ヘッダーCTA

扇風機の処分方法9選!寿命や注意すべきポイントもあわせて解説

扇風機の処分方法9選!寿命や注意すべきポイントもあわせて解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

使わなくなった扇風機を処分したい場合、どのような選択肢があるのでしょうか?扇風機は小型家電リサイクル法の対象商品ですので、安易に廃棄するのではなくルールをしっかりと確認した上で処分しなければなりません。

本記事では、扇風機の処分方法とそれぞれのメリット・デメリット、費用相場などをご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 扇風機の処分方法
  • それぞれのメリット・デメリット
  • 処分にかかる費用相場
  • 不用品回収業者を活用する方法

扇風機は小型家電リサイクル法対象製品

扇風機は小型家電リサイクル法対象製品

扇風機は、小型家電リサイクル法のリサイクル対象製品に含まれています。小型家電リサイクル法は小型電子機器類を計画的にリサイクルするために施行されました。

リサイクル対象製品は、処分する際に適切な方法でリサイクルすることが求められています。自治体や指定回収業者による回収ルールに則ることで、環境保護に貢献できます。

小型家電リサイクル法とは?

小型家電リサイクル法は使用済みの小型家電をリサイクルし、資源を再利用するための法律です。自治体や指定業者は小型家電を回収したあと、再利用可能な部品を分離して再利用します。

扇風機を含む、スマートフォン、デジタルカメラなどの家電が対象製品です。不要な小型家電を処分したい場合は自治体が設置している回収ボックスに入れることで、適切に処分できます。

扇風機は対象品目のひとつ

扇風機は小型家電リサイクル法の対象品目のひとつです。廃棄する際は、自治体や指定された回収業者を通じて正しい方法でリサイクルする必要があります。

扇風機には金属やプラスチックなど、再利用可能な部品が多く含まれているため、適切な分別と処理が求められます。お持ちの扇風機の処分方法がわからない場合は、自治体や専門機関に問い合わせてみましょう。

扇風機は自治体で何ごみに分別される?

扇風機は自治体によって分別方法が異なりますが、一般的には粗大ごみとして扱われます。多くの自治体では事前に収集の予約が必要です。

処理手数料を支払った上で指定された日に決められた回収場所に出すことで回収してもらえます。処分方法は扇風機の大きさや素材にもよるので、処分する前に確認しておきましょう。

扇風機の寿命はどのくらい?

扇風機の寿命はどのくらい?

扇風機の寿命は一般的に5年から10年とされていますが、使用頻度やメンテナンスの状態により寿命は大きく左右されます。定期的にホコリを掃除し、モーター部分に異常がないか確認するなどしっかりと手入れを繰り返すことで寿命が延びる場合もあります。

逆に使用環境が過酷な場合や、過度な連続使用は故障を早める原因となりますのでメーカーの推奨する使用方法を守ることが長持ちさせる鍵です。壊れた場合は、リサイクル法に従い適切に処分しましょう。

使用できない扇風機の処分方法

使用できない扇風機の処分方法

使用できなくなった扇風機の処分方法には、解体して一般ごみとして処分する方法、粗大ごみとして自治体のルールに従って処分する方法、小型家電として自治体で回収してもらう方法があります。それぞれのメリットとデメリットを理解し、適切な処分方法を選択しましょう。

解体して一般ごみとして処分する

処分方法の一つ目は使用できない扇風機を解体し、一般ごみとして処分する方法です。解体することで、プラスチック部分や金属部分を分けて捨てられます。

申し込み手続きや手数料の支払いをすることなく処分できるメリットがある一方で、デメリットとしては、解体作業に手間がかかることが挙げられます。部品ごとに金属やプラスチックなど異なる素材が使われているため、正しく分別する知識も必要です。

また、自治体によっては一般ごみとしての処分が禁止されている場合もありますので注意しましょう。

粗大ごみとして自治体のルールに従って処分する

扇風機を粗大ごみとして自治体のルールに従って処分する方法もあります。メリットは、自治体が指定する回収日や方法に従うことで確実に処分できる点や、大型の家電製品も一度に処分できる点が挙げられます。

一方、回収日が限られているためすぐに処分できないことや、処理手数料が発生することはデメリットと言えます。

小型家電として自治体で回収してもらう

使用できなくなった扇風機を小型家電として自治体で回収してもらう方法もあります。自治体の回収ボックスに入れるだけで簡単に処分でき、多くの場合処理手数料もかかりません。

