ヘッダーCTA

ハンガーラックを処分する7つの方法|適正な処分費用までを解説!

ハンガーラックを処分する7つの方法|適正な処分費用までを解説!
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

ハンガーラックは押し入れやクローゼットのない部屋にも、洋服を収納できる便利な家具です。

とくにシンプルなアイアン製のハンガーラックは、リビングやベッドルームだけでなく玄関などでもおしゃれな雰囲気を出しながら見せる収納ができるアイテムとして人気があります。

今人気のアイテムということでハンガーラックを購入したものの、引越しや模様替えなどでやむなく処分する必要が出てくることもあるかもしれません。

ハンガーラックを処分するときにはどのような方法があるのか、費用や注意点などについて本記事ではまとめています。

ハンガーラックを処分する際の基本知識

基本知識

ハンガーラックの素材や種類は、大きさや洋服をかける量など用途によってさまざまなものがあります。そのためハンガーラックの素材や種類によって、処分の方法が違ってくることがあります。

本章では、ハンガーラックを処分する前に、ハンガーラックの素材や種類などについての基本知識をおさらいしておきましょう。

ハンガーラックの素材や種類

ハンガーラックの素材
  • 天然木
  • アイアン
  • スチール

ハンガーラックの素材で多く使われているものには、天然木やアイアン・スチールなどさまざまなものがあります。ハンガーラックは、使われている素材によって耐荷重や耐久性などが変わってくるため、使用場所や使用目的によって選ぶといいでしょう。

また、ハンガーラックは、部屋の雰囲気や収納したい洋服の量などで素材を選ぶこともできます。ハンガーラックにはいろいろな種類があり、よく使用されているハンガーラックは、2本の支柱に横棒が1本もしくは上下に2本あるものです。

ハンガーラックの種類は、ほかにも突っ張り方式のもの・クローゼットのように埃から守ることができるカバー付き・服が取り出しやすい回転式のものなどがあります。ハンガーラックの種類で選ぶときは、洋服の量や部屋のスペース・雰囲気などを考慮して、自分にマッチしたものを選ぶといいでしょう。

ハンガーラックの耐久年数は?

ハンガーラックは、正しい使い方をしていれば長く使うことができます。ハンガーラックが壊れる原因としては、洋服を掛けすぎて重みで支柱やバーが折れてしまったり、歪みが出たりすることが考えられます。

また、ハンガーラックにはキャスターが付いているものが多いので、支柱部分は問題なくてもキャスター部分の故障で好きな場所に動かせなくなることもあるでしょう。ハンガーラックに洋服をたくさん掛けすぎないように気を付けていれば、10年以上使えるハンガーラックも多いといえます。

ハンガーラックは粗大ゴミ?一般ゴミ?

ハンガーラックを処分する際は、木製のものであればゴミ袋に入るサイズに解体したうえで一般ゴミとして出すことも可能です。ハンガーラックの素材がアイアンやスチールパイプなどの場合は解体するのが難しいので、粗大ゴミに出すことになるでしょう。

一般ゴミとして出す場合も、木製の支柱は洋服の重みに耐えられるように太めに作られており、のこぎりなどで解体することが女性や高齢者には難しいかもしれません。ハンガーラックの解体が難しい場合は、天然木製であっても粗大ゴミに出すことになります。

ハンガーラックは売れる?相場は?

ハンガーラックは中古品でも状態が良いものであれば、リサイクルショップ・フリマアプリなどで売ることも可能です。ハンガーラックはフリマアプリの場合2,000円くらいから出品されており、状態が良く有名なメーカーのハンガーラックであれば15,000円ほどで取引されているものもあります。

ただし、中古品の中でも状態が悪いものや部品が揃っていないものは、なかなか買い手がつかないこともあります。中古のハンガーラックをフリマアプリに出品する際には、付属品を確認して掃除やメンテナンスを行いなるべく綺麗な状態にして出品するようにしましょう。

