ヘッダーCTA

ダンベルの捨て方6選|捨て方を選ぶ方法や処分時の注意点も解説

ダンベルの捨て方6選|捨て方を選ぶ方法や処分時の注意点も解説
郵便番号を入力して対応地域をチェック!
対応地域を確認
※郵便番号7桁を入力してください(例:123-4567)

ダイエットやエクササイズのために購入したダンベル。重さを変えたくなったり、引っ越しをして不要になったりした際、どのような処分方法があるのでしょうか。

ダンベルは大きさや重さもさまざまですから、種類によって処分方法は異なります。また、自治体によってもルールは異なります。

この記事ではみなさんの疑問にお答えしながら、ダンベルの正しい処分方法をご紹介します。

お客様
ダイエットをしていた時期に購入したダンベルが不要になったけれど、どのように処分すれば良いかわからずに困っています。
お客様
家族が使っていたダンベルが古くなってしまったので処分したいけれど、一般ごみとして捨てて良いのでしょうか?重さも大きさもあるので不安です。
この記事を読んでわかること
  • ダンベルの処分方法とその決め方
  • ダンベルを処分する際の費用と注意点
  • 不用品回収業者を利用する際の注意点とおすすめの業者

ダンベルの処分方法はどうやって決める?

ダンベルの処分方法はどうやって決める?

お手元のダンベルを処分する際は、まずサイズと重さを確認しましょう。処分を急がない場合は、リサイクルセンターなどを利用する方法もあります。

ニーズに合わせて適切な処分方法を選んでみてくださいね。

ダンベルの大きさで判断する

ダンベルの処分方法は、まず大きさを基準に考えると良いでしょう。30cm以内の小型ダンベルであれば、多くの自治体では可燃ごみや不燃ごみとして処分することができます。

ダンベルの素材によって、どのごみに分別されるかは変わります。お住まいの自治体のルールに従って処分しましょう。

不用品回収スタッフ
迷った場合は、ご自身で判断せずに自治体の問い合わせ窓口から相談してみるのがおすすめです。

ダンベルの重さで判断する

ダンベルの処分方法を検討する際には、重さもひとつの指標となります。自治体の収集サービスでは通常、10kg以下のごみが対象となります。

規定の重さを超える場合は、自治体のホームページからルールを確認してみましょう。また、フリマアプリやリサイクルセンターなどを活用することもおすすめです。

ダンベルの素材で判断する

ダンベルを処分する際は、素材も考慮が必要です。多くのダンベルはプラスチック製・金属製が多いでしょう。

プラスチックであれば可燃ごみ・不燃ごみとして処分可能な地域もあります。また、パーツによって素材が異なる場合は適切に分解し、分別してから処分する必要があります。

金属の処分方法は自治体によっても異なりますので、必ずルールを確認しましょう。

ダンベルを処分する方法6選

ダンベルを処分する方法6選

では、ダンベルを処分する方法にはどのような選択肢があるのでしょうか。大きさや重さによって処分方法はさまざまです。

また、料金も異なりますのでご自身のニーズに合った方法を選びましょう。

ダンベルの適切な処分方法
  • 自治体の普通ゴミとして処分する
  • 自治体の粗大ゴミとして処分する
  • リサイクルショップで売却する
  • 専門店やメーカーに引き取ってもらう
  • フリマアプリに出品する
  • 不用品回収業者に依頼する

方法①自治体の普通ゴミとして処分する

最も簡単な方法は、ダンベルを自治体の普通ゴミとして処分することです。まずダンベルの素材を把握し、自治体指定の収集日やルールに従って処分しましょう。

素材以外にも、重量やサイズの規定がありますのでご自身が使っているダンベルの重さを確認する必要があります。30cm以内、10kg以内であれば可燃ごみや不燃ごみとして処分できる場合が多いです。

不用品回収スタッフ
たとえば、埼玉県の富士見市のケースでは鉄製のダンベルは不燃ゴミとして処分できます。ただし、サイズは1斗缶におさまるサイズと指定されています。

方法②自治体の粗大ゴミとして処分する

ダンベルを自治体の粗大ゴミとして処分する方法もあります。特にサイズが大きいダンベルの場合は粗大ゴミに当てはまります。

粗大ゴミの収集方法は自治体によって異なりますが、一般的には事前予約した回収日に出すことで、回収してもらうことができます。ただし、自治体によっては有料となることがありますので、事前にルールや費用について確認しておくことが大切です。

STEP.1
ホームページ、もしくは電話で申し込む
まずは自治体のホームページ、もしくは指定の窓口から収集サービスの申し込みをします。
STEP.2
回収日を決定する
回収日を予約します。自治体によっては直近の回収日が1週間以上先の場合もありますので、早めの申し込みがおすすめです。
STEP.3
指定の収集券を購入する
収集には費用がかかります。決められた金額の収集券を最寄りの販売所で購入しましょう。
STEP.4
ダンベルを指定の場所に出す
指定の回収日の朝になったら、収集券を貼り付けて指定の場所に出します。その日のうちに作業員が回収にきてくれます。