また、リサイクルが促進されるので環境にも良い選択肢です。一方で回収ボックスの設置場所が限られているため、近くにない場合は利用しにくい方法でもあります。

回収ボックスに入らない大きさの扇風機は処分できないため事前に確認が必要です。

家電量販店・ホームセンターに引き取ってもらう

多くの家電量販店やホームセンターでは、新しい製品の購入時に古い家電を引き取るサービスを提供しています。店舗に持ち込むだけで処分できる手軽さと、買い替えの際に一度に処理できる点は非常に便利です。

デメリットとして、引き取りのみの依頼では手数料が割高になる場合が多く、コストがかかることが挙げられます。また、引き取りサービスの条件や方法は店舗によって異なるため事前に電話などで問い合わせしておきましょう。

引取りを実施している家電量販店・ホームセンター

実際に扇風機の引き取りを行っている家電量販店やホームセンターでは、どのぐらいの引取金額がかかるのでしょうか。代表的な4つの家電量販店・ホームセンターの金額を表にまとめました。

家電量販店・ホームセンター名 引取金額 引取条件
エディオン 550円(税込) 3辺の合計サイズが120cm以下・重さが10kg以下であること、1人で運べること
ヤマダデンキ 1,100円(税込) ダンボールに詰めてあること
ケーズデンキ 550円(税込) 家庭用の電気製品であること
カインズ 無料 新しい扇風機を購入した場合のみ

不用品回収業者に引き取ってもらう

扇風機の適切な処分方法がわからない場合は、不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。電話一本で自宅まで回収に来てくれるため、手間がかからず非常に便利です。

扇風機以外にも処分したい不用品がある場合は、トラック積み放題プランを利用することでお得に処分できます。ただし処分したい不用品が扇風機だけの場合は単品での引き取り価格になるため数千円程度かかり割高になります。

扇風機を処分するときに注意すべきポイント

扇風機を処分するときに注意すべきポイント

扇風機を処分する際には、適切な方法を選び、安全に処理することが重要です。電池式や充電式の場合は電池を取り外し、自治体で処分する際はルールを確認しましょう。

また、買取依頼する際には動作確認や掃除をすることで買取価格のアップも期待できます。

扇風機を処分するときに注意すべきポイント
  • 電池式・充電式の場合は本体から取り外して処分する
  • 自治体処分する場合はそれぞれの自治体のルールを確認する
  • 買取依頼する場合は扇風機の動作確認などを行う

電池式・充電式の場合は本体から取り外して処分する

電池式や充電式の扇風機を処分する際には、必ず電池を本体から取り外して処分します。電池を取り外さずに処分すると、ごみ収集時に火災の原因になることがあります。

特に充電式のリチウムイオン電池は発火のリスクが高いため、ご自身の安全のためにも必ず分別して適切な処理を行いましょう。お持ちの扇風機のタイプがわからない場合は、不用品回収業者などの専門家に任せることをおすすめします。

自治体で処分する場合はそれぞれの自治体のルールを確認する

扇風機を自治体で処分する場合は、自治体ごとに定められたルールを確認しましょう。粗大ごみとして回収する場合や、小型家電回収ボックスを利用する場合など処分方法は自治体によって異なります。

リサイクルを推進している自治体は、無料で引き取ってくれるサービスを提供していることもあります。お得に処分するためにも、自治体のホームページや役所で最新の情報を確認し、指定された方法に従って処分しましょう。

買取依頼する場合は扇風機の動作確認が必要

扇風機を買取業者に依頼する場合、事前に動作確認を行うことが必要です。動作しない場合や故障している場合、買取を拒否される可能性があります。

動作確認の際は、電源を入れて風が正常に出るか、異音がしないかなど最低限の挙動をチェックしてください。本体を掃除し、外観の状態を良くしておくことで買取価格が上がることも期待できますので買取前の準備を怠らず、スムーズな取引を心掛けましょう。

扇風機がまだ使用可能な場合の処分方法

扇風機がまだ使用可能な場合の処分方法

まだ使用可能な扇風機は、適切な方法で手放すことで他の人に有効活用してもらえます。フリマアプリでの売却、自治体のリユース事業の利用、リサイクルショップへの買取依頼など、さまざまな方法があります。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるため、最適な選択をしましょう。

