ヘッダーCTA

スノーボードの処分方法8選!捨てるタイミングや処分費用までご紹介

スノーボードの処分方法8選!捨てるタイミングや処分費用までご紹介
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
スノーボードを捨てるのはもったいないので、誰かに譲りたい
お客様
スノーボードを処分したいけど、大きくて運ぶのが大変。どうやって処分したらいいの?

スノーボードは冬の楽しみの一つですが、使わなくなり処分に困っている方も多いのではないでしょうか。スノーボードは大きくて重くて場所を取りますし、捨てるにも手間です。

本記事では、スノーボードの処分方法について紹介します。本記事を読むことで、スノーボードの処分について正しい知識と選択肢を得られます。

スノーボードの寿命や処分の目安

スノーボードの寿命や処分の目安

スノーボードの寿命は、滑走日数や使用状況によって異なりますが、一般的には50日程度で性能が低下すると言われます。板の状態にヒビや割れがある場合や、反発力が弱くなった場合は買い替えを検討しましょう。

また、ブーツやビンディングにも消耗がありますので、定期的にチェックすることが大切です。スノーボードを処分する場合は、まず購入した店に無料引き取りが可能か確認してみましょう。

スノーボードの処分方法8選

スノーボードの処分方法8選

スノーボードの処分方法はどのようなものがあるのでしょうか。本項目では、スノーボードの処分方法を8つ紹介します。
お金に換える方法などあなたの状況に合わせて選べる方法をお伝えします。 スノーボードの処分に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボードの処分方法8選
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • 解体して自治体の普通ゴミとして処分する
  • スノーボード専門買取店に売却する
  • スポーツ用品店に買取を依頼する
  • フリマアプリやネットオークションに出品する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 欲しい人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体の粗大ゴミとして処分する

スノーボードは、長さや重さが一般的なゴミとは異なるため、粗大ゴミとして処分する必要があります。自治体によっては、粗大ゴミの収集日や申し込み方法が異なりますので、事前に確認してください。

スノーボードの処分方法は、環境にも影響しますので、適切に選択することが大切です。

スノーボードを粗大ゴミとして処分するメリット・デメリット

スノーボードを粗大ゴミとして処分する場合、費用が安くて自治体の手続きが簡単なのがメリットです。デメリットは、回収までに時間がかかることや、スノーボードの価値が無駄になることが挙げられます。

さらに、粗大ゴミ処理券の購入やシールの貼り付けなどの手間もかかります。

メリット デメリット
・費用が安い
・自治体の手続きが簡単
・回収までに時間がかかる
・スノーボードの価値が無駄になる
・粗大ゴミ処理券の購入が必要

自治体の粗大ゴミ戸別収集を利用する方法

スノーボードは、長さや重さなどの条件によっては、粗大ゴミとして自治体の戸別収集に出せます。また、処分方法は自治体によって異なります。

自治体のウェブサイトやコールセンターで収集日を確認し、必要な手続きを行いましょう。例として、北海道札幌市の手順について紹介します。

STEP.1
粗大ゴミの申し込み
電話かインターネットで申し込みをします。申し込みの際に、住所・氏名・電話番号・粗大ゴミの回収場所・ゴミの品目を伝えます。
STEP.2
粗大ゴミ処理券の支払方法を選択する
粗大ゴミ処理券は、コンビニや市内のスーパーなどで購入するか、電子決済が可能です。
STEP.3
申し込み完了
インターネットでの入力が終わったら、「申込をする」を選択します。入力したメールアドレスに、受付が完了したことを知らせるメールが自動的に送られます。
STEP.4
粗大ゴミを出す
指定された回収日の朝に指定の場所にシールを貼ったスノーボードを置いてください。シールは剥がれないように見やすい位置に貼ってください。シールには、メールに記載されている4ケタの番号を記入します。

自治体の指定施設にスノーボードを直接持ち込む方法

自治体によっては、指定施設にスノーボードを直接持ち込み、処分することも可能です。例として、北海道札幌市では、破砕工場に持ち込む事で処分できます。

事前の申し込みは不要です。持ち込み当日は、スノーボードを車に積んで破砕工場へ運びます。係員の指示に従って、スノーボードを荷下ろし場所へ移動し、指定された場所に置きます。

