ヘッダーCTA

使わなくなった三輪車を適切に処分する方法7選!売却する際の確認ポイントと注意点も解説します

使わなくなった三輪車を適切に処分する方法7選!売却する際の確認ポイントと注意点も解説します
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

小さいお子さんがいる家庭にはどこにでもある三輪車ですが、子供が大きくなって使わなくなった後は処分に困っている家庭も多いようです。本記事では、使わなくなった三輪車を処分する方法や費用などについてまとめています。

自宅に不用になった三輪車があって処分に困っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

三輪車を処分する前に知っておきたい情報

三輪車を処分する前に知っておきたい情報

子供向けの三輪車は、数千円で買えるものから海外製の10万以上するものまであり、大きさやつくり・耐久性も様々です。本項目では、三輪車を処分する前に知っておきたい情報について2つ紹介しています。

三輪車の耐久年数は?

子供向けの三輪車は、子供の年齢が2歳~6歳くらいの間に使用することが多いです。三輪車を家の中だけで使用していた場合は、あまり汚れることもなく数年は持ちますが、屋外での利用が多く保管場所も外だった場合、劣化が早くなってしまいます。

また、数千円で手に入る三輪車は子供が乗ることを想定しているため、使用されているフレーム類も細く子供の体重以上の荷重には耐えられません。安価な三輪車に比べて海外製の三輪車は耐荷重が75kgというものもあり、大人でも乗ることが可能です。

三輪車の種類や保管状況によって、耐久年数は数年~10年以上と差が出てくることが考えられます。

三輪車の劣化しやすい箇所

三輪車で一番劣化しやすい箇所は、ペダルの部分です。三輪車の中でペダルは一番動かす部分であり、多くの三輪車ではペダル部分にプラスチックの部品を使用しているため、屋外保管での劣化も出やすい部分になります。

他にも、子供を三輪車に乗せて親が押す際に使う手押し棒も、劣化して破損しやすい箇所です。力が加わりやすい箇所やプラスチックの部品が使われている箇所が、三輪車の劣化しやすい箇所だと言えるでしょう。

三輪車の処分方法7選

三輪車の処分方法7選

子供が大きくなり使わなくなった三輪車を処分したいときには、どのような方法があるでしょうか。本項目では、三輪車の処分方法を7つ紹介します。

三輪車の処分の際に、費用を優先するのかそれとも楽に処分できることを優先するのかによって、おすすめの処分方法は変わってきます。三輪車を処分するときには、自分の目的に合った処分方法が見つかるように、ぜひ本項目を参考にしてください。

【三輪車の処分方法①】自治体で粗大ゴミとして処分する

三輪車を処分する方法として、最初に思い浮かぶのが自治体で粗大ゴミとして処分する方法だといえます。いずれの自治体でも、粗大ゴミの受け入れは行っているので、タイミングが合えばあまり費用をかけずに三輪車を処分できるでしょう。

自治体の粗大ゴミとして捨てる手順

三輪車を自治体で粗大ゴミとして処分する場合の手順は、以下の通りになります。お住まいの自治体によって様々な方法があるので、本記事では東京都千代田区の例を掲載しております。

実際に自治体で三輪車の処分をする場合には、自身のお住まいの自治体のホームページなどで手順について再度確認の上、処分をされますようお願いします。

STEP.1
粗大ごみ受付センターで予約する
粗大ゴミの受付には、インターネット・チャットボット・電話の3種類の予約方法があります。好きな方法で、粗大ゴミの事前予約を行ってください。
STEP.2
有料粗大ごみ処理券を購入する
粗大ゴミの予約時に指定された金額の有料粗大ごみ処理券を、前もって購入しておきます。有料粗大ごみ処理券は、千代田区有料粗大ごみ処理券取扱所または区内の主なコンビニで購入できます。
STEP.3
有料粗大ごみ処理券を粗大ゴミに貼り付ける
千代田区の場合、三輪車の処理料金はA券200円です。千代田区有料粗大ごみ処理券を、粗大ゴミに貼りつけます。
STEP.4
指定日に出す
予約の際に指定された日に、自宅前かマンションの指定の場所に粗大ゴミを出します。