ハンガーラックの捨て方7選

ハンガーラックの捨て方7選

本章では、ハンガーラックを捨てる方法について7つの捨て方を解説します。これからハンガーラックを処分したいと思っている方には役に立つ内容となっていますので、記事を参考に自分に合った処分方法を検討ください。

粗大ゴミとして捨てる

ハンガーラックを粗大ゴミとして捨てる場合は、お住まいの自治体により0円から1,500円程度の処分費用がかかります。ハンガーラックを各自治体の粗大ゴミで捨てるときは大きく分けて2種類の方法があり、戸別収集(または自宅近くの集積所)もしくは処分場への自己搬入をすることで処分できます。

処分場への自己搬入を行う場合には、自家用車にハンガーラックを載せていかないといけませんので、大きなハンガーラックはトランクに載りきらず運べない可能性もあります。車でハンガーラックを運搬しようと考えている場合は、あらかじめハンガーラックのサイズを確認しておきましょう。

自分で解体して燃えるゴミとして出す

ハンガーラックが木製のものであれば、支柱やバーをのこぎりなどで切断し小さくしてから燃えるゴミとして出すことができます。天然木で作られたハンガーラックの場合、メープル・オーク・バーチなどは硬さがあるため丈夫で長持ちしますが、解体するときには苦労するかもしれません。

電動工具を使うとハンガーラックを効率的に切断して分解できますが、電動工具の取り扱いは慣れた人でなければケガをする恐れがあります。電動工具を使ってハンガーラックを解体する場合は、電動工具の取り扱いには十分に気をつけましょう。

注意点

東京都などでは粗大ゴミの内容を品目で判断するため、ハンガーラックは分解や切断をしたとしても粗大ゴミの扱いとなります。

リサイクルショップで買い取ってもらう

状態の良い中古のハンガーラックは、リサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。リサイクルショップでは買取の際に出張見積もりを行っているところもありますので、自宅に居ながらハンガーラックを処分することもできます。

しかし、リサイクルショップの出張見積もりは長い場合数か月先まで予約が入っていて、処分したいタイミングにすぐに持って行ってもらえない可能性があることは知っておいた方がいいでしょう。すぐにハンガーラックを処分したいときには、不用品回収業者に依頼するなど別の方法を検討することをおすすめします。

ジモティーやメルカリで買い手を探す

ジモティーやメルカリなどのフリマアプリで買い手を探してみるのも、ハンガーラックを処分したい場合にはいい方法です。ハンガーラックは出品も落札も数が多くフリマアプリでは活発に取引されていますので、状態の良いものであれば買い手が見つかるのも早いでしょう。

逆に、あまり状態の良くないものや付属品が不足しているものなどは、買い手がつかない可能性があります。ハンガーラックの中でも分解して組立てができないタイプのものだと、大型の発送になり送料が高額になりますので送料が出品者負担の際は赤字になってしまうかもしれません。

メルカリの大型送料
  • 宅急便 160サイズ 1,700円~200サイズ 2,500円
  • ゆうパック 160サイズ 1,700円~170サイズ 1,900円
  • 梱包・発送たのメル便 250サイズ 8,600円~450サイズ 33,000円

欲しい人に譲る

友人知人でハンガーラックを欲しい人がいたら譲ってあげることで、費用がかからずにハンガーラックを処分できます。幅広く募集しておくとハンガーラックを欲しいという人が現れるかもしれませんので、SNSなども利用しハンガーラックが欲しい人を募ってみてはどうでしょうか。

買い替えの際に引き取ってもらう

引き取りを行なっている家具量販店
  • 大塚家具
  • ニトリ
  • IKEA など

家具の買い替えの際に、古い家具の引き取りサービスを行っている家具店は多いです。新しくハンガーラックを買う予定があれば、大塚家具・ニトリ・IKEAなど家具量販店の引き取りサービスを利用するのもいいでしょう。

例えばニトリだと、購入した家具と同数量または同容量の家具を、1回の注文に付き税込4,400円で引き取ってくれるサービスがあります。また、IKEAでは店舗持ち込みでの買い取りサービスを行っており、買い取られた家具は点検・メンテナンス後にサーキュラーマーケットという中古品売り場で販売しています。

