ヘッダーCTA

フライパンの処分方法7選|処分の目安や売却時のポイント不用品回収業者を利用するメリットを紹介

フライパンの処分方法7選|処分の目安や売却時のポイント不用品回収業者を利用するメリットを紹介
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

 

お客様
フライパンって何ゴミで捨てればいいの?
お客様
フライパンを捨てるときは分別してから?それともそのまま?

家庭には必ずあるといっても過言ではないフライパンですが、新しいものを購入しても古いフライパンの捨て方が分からずにどんどん溜まっていくという人もいるのではないでしょうか。本記事では、フライパンを処分したいときのやり方や費用、おすすめの処分方法などについて解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • フライパンの捨て方が分かる
  • 費用をかけずにフライパンを処分する方法が分かる
  • 不用品回収でフライパンを処分すると何がお得か分かる

フライパンを処分するタイミングや目安は?

フライパンを処分するタイミングや目安は?

フライパンの処分をするタイミングは、約2年と言われています。2年で買い換え必要な理由としては、最近のフライパンはテフロン加工など表面処理がされたものが多く、表面加工が2年程度で寿命と言われているからです。

表面加工のあるフライパンは、2年程度使って料理のこびり付きや汚れ落ちの悪さが気になってきたら、処分のタイミングです。他にも、持ち手がグラグラしてきたときは危険なのですぐに使うのをやめて、新しいフライパンに交換しましょう。

フライパンの素材別の寿命や耐用年数

フライパンの素材別に、寿命や耐用年数を調べてみました。今お使いのフライパンがあと何年くらい使えるか、参考にしてみてください。

鉄製 10年以上(半永久的に使用も可能)
ステンレス製 10年
セラミック製 1~2年
テフロン加工・フッ素樹脂加工 1~3年
ダイヤモンド加工 2~3年
マーブル加工 1~5年

フライパンの処分方法7選

フライパンの処分方法7選

新しいものに買い換えて不用になった古いフライパンはどのように処分すればいいのでしょうか。本章では、フライパンの処分方法を7つ紹介していきます。

フライパンの処分方法7選
  • 自治体の不燃ゴミとして処分する
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • メーカーの回収サービスを利用する
  • 友人や知人に譲る
  • フリマアプリやオークションに出品する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体の不燃ゴミとして処分する

自治体の不燃ゴミとしてフライパンを処分する場合は、かかる費用はゴミ袋代(1枚10円~)のみです。フライパンの分別は自治体によって様々ですが、不燃ゴミとして処分できる自治体は以下のようなところがあります。

フライパンを不燃ゴミとして分別する自治体例
  • 東京都港区
  • 東京都大田区
  • 東京都江東区
  • 名古屋市
  • 新潟市
  • 福岡市
不用品回収スタッフ
自治体のゴミ分別ルールは見直されることもありますので、最新のゴミ分別情報についてはお住まいの自治体のホームページ等で必ずご確認の上、ゴミ出しを行ってください。

自治体の粗大ゴミとして処分する

自治体でのゴミ回収ではフライパンを不燃ゴミとして扱う自治体が多いですが、中には資源ゴミとして回収する自治体もあります。また、不燃ゴミ・資源ゴミとして回収するのはフライパンの直径が30cm以内のもので、それ以上になる場合は粗大ゴミとして扱うという自治体もあります。

例えば大阪市では、鉄など金属製のフライパンは資源ゴミ、ガラス・ホーロー製のフライパンは普通ゴミですが、どちらも30cmを超えるものは粗大ゴミです。大阪市では粗大ゴミの回収は戸別収集のみで、自己搬入は行っていません。

メーカーの回収サービスを利用する

フライパンを販売するメーカーの中には、新しいフライパンを購入時に古いフライパンを回収してくれるサービスを行っているところもあります。ベルギー発の調理器具ブランド「グリーンパン」の日本公式オンラインサイトでは、古くなったフライパンを資源としてリサイクルするため、2022年より回収サービスを開始しました。

グリーンパンで回収するフライパンは、メーカーや素材は不問で、グリーンパンのフライパンを一つ購入するごとに古いフライパンを一つ引き取ってもらえるサービスとなっています。回収された古いフライパンは素材ごとに分別され、再資源化や建築資材として再利用されるとのことです。

