ヘッダーCTA

ハンガーの処分方法9選!おすすめの捨て方や処分費用を徹底解説

ハンガーの処分方法9選!おすすめの捨て方や処分費用を徹底解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
ハンガーを処分するにはどうすればいいの?

日常生活に欠かせないアイテムであるハンガーは、種類も豊富で便利です。しかし、便利に使える反面たまりすぎて、処分しようと思ってもどうすれば良いのかわからず放置したままになっている方も多いはずです。

本記事ではハンガーの処分についてなど詳しく解説しますので、ぜひご参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • ハンガーの素材別の特徴
  • ハンガーを処分する方法9選
  • 不用品回収業者の利用がおすすめな人の特徴

ハンガーの素材別の特徴

ハンガーの素材別の特徴

一口にハンガーと言っても、さまざまな種類があります。とくにクリーニングでたまりやすいのはワイヤーハンガーです。

ほかにも、重厚感のある木製ハンガーや、軽くて使いやすいプラスチックハンガーなど、本章では主な3つを取りあげて1つひとつの特徴を詳しくご紹介します

木製ハンガーの特徴

木製ハンガーは主にスーツやジャケットに使用されます。スーツやジャケットの場合、一番気になるのが型崩れです。

木製ハンガーは肩先に厚みがあり肩に沿って丸みを帯びた形状のため、スーツやジャケットの型崩れを防ぐ働きがあります。スーツやジャケットのシルエットを保つためには、最適なハンガーなのです。

また、木製ハンガーは、除湿や防臭効果も期待できます。

ワイヤーハンガーの特徴

ワイヤーハンガーは、どのご家庭にも複数本所有しているほど普及した定番のハンガーです。細すぎる見た目から弱々しさを感じますが、実際は強度が高く洗濯物を干す場合便利に使えます

しかし、ワイヤーの細さゆえ、衣類を干す場合細い形状の跡が残りやすい点はデメリットと言えます。また、衣類のサイズにより滑り落ちる場合もあるため、使用する際は気をつけなければなりません。

プラスチックハンガーの特徴

プラスチックハンガーは軽くて使いやすいのが特徴で、ワイヤーハンガーに比べて幅がある分、洋服に跡が付きにくくなっています。また、水分を吸収しないメリットもあるので、洗濯物を干す場合や屋外で使用するのに最適です。

しかし、耐久性が低い点には注意が必要です。とくに屋外での使用が多いほど、長時間直射日光にあたり劣化が進みます

ハンガーを処分する方法9選

ハンガーを処分する方法

ハンガーは素材や状態により、処分方法が異なります。可燃性の部分と不燃性の部分が混合しているハンガーは、とくにどのように処分したら良いのか迷う方も多いはずです。

ハンガーの処分方法には、自治体を利用する方法や寄付・売却・譲渡などがあります。またクリーニング店に引き取ってもらう方法もあり、再利用の観点からは最適な方法です。

ほかにも何でも回収でき分別の手間もかからず処分できる不用品回収業者もあり、本章では9つの処分方法をお届けします

ハンガーを処分する方法
  • ハンガーを一般ごみとして処分する
  • ハンガーを資源ごみもしくは不燃ごみとして処分する
  • NPO法人ワールドギフトに寄付する
  • まだ使用できるハンガーはフリマサイトで売却する
  • ジモティーでほしい人を見つける
  • まだ使用できるハンガーはリサイクルショップに引き取ってもらう
  • 知り合いの中でほしい人に譲渡する
  • クリーニング店に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

ハンガーを一般ごみとして処分する

木製のハンガーは、自治体での一般ごみとして処分できます。引っかける部分やボトムハンガーをつなぐ部分に金属が使われている場合は、可燃ごみとして出せません。

木製部分と金属部分を分別して処分しなければならないので、ペンチなどを使用し金属部分を外してください。作業スペースを広く取り、怪我のないよう気をつけて解体を行ってください。

ハンガーを資源ごみもしくは不燃ごみとして処分する

プラスチックハンガーは可燃ごみ・不燃ごみ・資源ごみに分かれており、各自治体HPかごみ分別一覧表などで確認する必要があります。ワイヤーハンガーは、不燃ごみ・資源ごみ・金属ごみとに分かれます。

たとえば四日市市でワイヤーハンガーを「品目別一覧表」で見ると、該当するのは資源物(金属類)です。また、大阪市では不燃ごみとしています。

ハンガーの素材1つにいくつものごみ分類が相当するので、あらかじめ確認してください。

NPO法人ワールドギフトに寄付する

使わなくなったハンガーを、寄付サイトに寄付する方法があります。今回ご紹介するのは、支援実施国96か国を誇るNPO法人ワールドギフト」です。

NPO法人ワールドギフトは、発展途上国の支援として貧困地域や被災地・病院などに物資を供給している団体です。不要となったハンガーが世界規模で有効活用されるため、社会貢献となります。

荷物を送る際は使用済み段ボールの再使用が可能で、段ボールのサイズにより寄付金額が決められています。140cm以内(縦+横+高さの3辺の合計)では、寄付金が2,900円です。