方法③リサイクルショップで売却する

ダンベルを処分する方法の一つとして、リサイクルショップでの売却があります。まだ使用可能であれば、他の人に使ってもらうことで環境配慮にもつながります。

また、リサイクルショップでは査定を受けて適正な価格で買い取ってもらえることもあるかもしれません。地元の店舗やオンラインのプラットフォームを利用して、賢くダンベルを手放してみましょう。

ただし、リサイクルショップまではご自身で持ち込まなければならないという手間も考慮しておきましょう。

方法④専門店やメーカーに引き取ってもらう

ダンベルを処分する際、専門店やメーカーに引き取りを依頼するのも一つの手段です。メーカーによっては、製品のリサイクルに積極的な取り組みを行なっていることがあります。

直接連絡を取り、引き取りや回収に関する手続きを確認してみましょう。環境に優しく、持続可能な処分方法を選ぶ一環となります。

不用品回収スタッフ
ただし、購入したメーカーがわからない場合は他の方法を検討した方が良いでしょう。

方法⑤フリマアプリに出品する

不要になったダンベルを手軽に処分する方法として、フリマアプリに出品することが挙げられます。商品を登録し、興味を持った購入希望者と直接取引が可能です。

ただし、写真や説明文を追加したり、購入者とのコミュニケーションをしたりする手間がかかります。値段交渉や受け渡しの方法を確認し、スムーズな手続きを心がけましょう。

不用品回収スタッフ
処分費用の節約になるだけでなく、再利用することで環境にもやさしい選択肢です。
STEP.1
商品の写真を撮る
処分したいダンベルの写真を撮影します。色や大きさがわかりやすい環境で撮ることをおすすめします。傷や汚れなどがある場合は該当箇所の写真も撮影しましょう。後のトラブルを防ぐことができます。
STEP.2
商品名や説明文を入力して出品する
商品名と商品の説明文は買い手にとって大事な情報です。メーカー、サイズ、重さ、商品の状態などわかる範囲で詳細に記入しましょう。
STEP.3
購入希望者とやりとりをする
購入希望者がついたら、メッセージで配送方法などのやりとりをしましょう。発送時期や発送方法など、細かく伝えることでスムーズな取引になります。
STEP.4
商品を梱包して発送する
商品が破損しないよう丁寧に梱包し、発送します。商品が購入者の元に届いたら料金が支払われます。

方法⑥不用品回収業者に依頼する

手間をかけずにダンベルを処分する方法として、不用品回収業者に依頼する方法があります。専門の業者はスムーズかつ迅速に対応してくれるので、不要なダンベルを適切に処分してくれます。

ただし、最近は悪徳業者も増えています。満足のいくサービスを受けるためには、事前に料金やサービス内容を複数社で比較検討し、業者を選ぶ必要があります。

また、料金もごみとして処分するよりも割高になる場合が多いでしょう。

不用品回収スタッフ
業者ごとに、割引キャンペーンを実施していることもあります。

ダンベルの処分にかかる費用

ダンベルの処分にかかる費用

ダンベルを処分する際、処分方法によって費用が異なります。自治体の収集サービスを利用して、粗大ゴミとして捨てられる場合は一般的に数百円程度と割安です。

不用品回収業者を利用する場合、不要品1点からでも回収してくれる業者がありますので、1,000円程度が目安になるでしょう。一方、メーカーでの回収サービスやフリマアプリを活用すると処分費用はかかりません。

場合によっては売上がたつこともあるでしょう。

自治体の粗大ゴミとして処分する場合 300円〜
専門店やメーカーに引き取ってもらう場合 0円
不用品回収業者を利用する場合 1,000円〜
フリマアプリ等で売却する場合 0円

ダンベルを処分する際の注意点

ダンベルを処分する際の注意点

ダンベルを処分する際、処分方法に応じて注意すべき点があります。特にダンベルは重量のあるアイテムですから、送料には気をつけましょう。

また、ご自身で運搬や解体をする際は必ず安全面に配慮して行う必要があります。

ダンベルを処分する際の注意点
  • フリマアプリ等で出品する場合は送料に注意
  • 運搬や解体作業はなるべく二人以上で行う
  • 重たいダンベルは無理せず不用品回収業者などを利用する

フリマアプリ等で出品する場合は送料に注意

ダンベルをフリマアプリで出品する際には、送料に注意することが重要です。購入者との取引において送料の負担や配送方法について、事前に明確にコミュニケーションをとりましょう。

送料は重さやサイズに応じて計算されるので、想定以上の金額になってしまう可能性もあります。あらかじめ配送方法と料金を確認したうえで値段設定をし、出品するようにしましょう。

運搬や解体作業はなるべく二人以上で行う

ごみとして処分する際に、ダンベルを解体したり運搬したりしなければならない場合があります。ダンベルの運搬や解体作業は、安全面を考慮してなるべく二人以上で行いましょう。