これで持ち込み処分は完了です。

解体して自治体の普通ゴミとして処分する

スノーボードを使用しなくなった場合、自治体によっては、スノーボードを解体して普通ゴミとして処分することも可能です。スノーボードを解体するときは、専用の工具や手袋を用意しましょう。

また、バインディングやブーツなどの付属品は、別途リサイクルや再利用できるか確認しましょう。スノーボードは大切な思い出の品かもしれませんが、適切に処分することで、環境や他の人に配慮できます。

解体時の注意点
  • スノーボードを切断すると、鋭利な破片が飛び散る可能性があります。
  • 解体する時は、周囲に人やペットがいないことを確認しましょう。
  • 解体する時は、保護メガネや防塵マスクなどの装備を着用しましょう。

スノーボードを普通ゴミとして処分するメリット・デメリット

スノーボードを普通ゴミとして処分するメリットは、手間や費用がかからないことです。普通ゴミとして出すだけで、自治体が回収してくれます。

また、スノーボードを再利用する必要がないので、状態や品質にこだわる必要がありません。デメリットは、切断するのに手間や時間がかかることや、刃物を使うので危険なことです。

メリット デメリット
・手間や費用がかからない
・状態や品質にこだわらなくていい
・手間や時間がかかる
・切断するのが危険

スノーボード専門買取店に売却する

スノーボードを使用しなくなったり、新しいものに買い替えたりする時には、スノーボード専門買取店に売却する方法がおすすめです。スノーボード専門買取店は、一般的なリサイクルショップと違って、スノーボードの種類や状態、市場価値などに精通しているので、適正な価格で買い取ってくれます。

また、スノーボードに関する付属品やウェアなども一緒に買い取ってくれることが多いので、まとめて処分できます。

スノーボード専門買取店で売却するメリット・デメリット

スノーボード専門買取店で売却するメリットは、スノーボードの状態や市場価値を正しく判断してくれることや、スノーボードの種類やブランドに関係なく買取してくれることです。また、出張や宅配で買取してくれるサービスがあるので、持ち運びや手間が省けることなどがあります。

デメリットは、ウェアやゴーグルなどは買取してくれない場合があることです。また、出張や宅配で買取する場合は、買取価格が下がる場合があることもデメリットです。

メリット デメリット
・市場価値を正しく判断してくれる
・種類やブランドに関係なく、買取してくれる
・出張や宅配で買取してくれるサービスがあるの
・ウェアやゴーグルなどは買取してくれない場合がある
・出張や宅配で買取する場合は、買取価格が下がる場合がある

スポーツ用品店に買取を依頼する

スポーツ用品店に買取を依頼する場合、ハードオフがおすすめです。ハードオフでは、スポーツ用品全般の買取を行っており、ウィンタースポーツ、マリンスポーツ、球技用品、アウトドア、釣り、スケートボード、自転車など、幅広い商品を取り扱っています。

また、大型店舗も多く、全国に展開しているため、利用しやすい点も魅力的です。買取価格に差があるため、複数の店舗で査定を受けることをおすすめします。

スノーボードをスポーツ用品店に買取を依頼するメリット・デメリット

スノーボードをスポーツ用品店に買取を依頼するメリットは、手軽に現金化できることや、専門的な査定を受けられることです。一方、デメリットは、買取価格が安くなる可能性や、自分で店舗に持ち込まなければならない場合があることです。

メリット デメリット
・手軽に現金化できる
・専門的な査定を受けられる
・買取価格が安くなる可能性がある
・自分で店舗に持ち込まなければならない場合がある

フリマアプリやネットオークションに出品する

スノーボードの処分方法として、フリマアプリやネットオークションへの出品があります。出品する際は、スノーボードの状態を確認し、必要であれば清掃やメンテナンスを行いましょう。

商品の詳細情報や写真を撮影し、フリマアプリやネットオークションのサイトにアップロードします。出品後は、購入者からの質問に対応し、売却が決まったら発送します。

スノーボードをフリマアプリやネットオークションで処分するメリット・デメリット

スノーボードをフリマアプリやネットオークションで処分すると、不要なものを有効に活用できます。また、売却したお金で新しいスノーボードや他の用品を購入することも可能です。

デメリットは、スノーボードは大きくて重いものなので、発送する際に送料や梱包に手間や費用がかかります。また、商品の状態や品質について、買い手とトラブルになる可能性もあります。