フリマアプリで売却する

メルカリなどのフリマアプリを利用して扇風機を売却する方法があります。メリットとして、手軽に出品でき、全国の購入希望者にアプローチできる点が挙げられます。また、自分で価格を設定できるため、希望の価格で売却ができるのも嬉しいポイントです。

問題なく使用できる製品であれば、2,000〜5,000円で売れている実績があります。一方で、梱包・発送の手間がかかる、取引の際のコミュニケーションに気をつけなければいけない、などのデメリットがあります。

自治体のリユース事業を利用する

自治体のリユース事業を利用して扇風機を手放す方法もあります。自治体によっては不用品を引き取ってリユースする事業や、掲示板などでほしい人と手放したい人の情報提供を行っています。

手続きが簡単で引取や掲示板利用が無料の場合も多く、地域内でのやり取りなので受け渡しもスムーズです。リユースサービスの有無は自治体によって異なるため、利用可能か事前に確認が必要です。

リサイクルショップに買取ってもらう

リサイクルショップに扇風機を持ち込み、買取ってもらうのも良いでしょう。簡単な手続きだけで、すぐに現金化できるのが嬉しいポイントです。

また、出張買取を利用すれば他の不用品もまとめて売却できるので引越しの際などにおすすめです。ただし店舗によっては買取価格が低く設定されることがあり、数百円台となる場合があります。

ジモティーで必要な人を探す

ジモティーというアプリを利用して、扇風機を必要としている人を探す方法もあります。地域内の取引が主なため、送料や梱包の手間が省けます

取引が直接的ですぐに引き取ってもらえる可能性が高く、2,000〜3,000円台で売れているケースもあるため、効率的に処分したい方におすすめです。一方、取引相手と直接コミュニケーションを取る手間が発生します。

相手が引き取りに来なかった場合や、取引に関するトラブルが発生するリスクも考慮に入れておきましょう。

友人や知人で扇風機がほしい人に譲る

最後に、友人や知人に扇風機を譲る方法も有効です。信頼関係が既にあるため、取引がスムーズに進むことが期待できます。

直接受け渡しをすれば送料や梱包の手間もかかりません。デメリットとして、身近な人に譲ることで、万が一故障した場合に気まずさを感じることもあるでしょう。

受け渡し前には必ず問題なく作動することを確認し、説明書なども同封すると事後のトラブルを避けられます。

扇風機を処分する場合の費用はどれくらい?

扇風機を処分する場合の費用はどれくらい?

扇風機の処分費用は、選択する方法によって異なります。自治体で粗大ごみとして処分する場合、処理手数料としておよそ500円から1,500円程度の料金がかかります。

フリマアプリで売却する場合は買取価格がつけば利益が出る可能性もありますが、出品手数料が売却価格の5%から10%程度、送料が1,000円から2,000円程度かかることが一般的ですので考慮しておきましょう。家電量販店で引き取ってもらう場合、新製品購入時には無料となる場合もありますが、引き取りのみだと1,000円から3,000円程度かかることがあります。

不用品回収業者に依頼する場合、回収費用は3,000円から5,000円程度が相場です。各方法のコストを考慮して最適な処分方法を選びましょう。

各自治体で粗大ごみとして処分する 500〜1,500円
フリマアプリに出品する 無料
家電量販店に引き取ってもらう 1,000〜3,000円
不用品回収業者に依頼 3,000〜5,000円

扇風機の処分なら不用品回収センターにおまかせ!

不用品回収センター

不用品回収センターのおすすめポイント
  • お客様満足度98.3%
  • 高価買取実施
  • 対象エリアは全国
特徴 年間50,000件以上の回収実績があり、安心のスタッフサービス
料金 4,800円〜
営業時間 24時間365日
買取制度
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

不用品回収センターは、全国を対象に不用品回収業務を行っています。年間50,000件以上の回収実績があるので、処分方法などでお困りのことがあればベテランのスタッフにお任せください。

また、高価買取も実施しています。まだ使える状態の扇風機であれば廃棄をする前に不用品回収のご検討をおすすめします。

24時間365日電話見積もりを受け付けていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】扇風機は自分の都合に合わせて処分しよう

【まとめ】扇風機は自分の都合に合わせて処分しよう

いかがでしたか?扇風機の処分方法にはさまざまな選択肢があります。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、扇風機の状態やご自身のスケジュールなどに応じて適切な方法を選びましょう。フリマアプリや自治体のリユースサービスを活用して、ごみを減らす方法が取れると良いですね。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る