【三輪車の処分方法②】メルカリやジモティーで買い手を探す

買い手が見つかる三輪車の特徴
  • 有名メーカー・ブランドの三輪車
  • 子供に人気のキャラクターもの
  • 新品または新品同様のもの

三輪車を処分するときは、メルカリやジモティーで買い手を探すのもいいでしょう。特に有名メーカーやブランドの三輪車は人気があり、出品直後に売れてしまうこともよくあります。

また、子供に人気があるキャラクターがデザインされた三輪車も、人気があります。もし有名メーカーやキャラクターの三輪車ではなくても、新品や新品同様のものでしたらすぐに買い手が見つかるでしょう。

【三輪車の処分方法③】リサイクルショップに持ち込む

使わなくなった三輪車を処分したいときは、リサイクルショップに持ち込むという方法もあります。リサイクルショップでは、メルカリやジモティーで取引するよりは安い金額での引き取りになりがちです。

しかし、落札者とのやり取りや梱包・発送などの面倒な手続きが必要ないため、買取金額が安くてもいいから早く処分したいときにはリサイクルショップを利用するといいかもしれません。

【三輪車の処分方法④】知人に譲る

子供が使っていた三輪車を処分したいときは、友人知人でほしい人がいないか探してみてはどうでしょうか。小さい子供を持つ親は何かと出費が多いため、中古でも状態が良い三輪車であれば喜んで引き取ってくれます。

身近に三輪車を探している人がいないか、友人知人に直接声をかけておいたり、グループラインなどで呼びかけてみるのもいいでしょう。

【三輪車の処分方法⑤】買い替え時に三輪車を引き取ってもらう

新しい三輪車を購入したときに、古い三輪車を引き取ってもらえるサービスがあれば利用しましょう。ただ、引き取りサービスを行っている業者の数自体とても少ないため、希望したら必ず引き取ってもらえるとは限りません。

【三輪車の処分方法⑥】施設に寄付する

自宅に使っていない三輪車があるならば、近隣の保育園や児童館などに寄付することもいいでしょう。すべての施設が寄付を受け付けているとは限りませんが、自分の子供が通っていた保育園や児童館などであれば、試しに尋ねてみるといいかもしれません。

【三輪車の処分方法⑦】不用品回収業者に依頼する

不用になった三輪車の処分に困っていたら、不用品回収業者に依頼することもおすすめの方法です。不用品回収業者では、1点から引き取り可能というところも多くありますので、まずは見積もりを依頼していくらくらいで引き取ってもらえるのか確認してみましょう。

不用品回収業者の便利なところは、指定した日時に引き取りに来てもらえるという点です。忙しくて粗大ゴミの手続きができなかったりフリマアプリに出す手間が惜しかったりする人には、不用品回収業者に引き取ってもらう方法が向いているでしょう。

高く売却できる三輪車の特徴

高く売却できる三輪車の特徴

不用になった三輪車とは言え、売却するのであれば少しでも高く売れると嬉しいものです。本項目では、どのような三輪車が高く売却できるのか、高く売却できる三輪車の特徴について説明しています。

状態が良く年数が浅いもの

新品か新品同様の三輪車はフリマアプリで非常に人気が高く、買った時と変わらない金額で売れることもよくあります。もし中古であっても汚れや傷・部品の紛失などがなく綺麗に使用しているものならば、多少の使用感はあっても買い手は見つかるでしょう。

また、フリマアプリでは購入時期がいつ頃かを気にする落札者は多く、使用していても最近買ったものであれば年数が経っているものよりも高く売れる傾向があります。もしも、子供が三輪車に乗らなくなったら「またいつか使うかも」と倉庫にしまい込むよりは、早めに出品してしまった方がお得かもしれません。

人気のキャラクター三輪車

小さい子供に人気のキャラクターの三輪車は、新品・中古に関わらず人気が高いです。キャラクターのついたものを子供が好むのは小さいうちの数年間だけで、突然他のキャラクターに興味が移ってしまうこともあるため、新品の高いものを買うよりも中古で安く購入したいと思う親御さんは多いようです。

人気のキャラクター三輪車には、キャラクターの声や効果音が出るボタンが付いているものもあり、子供が喜ぶ工夫がなされています。機能付き三輪車も、根強い人気がある商品です。

