ヘッダーCTA

釣竿の捨て方5選!プラケースの処分やリールの捨て方も紹介

釣竿の捨て方5選!プラケースの処分やリールの捨て方も紹介
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)
お客様
古い釣竿が壊れてしまって、不要な釣竿が溜まってしまった。まとめて処分することはできるのだろうか?
お客様
息子が上京して、昔使っていた釣竿を置いていったのだけど、邪魔だから処分したい・・・。簡単に処分する方法が知りたい!

釣りを趣味とされる多くの方々にとって頭を悩ませるのが、不用となった釣竿の処分。不用品の適切な処分方法を知ることは、環境への配慮と社会のルールを守る上で重要です。

釣竿の処分方法には、自治体の規則に基づくごみ出しやリサイクルショップまたは釣具専門店への持ち込み、フリマアプリでの販売があります。また、不用品回収業者を利用すれば、多数または破損した釣竿も簡単に処分が可能です。

本記事では、釣竿を含む釣具を環境に優しく、かつ効率的に処分する方法について紹介します。

釣竿の捨て方5選

釣竿の捨て方5選

釣竿を処分するには、いくつかの選択肢があります。処分方法は以下の通りです。

釣竿の捨て方
  • 自治体を利用して釣竿を処分する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 釣具専門店で買い取ってもらう
  • フリマアプリに出品する
  • 不用品回収業者に依頼する

各処分方法を適切に理解し、自分のニーズに合った処分方法を選択してください。

自治体を利用して釣竿を処分する

釣竿の写真
釣竿の処分を考える際、最初に検討すべきは居住地域の自治体の利用です。自治体によっては、釣竿を「普通ゴミ」扱いで受け入れるところもあれば、「粗大ゴミ」として手続きが必要な場合もあります。

以下では、「普通ゴミ」と「粗大ゴミ」、それぞれの処分方法を解説します。自治体で釣竿を処分したい方は、ぜひ参考にしてください。

釣竿を普通ゴミで処分する方法

釣竿は、自治体の定めるサイズに応じて「普通ゴミ」として処分できます。

自治体分別方法例
  • 横浜市:全長50センチメートル以下に小さくした釣竿
  • 千代田区:30cm以下の釣竿

中身が見える透明または半透明の袋に入れて、決まった場所へ出します。処分基準は地域によって違うため、事前に自治体のホームページを確認または直接問い合わせて確認してください。

また、釣竿の素材によって可燃ゴミか不燃ゴミかの区分もあり、一般的に木製は可燃、カーボンやガラス製は不燃ゴミとして扱われます。

注意点

折れたり尖ったりしている釣竿は作業員の安全を考慮し、先端を紙などで覆ってから袋に入れましょう。

釣竿を粗大ゴミとして処分する方法

処分したい釣竿が自治体の規定より大きい場合は、「粗大ゴミ」として処分する必要があります。基本的な粗大ゴミの処分方法は以下の通りです。

自治体の指定する方法で粗大ゴミの申し込みを行います。インターネットや電話での申し込みが可能です。

金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどで粗大ゴミ処理券(自治体により名称は異なります)を料金分購入し、釣竿に貼り付けます。その後、指定された収集日に釣竿を収集場所に出しておきましょう。

注意点

原則雨天の場合でも粗大ごみの回収は行われます。油性マーカーを使用して、受付番号や氏名をはっきりと書き込んでください。

リサイクルショップに持ち込む

数種類の釣竿の写真
オフハウスなどのリサイクルショップの利用は、不用品を新しい持ち主に繋げる有効な手段です。まずは、対象のリサイクルショップが釣竿を受け入れているか確認します。

受け入れの確認が取れたら、釣竿を清潔にして可能な限り良い状態にして持ち込んでください。取り引きが成立したら、現金または店舗の規定に応じた支払い方法で買取金を受け取ります。

買取金は釣竿の状態や需要に応じて大幅に変わります。複数のショップの条件を比較し、最も有利な取り引きができるリサイクルショップを選びましょう。

釣具専門店で買い取ってもらう

修理した釣竿の写真
釣り具専門店は、専門知識を持つスタッフが丁寧に査定し、適正価格での買い取りを提案してくれます。釣具専門店「タックルベリー」では、店舗買い取りはもちろん、WEB宅配買取、通信買取が可能です。