注意点

ニトリの引き取りサービスで組立家具はサービス対象外であり、一部地域では引き取りサービス自体が行われていません。詳しくは、お住まいの地域のニトリの店舗へご相談ください。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を使う人が多い理由
  • 24時間365日対応可能なので急いで処分したい人におすすめ
  • 状態が良ければ高価買取でお得に処分できる
  • 搬出作業もやってくれるので手間がかからず処分可能

不用品回収業者に、ハンガーラックの処分を依頼することもおすすめの方法です。なぜなら、不用品の高価買取を行っている不用品回収業者であれば、買取の査定額次第ではお得に不用なハンガーラックを処分できるからです。

大型で分解できないタイプのハンガーラックであれば、不用品回収業者に依頼すると自分で解体などを行う必要がなく、安心安全にハンガーラックを処分できます。不用品回収業者による不用品引き取りは、高齢者の一人暮らしや女性などには大変助かるサービスです。

リサイクルショップや家具店の引き取りサービスでは、混みあっていてなかなか自分の都合の良い日時に来てもらえないことが多くありますよね。不用品回収業者であれば最短即日対応も可能なため、ハンガーラックの処分にスピード感を重視される方にはおすすめの方法です。

ハンガーラックの処分費用

処分費用

捨て方 状態の良いハンガーラック 状態が悪いハンガーラック
業者に回収を依頼する 買取って貰える場合有 数千円程度~
リサイクルショップ 0円(買取でプラスになる場合有) 0円(処分費用を支払う場合有)
ジモティー・メルカリ 送料があれば自己負担 送料があれば自己負担
人に譲る 0円 0円
家具量販店に引き取ってもらう 数千円程度 数千円程度
自分で解体する 0円(通常ゴミで出した場合) 0円(通常ゴミで出した場合)
粗大ゴミとして捨てる 200円~2,000円程度 200円~2,000円程度

ハンガーラックの処分費用は、処分の方法によって異なります。ハンガーラックの状態が良いものか悪いものかによっても、買取や落札金額に差が出てきます。

状態の良いハンガーラックはリサイクルショップやフリマアプリで高額買取・落札の可能性もあるので、ハンガーラックの売却を希望する際には、メンテナンスをして壊れているところや歪んでいるところがないかをよく確認しましょう。

とくにキャスター付きのハンガーラックは人気がありますが、キャスターの破損や接続部分のネジの紛失などは査定額に影響してきますので売却前によくチェックしておいてください。

ハンガーラックを捨てる際は「不用品回収センターへ」

ハンガーラックを捨てる際は「不用品回収センターへ

不用品回収センターを利用するメリット
  • 24時間365日対応している
  • 買取も実施中

不用品回収センターでは、ハンガーラックの引き取りも行っています。不用品回収センターをご利用の場合、搬出から積込まで当社の熟練のスタッフが対応しますので、お客様の手を煩わせることなく引き取りが完了します。

不用品回収センターでは高価買取も実施中なので、状態の良いハンガーラックであればお得に処分することも可能です。見積もり・ご相談はすべて無料ですのでお気軽にお申し付けください。

ハンガーラックを処分するついでに、他の要らなくなった家具や家電などがあればぜひ一緒にお出しください。複数の不用品を回収すると、1点ごとの料金が割安になります。

見積もりの際にご自宅内で不用品があれば、どんなものでも構いませんのでぜひご相談ください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】ハンガーラックの捨て方

ハンガーラックの捨て方

本記事では、ハンガーラックの捨て方や費用・注意点などをまとめました。おしゃれなインテリアのポイントにもなるハンガーラックですが、不用になってしまうと大きくて目立つので1日でも早く処分したいと思われるかもしれません。

なるべく早くハンガーラックを処分したいときには、24時間365日対応している不用品回収業者に依頼することで、迅速に処分できます。ハンガーラックを処分する際には、本記事を参考に様々な選択肢の中から自分に合った方法を選んでください。

 

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る