有名メーカーの三輪車

高く売れる三輪車のメーカー
  • GLOBBER グロッバー
  • ボーネルンド
  • Scoot&Ride スクート&ライド

有名メーカーの三輪車は中古でも人気があり、フリマアプリでも高値で取引されます。有名メーカーの三輪車の価格帯は2万円台のものが主流で、両親が子供に買うよりも祖父母が孫に誕生日やクリスマスのプレゼントとして買ってくれることが多いようです。

有名メーカーの三輪車は価格は高いものが多いですが、成長に合わせてパーツを付けたり外したりすることで長い期間乗られる工夫があり、素材も丈夫で耐久性に優れている特長があります。

三輪車を売却する前に確認したいポイント

三輪車を売却する前に確認したいポイント

三輪車を売却しようとしたときに、事前に確認しておきたいポイントについて解説します。

メーカー保証がまだ期間内かどうか

売却しようとしている三輪車にメーカー保証が付いているか、付いているならば期間はいつまでかを確認しておきましょう。保証書を一緒に提出することで査定がよくなり、高値で売却できるかもしれません。

色あせや傷等の有無

三輪車を屋外で保管していた場合は、紫外線の影響で色あせしてしまっていたりプラスチックの劣化が始まっている可能性があります。フリマアプリで出品するときには、写真だと色合いがうまく映らないこともありますので、目視で隅々までしっかり確認して不具合があればすべて説明欄に記載するようにしましょう。

ブレーキの効きやタイヤの劣化

確認のポイント
  • ブレーキを掛けた状態で車体が動かない
  • タイヤの劣化や空気抜けがないか
  • パーツの紛失や破損はないか

三輪車はブレーキが付いていないのがほとんどですが、手押し棒が付いていて後ろから押せるタイプで駐車ブレーキが付いているものもあります。ブレーキが掛かっている状態で車体が動かないか、軽く押してみて確かめます。

三輪車のタイヤはラバー・プラスティック・エアタイヤなどの種類があり、タイヤの違いでメンテナンス方法も変わります。空気を入れるタイプのタイヤでしたら、空気抜けがないかを確認しておきましょう。

三輪車の処分費用の平均

三輪車の処分費用の平均

不用になった三輪車を処分するのにかかる費用の平均は、いくらくらいでしょうか。本項目では、三輪車の処分費用の平均金額を紹介します。

三輪車の処分費用
  • 粗大ゴミで処分する:200円〜
  • メルカリなどのフリマアプリ:0円
  • 友人や知人に譲る・寄付する:0円
  • 不用品回収業者:480円~(+基本料金等)

三輪車を処分する場合は、自治体での粗大ゴミ収集が費用は抑えられます。ただし、収集日が自分では決められないなどのデメリットもあるため、早急に処分したいときには不用品回収業者を利用したほうがいい場合もあります。

不用品回収業者は1点からでも回収してくれるところはありますが、まとめての回収の方がお得に引き取ってもらえます。三輪車以外にも自宅に処分したいものがある場合は、不用品回収業者を依頼してついでに回収してもらうといいでしょう。

三輪車を処分する際の注意点

注意点

三輪車を処分する際に注意したほうがいい点について、説明していきます。

三輪車を処分する際の注意点
  • 売却する際はタイヤの空気を確認する
  • フレームの溶接部分などにも注意
  • 有名メーカーや人気キャラクターの三輪車はメルカリなどへ出品してみる

三輪車を処分したいと思ったとき、売却したり人に譲ったりすることを考えているならば、手放す前に確認しておいた方が良いことがいくつかあります。

タイヤの空気抜けやフレーム溶接部分の破損など、譲った後で発覚すると相手の方とのトラブルにもなりかねません。三輪車は子供が乗るものなので、不具合がないかしっかりと確認をしてから譲るようにしましょう。

また、古い三輪車でも有名メーカーや人気キャラクターのものは、すぐに買い手が見つかる可能性もあります。粗大ゴミとして処分する前にメルカリなどのフリマアプリに出品してみると、もしかしたら思っていたよりも高値が付くかもしれません。

