水産流通ポータルサイトは、国産水産物の流通促進を目的に、水揚げ情報、商品情報、販売ニーズ等を公開するサイトです。



水産流通ポータルサイト[国産水産物流通促進事業]

水産物ニーズ情報

水産物の流通や販売に役立つ、様々な消費者ニーズ等に関するアンケートや、調査結果を掲載しています。

電子商取引利用者、水産物は意外にも少ない21%

グラフ1:ネット販売で利用した品目
グラフ2:今後ネット販売で利用したい品目

普及した電子商取引を活かす

ネット販売はセキュリティーや相手の信頼度がクリアできれば非常に便利で、中には現地購入よりかなりお得な場合もあります。特に地方の特産物において、遠く離れた人にとってはうってつけと言えるでしょう。
グラフは全て流通加工業者の方による回答で、グラフ1に示す通り水産物の取引経験者は21%と全体の2割程度です。これにはシステムを扱える人材が不足していたり、導入時の費用負担(費用対効果のメリットがない)や自社あるいは取引先の情報化が進んでいないなどの理由から、まだまだ無限に広がる需要層を活かしきれていない側面もあります。
このような背景の中、グラフ2より今後水産物において利用したい、あるいは関心のある方が70%を占めており電子商取引の今後の利用が期待されます。商品を2次元でしか見せることができない販売方法ではありますが、これに付随する情報量を無限に付加することができ、多様な販売戦略の展開が可能となります。これからの時代こういった広域な商圏や情報提供が可能な商法と、お店での調理アドバイス等をしながらの対面販売、どちらも消費者の多様化したニーズに応えて、ますます発展させていく必要性があると考えられます。

このページの資料をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。