店頭の場合は、その場ですぐ査定してくれるため、忙しい方でも安心して利用できます。また、リサイクルショップと同じく、店舗によって査定額は大きく変わります。

不用品回収スタッフ
複数のショップの条件を比較し、自分に合った釣具専門店を選びましょう。

フリマアプリに出品する

釣竿のリール部の写真
近年、不用品をメルカリのようなフリマアプリで売却するケースが増えています。状態が良ければ、それなりに利益も上がります。

出品前に釣竿の状態を確認し、汚れている場合はできる限り綺麗にしてください。取り引きは対面で行う訳ではないため、詳細な説明と明るい写真が重要です。

購入者が現れたら釣竿を丁寧に梱包し、約束の期間内に発送します。釣竿が購入者のもとに届いたら、評価をして取り引き完了です。

注意点

取り引きは個人間で行われるため、丁寧な対応が必須です。トラブルを招かないためにも、まめにアプリを確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する

釣竿の海釣り写真
不用品回収業者は、大型の不用品や特殊な処分が必要なアイテムを自宅から回収してくれるサービスです。利用の際は、電話またはインターネットで予約し、見積もりを出してもらいます。

予約した日に立ち会いし、料金を支払えば完了です。信頼できる業者を選ぶためには、許可の有無や無料の見積もり、追加費用が発生しない業者を探しましょう。

不用品回収業者は「不用品回収センター」がおすすめ

不用品を安心して処分したい場合は、「不用品回収センター」への相談がおすすめです。信頼できる専門家のサポートにより、不用品の処分をスムーズで効率的に進められます。

釣竿を不用品回収業者で処分するメリット

釣竿を不用品回収業者で処分するメリット

釣り愛好家にとって、不要になった釣竿の処分は意外と頭を悩ます問題です。特に多くの釣竿を所有している場合や使用できなくなった釣竿をどう扱うかは、簡単に解決できるものではありません。

以下では、不用品回収業者を通じて釣竿を処分するメリットを解説します。

大量の釣竿も簡単に処分できる

不用品回収業者を利用する最大のメリットは、大量の釣竿でも簡単に処分できる点です。

長年にわたって釣りを趣味としてきた人々は、健康上の問題や趣味の変化などの理由で、新しい釣竿への交換を考えることがあります。大量の釣竿の処分で頭を悩ませている場合でも、不用品回収業者は不要になった多くの釣竿を一括で回収してくれるため、個別に処分する手間を省けます。

不用品回収スタッフ
自治体で処分する場合は、処分日時や1回で処分できる本数など制限があるケースが多いので、不用品回収業者で簡単に処分することをおすすめします!

折れた釣竿も手軽に引き取ってもらえる

時には大物の魚を釣ることもあるため、使用しているとすぐに折れたり壊れたりしやすいです。一度故障すると自分での修理や廃棄が困難なことがしばしばあります。

不用品回収業者を使えば、どのような状態の釣竿でも気軽に引き取ってもらえます。これにより、不要になった釣竿を手間なく、環境に優しく処分が可能です。

不用品回収スタッフ
釣り愛好家の間で、処分の問題を簡単かつ効率的に解決するおすすめの手段となっています。

釣竿を高く売却するポイント

釣竿を高く売却するポイント

釣竿を高く売却することで、新しい釣り具への投資に回すことが可能です。以下では、釣竿を高く売却するためのポイントについて、具体的な方法を紹介します。

これらのポイントを押さえて賢く釣竿を売却し、日常をさらに充実させましょう。

付属品を揃えて売却する

釣具を売却する際、付属品の有無は査定額に大きく影響します。釣竿だけでなく、リールや収納バッグ、ルアーセットなど釣りに必要な付属品全てを揃えて売ることが重要です。

付属品が揃っていると、購入者は追加の購入なしで直ちに釣りを始めることができるため、商品の魅力が格段に上がります。特に、商品が元の箱や説明書とともに提供される場合、その価値と査定額はさらに増加します。