フリマアプリやネットオークションには手数料や利用規約があるので、注意しましょう。

メリット デメリット
・不要なものを有効に活用できる
・売却したお金で新しいものを購入できる
・自分の好きな価格や条件で出品できる
・発送に手間や費用がかかる
・商品の状態や品質についてトラブルになる可能性がある
・手数料や利用規約に注意する必要がある

リサイクルショップに持ち込む

スノーボードの処分方法として、リサイクルショップへの持ち込みがあります。スノーボードの状態を確認し、必要ならば清掃を行いましょう。

近くのリサイクルショップを探し、スノーボードの買取が可能か問い合わせます。買取が可能であれば、店舗へ直接持ち込みます。

スノーボードは大きくて重いので、車での持ち込みがおすすめです。スノーボードの状態や需要により、買取価格は変動します。

リサイクルショップに持ち込む前に、その点を理解しておくことが重要です。

スノーボードをリサイクルショップに持ち込むメリット・デメリット

スノーボードをリサイクルショップに持ち込むことで、使わなくなったスノーボードを処分することが可能です。また、スノーボードの買取価格を提示してくれるので、少しでもお金に換えられます。

しかし、リサイクルショップに持ち込むには、スノーボードを運ぶ手間や時間がかかります。また、買取価格は、スノーボードの状態や需要によって変わるので、思ったより安くなる可能性もあるでしょう。

メリット デメリット
・スノーボードを処分できる
・お金に換えられる
・運ぶ手間や時間がかかる
・買取価格が安くなる可能性がある

欲しい人に譲る

スノーボードの処分方法として、欲しい人に譲る方法があります。周囲の友人や知人に声をかけてみましょう。

オンラインのフリマアプリやコミュニティ掲示板を利用するのも一つの手段です。ただし、譲渡する際はスノーボードの状態を正確に伝え、安全に使用できることを確認しましょう。

不要なスノーボードが新たな価値を見つけ、リサイクルされることで環境にも貢献できます。

スノーボードを欲しい人に譲るメリット・デメリット

スノーボードを欲しい人に譲ることで、スペースを節約できます。しかし、スノーボードの状態や価値によっては、欲しい人が見つからないかもしれません。

また、スノーボードを譲る際には、送料や手数料などの費用がかかる可能性もあるでしょう。

メリット デメリット
・スノーボードの保管スペースを節約できる
・ スノーボードを欲しい人に喜ばれる
・欲しい人を探す手間がかかる
・スノーボードの価値が下がる可能性がある
MEMO

オンラインコミュニティやSNSを利用する、友人や知人に声をかける、ジモティなどの個人間取引サイトを利用する。

不用品回収業者に依頼する

スノーボードを不用品回収業者に依頼して処分する方法があります。スノーボードは大きくて重いため、捨てるのが難しいと感じる方も多いでしょう。

用品回収業者に依頼すると、自宅まで取りに来てくれるので、自分で運ぶ必要がありません。また、処分方法についてもプロの意見を聞くことができます。

ただし、処分費用がかかる場合があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

スノーボードを不用品回収業者を利用して処分するメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼することで、スノーボードを自宅から引き取りが可能です。また、不用品回収業者はスノーボードをリサイクルや再利用する場合があります。

しかし、不用品回収業者を利用するには、費用がかかります。また、不用品回収業者によっては、スノーボードを受け付けない場合もあるでしょう。

メリット デメリット
・自宅から引き取ってもらえる
・リサイクルや再利用する可能性がある
・費用がかかる
・スノーボードを受け付けない業者もある

スノーボードの処分費用の相場

スノーボードの処分費用の相場

スノーボードを処分する場合、処分方法によって費用相場は異なります。自治体によっても異なるため、詳細は自治体のホームページ等で確認してください。

また、買い取り業者やリサイクルショップ、不用品回収業者によっても費用相場は異なるため、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

自治体の粗大ゴミとして処分する 300~1,000円
解体して自治体の普通ゴミとして処分する 無料~数百円
スノーボード専門買取店に売却する 1,000~10,000円
スポーツ用品店に買取を依頼する 500~5,000円
フリマアプリやネットオークションに出品する 1,000~20,000円
リサイクルショップに持ち込む 500~5,000円
欲しい人に譲る 無料~数千円
不用品回収業者に依頼する 1,000~3,000円