三輪車を手軽に処分するなら不用品回収業者へ

三輪車を手軽に処分するなら不用品回収業者へ

使わなくなった三輪車を手軽に処分したいときには、やはり不用品回収業者を利用するのがベストでしょう。本項目では、三輪車の処分に不用品回収業者が適している理由やおすすめの不用品回収業者について紹介します。

三輪車の処分に不用品回収業者がおすすめの理由

不用品回収業者はこんなに便利
  • 24時間365日見積相談できて即日対応も可能
  • 希望する日に自宅まで引き取りに来てくれる
  • 自宅内に不用品があれば一緒に回収も

三輪車を処分する際に、自治体の粗大ゴミとして処分するならばネットや電話での予約を経て有料のチケットを購入し自治体から指定された日にしか回収してもらえません。

忙しくて不用品の処分に手間や時間をあまりかけられないという人や自宅に他にも不用品が多くあって一緒に処分したいと思っている人には、不用品回収業者に三輪車の処分を任せることがおすすめです。

不用品回収業者であれば、ほとんどの業者がメールやラインなどで24時間365日見積相談を受け付けていますので、処分したいと思ったときに即行動に移せます。不用品回収業者に興味を持たれた方は、見積相談から試してみてはどうでしょうか。

三輪車の処分は「不用品回収センター」へ

三輪車の処分は「不用品回収センター」へ

三輪車の処分をお考えの際におすすめの不用品回収業者が「不用品回収センター」です。不用品回収センターでは不用品1点からゴミ屋敷や引越しなどの大量の回収まで行っていますので、お客様のどのようなニーズにも対応いたします。

子育て期間には、三輪車やベビー用品など様々なモノが家庭内にはあふれています。お子さんが大きくなってきて、使わなくなった三輪車やかさばるベビー用品などを処分してすっきりとした家にしたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

不用品回収センターは、女性スタッフが多数在籍しておりますので、小さいお子さんを育児中のお母さま方も安心して利用できると好評をいただいております。三輪車やその他の不用品を処分したいときは、無料見積もりからお気軽にお問い合わせください。

三輪車の処分に関する疑問に回答

三輪車の処分に関する疑問に回答

本項目では、三輪車の処分に関する疑問について回答していきます。これから三輪車の処分をお考えの方は、参考にしてください。

三輪車を自分で分解して処分することは可能?

三輪車を自分で分解することは、危険なのでやめておいた方がいいでしょう。子供が乗る目的で作られている三輪車は、大変丈夫に作られているためネジなどはかなり固く締められています。

また、三輪車の素材にはプラスティックの部分と金属の部分が複雑に組み合わせられているため、特定の工具などがないと素人が不燃ゴミに出せる状態まで分解するのは難しいと思われます。

三輪車を分解して処分すれば不燃ゴミとして出せると思いがちですが、道具の準備に費用が掛かったり作業中にケガをしたりしてしまう恐れがあることを考えると、粗大ゴミとして処分するか不用品回収業者に依頼する方が安心安全です。

三輪車が高く売れる処分時期はある?

三輪車などの子供用品は、クリスマスや年末の時期と年度初めの3~4月によく取引されます。年末はクリスマスプレゼントとお年玉代わりのプレゼントとして、3~4月は入園入学のお祝いとして購入する人が多い時期です。

以上の理由から三輪車を売却するのに適した時期は、11~12月頃もしくは2~3月頃となります。購入したい人が多くなる少し前に出品準備を始めておき、シーズンの始めにすぐに出品することでより早く買い手が見つかるでしょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】三輪車は安全に処分しよう

三輪車は安全に処分しよう

本記事では、三輪車を売却したいときにおすすめの方法や費用などについて解説しています。使わない三輪車を処分したいけれど、小さい子供がいて粗大ゴミの手続きなどが大変だという人には、不用品回収業者を利用すると手間がかからず楽に処分できます。

また、三輪車をフリマアプリに出品する場合や友人知人に譲る場合には、メンテナンスが必要だということも忘れないようにしてください。三輪車の安全性をしっかりと確認しておくことで、トラブルを回避できます。

本記事を参考にして、自分に合った三輪車の処分の仕方を選んでみてください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る