売却する

ひとつめは付属品を揃えるということです。取扱説明書や予備の棚など購入時に付属品していたものが全て揃っていると新品に近い印象を与えます。

もうひとつのポイントは、きれいに掃除をするということです。ほこりや汚れを拭き取るだけでなく小さな傷なども消しておくと品物の印象が変わります。

壊れている場合でも修理にだしてから査定してもらうと買取りしてもらえるかもしれませんよ。売却する場合はできるだけ状態の良いものを出品しましょう。

不用品回収スタッフ
メーカー保証がまだあるワインセラーについても高額売却をしてもらえる可能性があるので、保証書も併せて確認しましょう。

ワインセラーを処分する際の費用相場

ワインセラーを処分する際の費用相場

ワインセラーは家電リサイクル品なので処分する際にはリサイクル料金がかかります。ワインセラーを処分する際の費用相場は下記のとおりです。

家電リサイクルセンター 3,740〜4,730円程度
メルカリに出品する 1,700〜33,000円程度(たのメル便)
家電量販店に引き取ってもらう 5,000〜8,000円前後
不用品回収業者を利用する 8,000~10,000円前後

メルカリでは梱包と発送をお任せできる『たのメル便』というサービスがあります。サイズにより費用の幅はありますが、ワインセラーのような大型の品物の発送に便利です。

不用品回収業者は単品では割高ですが、トラック積み放題パックを利用すると料金はさほど変わらず他の不用品も一緒に処分できるのでお得です。買取りしてもらえば費用がさらに安くなりますよ。

不用品回収スタッフ
少しでも安く業者に回収を依頼したい方は、不用品回収センターのLINE見積もりをご利用ください。

売却できないワインセラーの特徴

売却できないワインセラーの特徴

売却できないワインセラー
  • 壊れて使用できない
  • 傷や汚れが目立つ
  • 耐用年数を超えている

壊れて使用できないワインセラーは買取りに出しても査定がつきませんので売却したいのであれば修理をしてから査定してもらいましょう。傷や汚れがひどい品物も査定されませんし、フリマアプリに出しても買い手が見つからないことが多いです。

フリマアプリに出品するのであればきれいに掃除してから写真を投稿しましょう。また、内部や背面・品番のラベルなどの写真も撮影しておくと商品の状態が分かりやすいです。

古いワインセラーは状態がよくても買取りされません。品物の耐用年数を超えていると査定額がつかないので他の処分方法を検討した方が良いでしょう。

ワインセラーを処分する際の注意点

ワインセラーを処分する際の注意点

処分する際の注意点
  • 粗大ゴミには出せない
  • リサイクル料金がかかる
  • 売却するならきれいに掃除する

ワインセラーを処分する際に注意しておきたいことは粗大ゴミに出せないということです。戸別収集や自治体のゴミ収集に出しても収集されませんので、計画的に処分する必要があります。

家電リサイクル法品目であるワインセラーは処分にリサイクル料金がかかります。販売店や業者に回収を依頼する際には、運搬費や収集費が別途かかりますので見積もりを確認してから回収してもらいましょう。

売却すれば処分費用を抑えられますが、良い状態の品でなければ査定されません。日頃から傷や汚れはきれいに掃除して新品に近い状態を保つことが大切ですね。

ワインセラーを簡単に処分するなら「不用品回収業者」へ!

ワインセラーを簡単に処分するなら「不用品回収業者」へ!

ワインセラーを簡単に処分したいのであれば不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者は不用になった品を家まで回収にきてくれる業者のことです。

電話一本ですぐに見積もりを出して回収にきてくれるので大型のワインセラーでも簡単に処分できます。不用品回収業者を利用する際のメリットについてお伝えします。

不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリット
  • 即日回収にきてくれる
  • 搬出・解体作業もおまかせできる
  • 他の不用品もまとめて処分できる

不用品回収業者にワインセラーの処分を依頼すると、最短でその日のうちに回収にきてくれます。土日祝日、早朝・夜間帯の回収も可能なので日中忙しい人やすぐに処分したい人におすすめです。

1人では運べない大型のワインセラーでもプロのスタッフが家からの搬出をしますので、壁や床を傷つける心配はありません。損害賠償に加入している不用品回収業者であればより安心ですね。

不用品回収業者を利用する場合はワインセラー以外にも処分したい品があればまとめて回収してもらうことが可能です。引越しや遺品整理にも便利ですよ。

不用品回収業者センターの特徴

不用品回収センター

特徴 ワインセラーの即日回収買取ができる不用品回収業者
料金 4,800円(税込)/WEB割引SSパック~
回収可能な不用品 家電・家具・日用品など
買取制度 高価買取あり
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

ワインセラーを手間なく処分したいのであれば不用品回収センターにぜひお任せください。不用品回収センターは全国に拠点をおく年間実績50,000件以上の信頼できる不用品回収業者です。

土日祝日・早朝夜間帯の回収にも対応しており、回収日の日時指定も可能です。電話一本いただければ各地で待機しているスタッフが最短30分で回収に伺います。

ワインセラー単品から引越しの際に出た大量の不用品まで、幅広い料金体系をご用意していますのでいつでもご相談ください。

最大14,200円お得になるWEB割引キャンペーンも実施しています!

不用品回収スタッフ

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】ワインセラーは「不用品回収センター」で手軽に処分しよう!

【まとめ】ワインセラーは「不用品回収センター」で手軽に処分しよう!

ワインセラーは処分方法に悩む家電のひとつです。品物の状態が良ければ買取りしてもらえますが、状態の判断はプロに査定してもらうまでわかりません。

処分するか買取りしてもらうか迷ったら、出張見積もり無料の不用品回収センターにご連絡ください。プロの査定で高く買取りしている不用品回収センターなら、買取りできなくてもその場で回収しますのでその日のうちにワインセラーを処分できます。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

不用品回収スタッフ
不用品回収センターでは電話、メールでのご相談も24時間年中無休でお待ちしています!

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る