NPO法人ワールドギフトに寄付する手順

NPO法人ワールドギフトに寄付する手順は、次の5STEPです。

STEP.1
荷物の準備
寄付したいハンガーを準備してください。ほかにも寄付できるものはないか、家の中で確認してみてください。たとえば、着なくなった衣服や履物・文房具・おもちゃ・ぬいぐるみ・台所用品や調理器具などです。
STEP.2
荷物の梱包
荷物の梱包に、新しい段ボールを購入する必要はありません。使用済み段ボールのほかに、スーツケースを使用してもOKです。梱包した後、サイズの計測をします。3辺の合計をマジックなどで明記してください。
STEP.3
物品寄付申込み
荷物の準備ができたら、物品寄付入力フォームから必要事項を送ります。「ご依頼確定メール」が届くので、内容に間違いがないかを確認してください。内容は、寄付する物品の量(梱包数)・振込み先の口座・希望の発送方法ごとの案内などです。
STEP.4
寄付金の振込み
自分で発送する場合は発送日までに、集荷で発送する場合は集荷日当日までに寄付金を振込んでください。140cm以内は郵便局、160cm以内は佐川急便と決まっており、寄付金のみで別途送料は要りません。制限なしの場合は、寄付金に加えて送料がかかります。
STEP.5
発送・集荷
自宅集荷を希望した場合、宅配業者が希望日・時間帯に印字済み伝票を持参のうえ集荷します。後は、荷物を渡すだけです。自分で発送する場合は、申込み後ご自分の都合の良い時に送ってください。

まだ使用できるハンガーはフリマサイトで売却する

まだ使用できるハンガーは、フリマサイトで売却する方法があります。不必要なハンガーをお金に換えることが可能です。

ただし出品する場合、事前登録・写真撮影や商品説明・梱包・発送などをすべて自分で行わなければなりません。時間と手間がかかるのはデメリットです。

買い手がつきやすいハンガーの特徴

木製ハンガーは高級感もあり定価で購入すれば高いので、フリマアプリでの売却は人気があります。単体よりも数十本まとめて売却する方が、同じ種類のハンガーで揃えたい方もいるので買い手が見つかる可能性は高いです。

ジモティーでほしい人を見つける

地元の掲示板ジモティーで、ハンガーがほしい人を見つける方法もあります。ジモティーならば、居住地域でほしい人がいないかを簡単に探せます。

無料の会員登録をして、ハンガーの情報となる商品画像・カテゴリ・タイトル・内容・価格設定を入力してください。「現金手渡し」か「あんしん決済」のいずれかを選び、受渡し方法の選択をします。

投稿ボタンを押せばすぐに掲載されるため、問い合わせが来るのを待ちます。チャットでのやりとりとなるので、受渡し方法について相談してください。

相手先にハンガーを渡せば終了で、チャット画面の「受渡し完了」ボタンを押して相手の評価をすれば取引き終了です。

まだ使用できるハンガーはリサイクルショップに引き取ってもらう

まだ使用できるハンガーがある場合は、リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。未使用のハンガーや使用回数が少ない状態の良いハンガーほど、買い取ってもらえる可能性は高くなります。

ただし、もともとハンガーは安価なので、ハンガーを減らしたいと考える人の方が多いのも確かです。リサイクルショップによっては、クリーニングハンガーは買い取りできない場合もあります。

事前にハンガーの買取や無料引取りについて確認しておく方が無難です。

知り合いの中でほしい人に譲渡する

知り合いの中で、ほしい人に譲渡する方法もあります。安く購入のできるハンガーではありますが、無料で譲ってくれるとなると少しでも節約につながるため需要はあります。

友人や知り合いにハンガーをほしい人がいないか呼びかけてみてください。引越しや衣替えのタイミングなど、必要とする人がいる可能性があります。

譲渡する場合は、無理に押し付けるのではなく本当に必要としている人を見つけるのが大事なポイントです。ハンガーにも好みはあるので種類や色など、どのようなハンガーなのかを事前に伝えておいてください

クリーニング店に引き取ってもらう

大手クリーニング店では、ほとんどの店舗でハンガーを引き取ってもらえます。ハンガーをリサイクルするとポイントが付与されるサービスもあるため、馴染みのクリーニング店で返却できるかを相談してみてください。

2022年4月1日より、「プラスチック資源循環促進法」が施行されました。すべてのクリーニング事業者は、プラスチック製ハンガーや衣類カバーの使用抑制・回収・再利用に取り組んでいます。

ハンガーの回収を実施しているクリーニング店

下記表は、ハンガーの回収を実施しているクリーニング店の一例です。

クリーニング店名 引取方法・特典など
ポニークリーング 回収ボックスか従業員手渡し・他社のハンガーでも回収可能
ホワイト急便 持ち込み・ポイント追加や料金値引きなど各店舗により内容が異なる
クリーニングルビー 持ち込み・ハンガーと引き換えにクリーニング金券プレゼントなど

不用品回収業者に依頼する

ハンガー処分は簡単なように思えて、意外と手間がかかります。素材がミックスされたものは解体が必要で、指定された収集日に収集場所へ排出するなど面倒なことが多いです。

不用品回収業者に依頼すれば、時間も手間もかかりません。即日回収可能な業者も多く、早く処分したい方にはおすすめです。

分別も解体もすることなく、電話1本依頼しただけで後は何もせずすべて任せられます他の処分方法と比較しても、楽に処分できることは間違いありません。

ハンガーをリメイクすることもあり!