友人や知人に譲る

不用になったフライパンがまだまだ使えるものだったら、友人や知人に譲るのもいいでしょう。人気メーカーのフライパンだったら、中古でも欲しいという人はいるかもしれません。

ただし、古いフライパンを人に譲る際には、なるべく汚れを落としてきれいな状態にしてから譲り渡すようにしましょう。

フリマアプリやオークションに出品する

フリマアプリやオークションに出品することも、古いフライパンを処分したいときにはいい方法です。もしも処分したいフライパンが未使用で有名なメーカーのものであれば、自分が思っているよりも高い値段で買ってくれる人もいることでしょう。

しかしながら、使用には問題ないとはいえ使い古されたフライパンだと、高値で落札されることはほぼなくなり、売却までに時間がかかる可能性も高いです。新品または新品同様のフライパンでなければ、フリマアプリやオークションでの売却は難しいと思っていたほうがいいでしょう。

リサイクルショップに持ち込む

フリマアプリやオークションの場合と同じく、新品未使用のフライパンはリサイクルショップでも買い取ってもらえる可能性があります。ただし、中古の調理器具は衛生面から買取不可としているリサイクルショップもありますので、持ち込む前に確認してからだと確実です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者であれば、どんなに使い古したフライパンであろうと、すべて引き取って処分してもらうことが可能です。新品のフライパンであれば、買取を行っている不用品回収業者もありますので、状態次第で買い取ってもらえる可能性もあります。

また、不用品回収業者は電話で見積もり依頼が可能で、自分から出向く必要がありませんので、忙しい人にも利用しやすくなっています。家の片づけや断捨離でフライパンの他にも不用品が出ている場合は、一緒に回収してもらうと料金が割安です

不用品回収スタッフ
フライパンのみの回収ですと、他の処分方法の方が費用的には安くできる場合もありますので、見積もり依頼の際に料金について納得のいくまで相談の上利用してみてはいかがでしょうか。

フライパンを処分する場合の費用相場

フライパンを処分する場合の費用相場

フライパンを処分する場合の費用相場について調べてみました。これからフライパンを処分しようとしている方は、参考にしてみてください。

自治体のゴミとして処分する 不燃ゴミ 無料(ゴミ袋代)
資源ゴミ 無料(ゴミ袋代)
粗大ゴミ 無料または200円程度
メーカーの回収サービスを利用する 無料(送料は負担・新しいフライパンを購入時のみ)
友人や知人に譲る 無料
フリマアプリやオークションに出品する 無料または送料分負担
リサイクルショップに持ち込む 無料
不用品回収業者に依頼する 500円~(別途基本料金など)

フライパンを売却や譲渡するときのポイント

フライパンを売却や譲渡するときのポイント

本章では、フライパンを売却するときや譲渡するときのポイントについて調べてみました。

綺麗な状態にしておく

中古のフライパンを人に譲る場合は、汚れを落としてきれいな状態にしておきましょう。フライパンの焦げ付き汚れは重曹で綺麗に落とせます。

フライパンの焦付きを落とす方法
  • ①フライパンに水と重曹を入れる。重曹は水1リットルにつき大匙5杯程度。
  • ②フライパンを中火にかけ、沸騰したら火を止めて冷ます。
  • ③スポンジやブラシを使って焦げ付きをこすり落とす。

フライパンの外側もきれいにしたい場合は、お湯と重曹を1:2の割合で混ぜて作った重曹ペーストを、外側の焦げ付き部分に塗り込んでラップなどでパックし1時間程度放置します。時間が経ったらペーストと一緒に焦げ付き部分をスポンジなどでこすり落とします。

ただし銅とアルミの素材のフライパンには重曹は使えませんので、気を付けてください。

フライパンの人気メーカー

フライパンのメーカーは、フランスやアメリカなど海外の製品が人気が高いです。手ごろな価格で幅広く人気があるティファールのフライパンは耐久性が高くこびりつきにくいのが特徴で、持ち手が外せるので収納時や洗う時に便利です。

ル・クルーゼはホーローの両手鍋が有名ですが、内も外も汚れが付きにくくアルミ加工で熱が伝わりやすいフライパンも人気があります。他にもステンレス製の調理器具が有名なアメリカのオールクラッドや頑丈でキャンプなどにも使われるスキレットで有名なロッジなどが人気のメーカーです。