スノーボードを売却する際のポイント

スノーボードを売却する際のポイント

スノーボードを売却する際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。スノーボードの買取価格は、査定に出す時期や業者によって大きく異なります。

また、スノーボードの状態やメーカーによっても買取価格が異なるため、事前にメンテナンスを行い、買取相場を調べてから査定に出すことが大切です。

スノーボードを売却する際のポイント
  • シーズンより前に買取依頼する
  • 綺麗に保管しておく
  • まとめて売却する

高価買取が期待できる人気メーカー

スノーボードは、板の状態だけでなく、メーカーによっても買取価格が大きく変わります。例えば、Burton (バートン)は、世界中のスノーボーダーから支持されるブランドで、高品質なスノーボードを提供しているメーカーです。

Yonex (ヨネックス)は、高い技術力を持ち、スノーボードだけでなくスポーツ用品全般で高い評価を得ています。Head (ヘッド)は、スノーボードだけでなく、スキーやテニスなどのスポーツ用品でも高い技術力を誇ります。

MEMO

Burton (バートン)、Yonex (ヨネックス)、Head (ヘッド)

ポイント①シーズンより前に買取依頼する

スノーボードの売却にはタイミングが重要です。なぜなら、シーズンに近づくと需要が高まり、買取価格が上がるからです。

スノーボードの買取価格は、シーズンの始まり(11月頃)から終わり(3月頃)までの間に、約1.5倍から2倍に変動することがあります。つまり、シーズンより前に買取依頼すると、高値で売れる可能性が高くなるのです。

逆に、シーズンが終わってから買取依頼すると、安値でしか売れない可能性が高くなります。

ポイント②綺麗に保管しておく

スノーボードを売却する際のポイントの一つは、綺麗に保管しておくことです。スノーボードは、使用後に汚れや傷が付きやすいので、定期的に清掃やメンテナンスを行う必要があります。

また、湿気や直射日光にさらされないように、乾燥した場所に保管することも重要です。スノーボードを綺麗に保管しておくことで、劣化を防ぎ、性能や見た目を維持できます。

ポイント③まとめて売却する

スノーボードを売却する際のポイントとして、ボード以外のアクセサリをまとめて売却することが挙げられます。アクセサリをまとめて売却することで、買い手にとって魅力的なセットになります。

例えば、ボードに合ったビンディングやブーツ、ヘルメットやゴーグルなどを一緒に提供すると、買い手は別途購入する必要がなくなるのです。

スノーボードの処分は「不用品回収センター」へお任せ!

スノーボードの処分は「不用品回収センター」へお任せ!

スノーボードを処分するのにおすすめなのが、不用品回収センターです。不用品回収センターは、スノーボードをはじめとする大型の不用品を引き取ってくれるサービスです。

「不用品回収センター」の魅力を紹介

不用品回収センター

不用品回収センターは、お客様の不用品を無料で回収し、リサイクルや再利用に活用するサービスです。環境にやさしく、便利で安心で有効活用できるという点が魅力です。

不用品回収センターは、不用品を廃棄するのではなく、リサイクルや再利用によって環境にやさしい社会に貢献します。環境保護の観点から、お客様に高い評価をいただいています。

また、不用品回収センターは、お客様のご都合に合わせて不用品の回収日時を予約できます。

特徴 即日対応で高価買取、安心の補償もあり
料金 SSパック4,800円~、Sパック9,800円~、Mパック19,800円~、Lパック42,800円~、LLパック85,800円~
回収可能な不用品 家具、家電、寝具、オフィス用品など
買取制度
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】スノーボードは状態に合わせて処分方法を選ぼう

【まとめ】スノーボードは状態に合わせて処分方法を選ぼう

スノーボードは長く使うと劣化したり、破損したりすることがあります。スノーボードの処分方法は、その状態によって異なります。

まだ使える場合は、リサイクルショップやオークションサイトなどで売ったり、知人に譲ったりしましょう。使えない場合は、廃棄物として処分する必要がありますが、その際には自治体のルールに従って、分別や申し込みを行うことが重要です。

スノーボードを処分する時は、環境や安全に配慮して適切な方法を選びましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る