ポイント

今後、売却予定がある場合、使用しない付属品は清潔に保管しておくのがおすすめです。

出来るだけ綺麗な状態にする

釣竿は海水によってサビやシミが発生しやすくなります。汚れていると釣竿の価値を著しく下げるため、購入時から売却を見越している場合、使用後の適切な手入れが重要です。

使用後に釣竿を真水で丁寧に洗い流し、柔らかい布で水分を優しく拭き取ることで綺麗に保管できます。

注意点

洗剤の使用は避けましょう。利用する場合は、専用の洗剤をご購入ください。

リールや釣竿のプラケースの処分方法

釣竿以外の釣具の処分方法

釣りを楽しむ上で必要不可欠なアイテムである釣具ですが、使わなくなったり、古くなったりした際の処分方法に困ることがあります。以下では、釣竿以外の釣具、すなわちリールやルアー、そして釣具購入時に付属するプラケースなどの処分方法を紹介します。

リールの処分方法

リールの素材に応じて、処分方法が異なるため注意が必要です。例えば、横浜市では以下のように分別します。

横浜市の分別方法
  • 金属製:金属類のゴミ
  • プラスチック製:可燃ゴミ
  • 充電式のリール:粗大ゴミ

自治体によって分別が異なるため、事前に確認することが大切です。

注意点

電動リールはバッテリーを外してから処分してください。

ルアーの処分方法

ルアーは材質によって処理方法が異なります。例えば、横浜市では以下のように分別します。

横浜市の分別方法
  • 金属製のルアー:金属類のゴミや不燃ゴミ
  • それ以外:基本的に可燃ゴミ

また、ルアーはリサイクルショップやフリマアプリを通じて再販することが可能です。特に人気のあるブランドのルアーは、個々の買取価格が低くても、まとめて売れば意外と高い金額になることがあります。

注意点

ルアーに針がついている場合は、フックを新聞紙で丁寧に包み、包装紙の上にマジックで品名と「危険」と書いて不燃ゴミとして出してください。

釣竿やルアーを買った時についてくるプラケースの処分方法

釣り具付属のプラケース処分には、まず自治体のリサイクルルールを確認しましょう。多くのプラケースはプラスチック製ですが、リサイクルできるかは地域によって異なります。

主にPETボトルや一部特定プラスチックがリサイクル対象です。プラケースがリサイクル不可の場合、通常は可燃ゴミとして処理されます。

注意点

プラケースが割れている場合は作業員の安全を考慮して、ビニール袋に入れて口を縛ってから処分しましょう。

釣竿の処分は「不用品回収センター」へ

釣竿の処分は「不用品回収センター」へ

不用品回収センターは、釣竿をはじめとする不用品の処分を手軽に、そして環境に優しく行なってくれる最適な選択肢です。不用品回収センターを利用することで、煩わしい処分作業から解放され、手軽に不用品を処分できます。

以下は、「不用品回収センター」の詳細についてです。

不用品回収センターの詳細

不用品回収センター

特徴 ・年間50,000件以上の回収実績
・追加費用は一切なし
料金 ・SSパック:定価10,000円からのサービスがWEB限定で4,800円に
回収可能な不用品 ・釣竿を含むほとんどの家庭用品や事務用品などの幅広いアイテム
・回収不可能な物には、著作権や名誉権を侵害する物、爆発物、盗品など
買取制度 あり
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/
「不用品回収サービス」を利用する際のメリットとは?

不用品回収サービスでは、最短即日の回収が可能です。特別な手続きは必要ありません。

24時間対応で、深夜や早朝の依頼も受け付けており、単品回収からゴミ屋敷の清掃まで幅広く対応しています。さらには高価買取のオプションがあり、WEB限定割引やGoogle MAP口コミ割引などの特別プロモーションを併用することで、さらにお得にサービスをご利用いただけます。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】釣竿を賢く捨てよう

【まとめ】釣竿を賢く捨てよう

この記事では、釣竿の処分方法を紹介しました。自治体の利用やリサイクルショップの利用、フリマアプリの利用など多様な処分方法がありますが、不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する場合は、信頼できる業者選びが重要です。許可証の有無や見積もりの無料提供、透明な料金体系を持つ業者を選びましょう。

大切なのは、釣竿の状態を正確に把握し、最適な処分方法を選ぶことです。また、釣竿以外の釣具の処分についても、同じように適切な方法を選びましょう。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る