MEMO

フライパンの人気メーカー
ティファール(T-fal)、ル・クルーゼ(Le Creuset)、オールクラッド(All-Clad)、ロッジ(Lodge)など

フライパン処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめなケース

フライパン処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめなケース

本章では、フライパン処分を不用品回収業者に依頼するのがおすすめなケースについて解説します。

フライパン以外にも処分したいものがある人

家の中を片付けたり断捨離したりした際に、フライパン以外にも家具や家電・日用品などの不用品が出た場合は、不用品回収業者に依頼するとまとめて処分してもらえるので便利です。不用品回収業者はトラック積み放題プラン等があるため、少量の不用品回収よりもまとめて大量の回収の方が1点ごとの費用は安く済み、お得に処分できます。

手間をかけずに簡単にフライパンを処分したい人

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで不用なフライパンを取りに来てもらえます。忙しくて不用品を処分する時間がない方や、不用品の量が多くて自治体のゴミ捨てでは一度に処分できないという方には、不用品回収業者に依頼していっぺんに処分してもらうのもいいでしょう。

フライパン処分と同時に買取できる不用品がある人

自宅の片づけをやっていると、フライパン以外にも様々な不用品が出てくることでしょう。自宅で眠っている不用品の中には、査定次第では高価で買い取ってもらえるような貴重品が眠っているかもしれません。

フライパンを不用品回収業者に回収依頼する際に、同時に不用品を買い取ってもらうと回収料金と相殺され大変お得に不用品を処分できます。ただし、すべての不用品回収業者が不用品買取も行っているとは限りませんので、見積もり依頼の際に確認しておきましょう。

注意すべき不用品回収業者の特徴は?

注意すべき不用品回収業者の特徴は?

残念なことに、不用品回収業者の中には悪質な業者も混じっているのが事実です。本章では悪質な不用品回収業者の特徴と、どうやって見分ければいいのかを解説していきます。

「無料」を謳っている業者

無料で回収を謳っている業者は悪質な不用品回収業者の可能性があります。拡声器で無料回収をアピールしながら軽トラックで住宅街を巡回している業者は、実際には回収後に相場より高い料金を請求してくるなどのトラブルが報告されています。

また、軽トラックで巡回する「トラック型」の他に、「チラシ型」「拠点型」などの悪質な不用品回収業者の存在も確認されていまますので、気をつけましょう。

営業するために必要な許可が確認できない業者

家庭からの不用品を回収するには、自治体の一般廃棄物処理業許可や委託が必要です。営業に必要な許可や委託が確認できない業者は、回収した不用品の不法投棄や不適切な処理を行っている可能性があります。

許可を得た不用品回収業者かどうかは、業者のホームページで確認できるほか、お住まいの自治体に問い合わせることでも確認できます。

フライパンの処分は「不用品回収センター」へお任せください

フライパンの処分は「不用品回収センター」へお任せください

フライパンなどご家庭から出た不用品の処分は「不用品回収センター」へお任せください。不用品回収センターではベテランスタッフが多数在籍しており、親切丁寧なお客様対応を心掛けています。

不用品回収センター

ご家庭で不用品が出た場合は、24時間365日通話料無料のフリーダイヤルでお見積りのご相談承ります。スケジュール次第で当日の回収も可能ですので、不用品があってお困りの場合は、まずは不用品回収センターにご連絡ください。

特徴 定額の載せ放題プランが安心
料金 SSパック4,800円
回収可能な不用品 家具・家電・日用品・自転車等
買取制度
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】フライパンは状態や都合に合わせて処分しよう

【まとめ】フライパンは状態や都合に合わせて処分しよう

本記事では、古くなったフライパンを処分するときの方法や費用、おすすめの処分方法などについて解説しました。人気のフライパンメーカーも紹介していますので、お持ちのフライパンが人気メーカーのものであれば、買取を行っている不用品回収業者に依頼すると回収と買取が同時に行えるのでおすすめです。

フライパンの処分をするときは、お持ちのフライパンの状態によって、売却や譲渡などいろんな選択肢が存在します。フライパンを処分したいときは、本記事を参考にご自分に合った方法で処分しましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る