ハンガーをリメイクすることもあり!

ハンガーはおしゃれにリメイクすると、お部屋に彩りを与えてくれます。子ども部屋などに可愛らしくリメイクしたハンガーがあれば、子どもも喜びます。

たとえば、ワイヤーハンガー2本を重ねて、セロハンテープで止めます。その後、お好みの毛糸をすき間なくぐるぐると巻いてください。

毛糸は、さまざまな色がミックスされたマルチカラーの毛糸を使うと華やかです。出来上がったリメイクハンガーをより可愛くしようと思えば、毛糸でボンボンを作り飾りとして加えてもおしゃれになります。

ハンガーを処分する際の費用相場はどれくらい?

ハンガーを処分する際の費用相場はどれくらい?

自治体でのハンガーを処分する際の費用相場は、基本無料です。ハンガーの素材により、可燃ごみ・不燃ごみ・資源ごみと分別は変わります。

不用品回収業者の場合、単品での処分費用は下記表のとおりです。

各自治体 無料(各自治体指定のごみ袋代)
不用品回収業者に依頼 3,000円~5,000円

ハンガー処分で不用品回収業者の利用がおすすめな人の特徴

ハンガー処分で不用品回収業者の利用がおすすめな人の特徴

ハンガーを処分する場合、多くの処分方法があります。本章では中でも不用品回収業者の利用がおすすめな人の特徴を紹介します。

ハンガー処分は不用品回収業者の利用がおすすめな人の特徴
  • ハンガーを素材別に分別・解体する時間がない人
  • 早急にハンガーを処分したい人
  • 大量のハンガーやほかにも処分したい不用品がある人

ハンガーを素材別に分別・解体する時間がない人

自治体で処分する場合、素材別に分別や解体をしなければいけません。木製ハンガーは引っかける部分に金属製が多く、木製部分と金属部分を解体して分別するのは手間がかかります

布が巻かれたハンガーや滑り止めでゴムがついているハンガーも、素材ごとに解体し各素材に合う分別が必要です。解体には危険も伴うので、自力で行う場合は注意しなければなりません。

不用品回収業者は依頼をしただけで、何の手間もかけずすべての作業に対応してくれます。仕事や家事など忙しく、ハンガーを素材別に分別や解体する時間がない方には不用品回収業者がおすすめです。

早急にハンガーを処分したい人

自治体では収集日が決まっており、自分の都合の良い日程は組めません。可燃ごみは週に1回か2回、不燃ごみでは月に1回とする自治体もあります。

引越しなどの理由で早急にハンガーを処分したい人は、自由に日程調整のできる不用品回収業者がおすすめです。24時間受付可能な不用品回収業者も多いので、思い立った時に問い合わせることもできます

不用品回収業者の中には即日回収可能な業者も多く、当日の申込みとしても柔軟に対応してもらえる可能性は高いです。また早朝や夜間しか時間が取れない場合も、回収可能な不用品回収業者は多く存在します。

大量のハンガーやほかにも処分したい不用品がある人

大量のハンガーやほかにも処分したい不用品がある人は、不用品回収業者が最適な方法です。とくに引越しや部屋の整理により、多くの不要となった家具・家電などが出てきた場合はおすすめします。

不用品回収業者では、詰め放題パックや定額パックなどのパックプランを提供している業者が多く存在します。単品での回収よりも、処分したいものが多ければパックプランを利用する方が費用を抑えられるのです。

ハンガーを処分するなら不用品回収センターがおすすめ!

不用品回収センター

不用品回収センターのおすすめポイント
  • 業界最安値に挑戦中
  • 安心の定額パックプラン
  • 女性スタッフ在籍で安心
特徴 継続してweb限定割引キャンペーン実施中
料金 4,800円~
営業時間 24時間365日受付対応可能
買取制度 有り
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

大量のハンガーを処分するなら不用品回収センターにお任せください。定額パックプランでは、他社さまでかかる車両費や作業費などがすべて含まれているため安心してご利用いただけます。

ベテランのプロスタッフに加えて女性スタッフも在籍しておりますので、お客様のご要望に最大限お応えいたします。不用品回収のことなら何でも、不用品回収センターへお気軽にお問い合わせくださいませ。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】ハンガーは素材を確認して処分することが大切

【まとめ】ハンガーは素材を確認して処分することが大切

本記事ではハンガーの処分方法について解説しました。ハンガーを処分するには、素材の確認が大切です。

自治体での処分の場合、各自治体によりハンガーの分類は異なるのでHPやごみ収集カレンダーなどで確認してください。手間も時間もかけたくない方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

ハンガーの処分方法はさまざまあるので、ご自分に合う処分方法を見つけてください。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る