無理をしてしまうと思わぬ怪我にもつながりかねません。また、慣れない作業で住居に傷をつけてしまう可能性もあります。

効率だけでなく、安全を最優先に、作業を進めましょう。

重たいダンベルは無理せず不用品回収業者などを利用する

重たいダンベルの処分には、自力での作業が難しいことがあります。自身で処分しづらい場合は無理せず、不用品回収業者などの専門業者に依頼しましょう。

手間を惜しんで無理をすると、思わぬ怪我や破損につながってしまいます。その点、業者は適切な機材と経験豊富なスタッフを備えており、スムーズに処分が可能です。

最近では、女性の一人暮らしの方でも安心して依頼できる不用品回収業者も増えています。

不用品回収スタッフ
「作業中にダンベルを落として床がへこんだ!」作業時の万が一に備えて、保証制度に加入している不用品回収業者を選んでおくと安心ですね。

ダンベル処分で不用品回収業者を探す際のポイント

ダンベル処分で不用品回収業者を探す際のポイント

ダンベルの処分を不用品回収業者に依頼する際、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。不用品回収業者の数は年々増えています。

中には無料回収をうたって高額請求をしてくる悪徳業者も存在しますので、ポイントを押さえて信用できる業者を見極められるようにしておきましょう。

ダンベル処分で不用品回収業者を探す際のポイント
  • 見積もりは必ず複数業者から取る
  • 搬出、運搬などにかかるオプション料金の有無をチェック
  • 他にも処分したい物があればまとめて見積もり依頼するとお得
  • 実際に利用した人の口コミや回収実績を確認しておく

ポイント①見積もりは必ず複数業者から取る

ダンベル処分で不用品回収業者を選ぶ際の重要なポイントは、見積もりを複数業者から取ることです。複数の業者の見積もりを比較することで、適正な価格を見極めることができます。

また、それぞれのサービス内容や条件も確認することで、納得いく選択ができるでしょう。高額請求をしてくる悪徳業者に引っかからないためにも安易な選択は避け、十分な比較検討を行うことが賢明です。

ポイント②搬出、運搬などにかかるオプション料金の有無をチェック

不用品回収業者を選ぶ際、搬出や運搬にかかるオプション料金を注意深く確認しましょう。特に大型のダンベルを処分する場合、重量による追加料金が発生することがあります。

サービスに含まれている範囲や追加料金の条件を明確にすることで、後々の不安を回避できます。知らないうちにオプション料金が増えていた、ということがないよう契約前に詳細を把握しトータルの料金を確認しておくことが大切です。

ポイント③他にも処分したい物があればまとめて見積もり依頼するとお得

ダンベルだけでなく、他にも処分したい不用品がある場合、まとめて見積もりを依頼すると経済的です。不用品回収業者は、トラック1台詰め放題パックなど、複数アイテムの同時処分を割引価格で提供することが一般的です。

同じ業者にまとめて頼むことで、合計金額をお得にすることができ、効率的かつ経済的な処分ができるでしょう。引越しや大掃除の際に一気に不用品が処分できるのも嬉しいポイントです。

ポイント④実際に利用した人の口コミや回収実績を確認しておく

それぞれの業者の信頼性を確認するために、口コミや回収実績を調査することが重要です。実際に利用した人の生の声や評価は、サービスの品質や信頼性を知る手がかりとなります。

口コミサイトやレビューアプリなどを活用して、慎重に業者の評判を確かめましょう。良いサービスを提供している業者を選ぶことで、満足のいくサービスを受けることができます。

ダンベルの処分なら不用品回収センターがおすすめ

ダンベルの処分なら不用品回収センターがおすすめ

では、ダンベルの処分を不用品回収業者に依頼する際具体的にどのような業者を選ぶと良いのでしょうか?おすすめ業者の一つは「不用品回収センター」です。

おすすめの理由をご紹介します。

不用品回収センターの魅力

不用品回収センター

特徴 豊富な回収実績、お客様満足度98.3%
料金 4,800円〜
回収可能な不用品 大型家具、大型家電、不燃ごみ、IT機器など
買取制度 あり
電話番号 0120-949-966
公式HP https://suisan-portal.jp/

「不用品回収センター」は全国を対象に不用品回収サービスを提供しております。年間50,000件以上の回収実績があり、お客様満足度も98.3%と高い評価を得ています。

豊富な定額パックプランを提供しておりますので、不用品1点からトラック1台分までニーズに合わせてお選びください。また、女性スタッフも在籍しているので女性の一人暮らしの方でも安心してご利用ください。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

【まとめ】ダンベルは安全に正しく処分しよう

【まとめ】ダンベルは安全に正しく処分しよう

いかがでしたか?ダンベルは重さも大きさもあるので、安全面を最優先に考え無理のない方法で処分しましょう。

小さなサイズであれば自治体の収集サービスやフリマアプリなどを利用できるかもしれません。大きなサイズであれば、無理せず不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

ニーズに合わせて賢く処分方法を選んでみてくださいね。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ

「WEB を見た!」 と必ずお伝え下さい。
限定割引のご案内をさせて頂きます。

用品の回収品目一覧

不用品処分品目の処分方法

応エリア

TOPへ戻る TOPへ戻る